イエスショウズ』(Yesshows)は、イギリスプログレッシブ・ロックバンドイエスの2枚組ライブ・アルバムである。1980年にアトランティック・レコードが発表した。

イエスショウズ
イエスライブ・アルバム
リリース
録音 1976年8月17日-1978年10月28日
ジャンル プログレッシブ・ロック
時間
レーベル アトランティック・レコード
プロデュース イエス (クリス・スクワイア)
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 22位(イギリス)[1]
  • 43位(アメリカ)[2]
  • イエス アルバム 年表
    ドラマ
    (1980年)
    イエスショウズ
    (1980年)
    クラシック・イエス
    (1981年)
    テンプレートを表示

    解説編集

    制作経緯編集

    1979年の夏、イエスのクリス・スクワイアは、自分のホーム・スタジオでイエスのライブ・アルバムを制作する為に音源を選択してミキシングを行なった。しかしデモ編集が終わり、ロジャー・ディーンによるジャケット・デザインも完成した時点で、他のメンバーがスクワイアによる選曲とミキシングに不満を表明したので、企画は一旦お蔵入りになった[3]

    1980年、イエスからジョン・アンダーソンリック・ウェイクマンが脱退した[4]。残されたスクワイア、スティーブ・ハウアラン・ホワイトは、バグルストレヴァー・ホーンジェフ・ダウンズを迎えて新作アルバムを制作して、8月に『ドラマ』として発表した。彼らが引き続いて新作発表に合わせたツアーを催行する一方で、アトランティック・レコードは12月に本作を発表した[3]

    内容編集

    本作には、アルバム『リレイヤー』の発表に合わせてアンダーソン、スクワイア、ハウ、ホワイト、パトリック・モラーツが1976年に催行したツアー、アルバム『究極』の発表に合わせてアンダーソン、スクワイア、ハウ、ホワイト、ウェイクマンが1977年に催行したツアー、アルバム『トーマト』の発表に合わせて1978年に催行したツアーからの演奏データが編集収録された。

    曲目構成は、1973年に発表されて好評だった3枚組ライブ・アルバム『イエスソングス』と重複していない[注釈 1]ことから、本作は『イエスソングス』の続編という位置づけであったと考えられる。

    「錯乱の扉」と「儀式」は1976年のツアーからの音源。モラーツが参加したイエスの正規のライブ音源は当時、本作とビデオソフトの『イエス/ライヴ 1975』しかなかった。

    収録曲編集

    A面(ディスク1)
    1. パラレルは宝
    2. 時間と言葉
    3. 究極
    B面(ディスク1)
    1. 錯乱の扉
    C面(ディスク2)
    1. クジラに愛を
    2. 儀式(パート1)
    D面(ディスク2)
    1. 儀式(パート2)
    2. 不思議なお話を

    ※印はパトリック・モラーツがキーボード。

    「儀式」はCD化の際に「パート1」と「パート2」を一つの曲としてつなげている。

    レコーディング・メンバー編集

    脚注編集

    [脚注の使い方]

    出典編集

    注釈編集

    1. ^ 1曲目の「パラレルは宝」の冒頭に、『イエスソングス』にも収録されたストラヴィンスキー作曲の「火の鳥」のテープの最後の約1分20秒が収録された。

    参考文献編集

    • Morse, Tim (1996), Yesstories: Yes in Their Own Words, St. Martin's Press, ISBN 0-312-14453-9