アーサー・コピット[1]、ないし、アーサー・コーピット[2]として知られる、アーサー・リー・コピット(Arthur Lee Kopit、1937年5月10日 - )は、アメリカ合衆国劇作家

アーサー・コピット
Arthur Kopit.jpg
アーサー・コピット、アイルランドにて2011年7月に撮影。
生誕 Arthur Lee Kopit
(1937-05-10) 1937年5月10日(82歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州
ニューヨーク
職業 劇作家
活動期間 1962年 – 現在

経歴編集

コピットは、ニューヨーク州ナッソー郡ローレンス英語版ローレンス高等学校英語版に学んだ [3]

さらにコピットは、ハーバード大学に進んが。彼の初期の劇作品9本は、彼がまだハーバード大学の学生だった頃に上演された[1]

1962年には、後のドラマ・デスク・アワードの前身にあたるヴァーノン・ライス・アワード (Vernon Rice Award) を、戯曲『ああ父さん、かわいそうな父さん、母さんがあんたを洋服だんすにぶら下げちゃったから、僕すごく悲しいんだ (Oh Dad, Poor Dad, Mamma's Hung You in the Closet and I'm Feelin' So Sad)』によって獲得し、さらに1979年には、『ウィングス (Wings)』でドラマ・デスク・アワードにノミネートされた[4]

ピューリッツァー賞では戯曲部門の最終選考に2度残り(『Indians』、『ウィングス』)、トニー賞では通算3回、1970年の『Indians』と1979年の『ウィングス』が演劇作品賞に、1982年の『ナイン (Nine)』がミュージカル脚本賞に、それぞれノミネートされた。

ナイン』は1973年に初演され、1982年ブロードウェーでも上演され、トニー賞ミュージカル作品賞などを受賞した作品であるが、2003年アントニオ・バンデラスが主人公グイド (Guido) を演じてブロードウェーに復活し、 さらにロブ・マーシャル監督の2009年の映画NINE (Nine)』が、コピットの脚本に基づいて制作され、ダニエル・デイ=ルイスジュディ・デンチニコール・キッドマンマリオン・コティヤールペネロペ・クルスソフィア・ローレンケイト・ハドソンファーギーらが主要な役を演じた[5]

後にコピットは、ウェズリアン大学イェール大学ニューヨーク市立大学シティカレッジで教壇に立った[6]2005年には、自身に関連する文書類をニューヨーク大学フェイルズ図書館英語版に寄贈した。

作品編集

脚注編集

  1. ^ a b c 日本大百科全書(ニッポニカ)『コピット』 - コトバンク - 執筆者は森康尚
  2. ^ 清水義和「アーサー・コーピット作『ああお父さん、可哀想なそうなお父さん、ママがお父さんを洋服ダンスに吊り下げたので僕は悲しい』と寺山修司作『毛皮のマリー』並びに、ドン・ケニー英訳『毛皮のマリー』に於けるアヴァンギャルド・シアターについて」『異文化研究』第4号、国際異文化学会、2007年、 137-166頁。
  3. ^ Kelly, Kevin. "THE CURIOUS CAREER OF ARTHUR KOPIT", The Boston Globe, February 22, 1987. Accessed July 10, 2008.
  4. ^ Archived copy”. 2006年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年9月20日閲覧。 Awards for Arthur Kopit, Internet Broadway Database
  5. ^ Nine (2009) - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  6. ^ Archived copy”. 2009年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年4月2日閲覧。
  7. ^ MISSING ARTHUR MILLER” (2005年5月28日). 2014年8月28日閲覧。
  8. ^ Phantom (Yeston/Kopit)”. 2014年8月28日閲覧。

外部リンク編集