イオンモール東員

三重県員弁郡東員町に所在するショッピングセンター

イオンモール東員 (イオンモールとういん) は、三重県員弁郡東員町に所在し、イオンモール株式会社が運営・管理するショッピングセンターである[2]

イオンモール東員
ÆON MALL TOIN
ÆON MALL Toin.JPG
地図
店舗概要
所在地 511-0255
三重県員弁郡東員町大字長深字築田510番14号
座標 北緯35度3分41秒 東経136度34分46.2秒 / 北緯35.06139度 東経136.579500度 / 35.06139; 136.579500 (イオンモール東員)座標: 北緯35度3分41秒 東経136度34分46.2秒 / 北緯35.06139度 東経136.579500度 / 35.06139; 136.579500 (イオンモール東員)
開業日 2013年 (平成25年) 11月23日
施設所有者 イオンモール株式会社
施設管理者 イオンモール株式会社
設計者 鹿島建設株式会社
施工者 鹿島建設株式会社
敷地面積 140,000 m²
延床面積 84,000 m² 
商業施設面積 58,000 m²[1]
中核店舗 イオン 東員店
店舗数 155
営業時間 9:00-0:00
駐車台数 3,500台
駐輪台数 380台
前身 農地
商圏人口 世帯:180,000世帯
人口:530,000人
最寄駅 北勢中央公園口駅
最寄IC 東員IC
外部リンク イオンモール東員
イオン東員店
AEON MALL logo.svg
テンプレートを表示

概要編集

国道365号員弁バイパスに接し、東海環状自動車道東員インターチェンジにも隣接した郊外型大型ショッピングモールである[3][4]。なお、当ショッピングセンターは三重県で6店目のイオンモールである。

歴史編集

当初2007年(平成19年)7月18日7月23日の全員協議会と都市計画審議会においてイオンスーパーセンター東員店として計画されていた[5]。その後2012年5月(平成24年)に2階建て構造から3階建て構造に計画が変更になり[5]12月に地元への工事説明会を経て、 2013年(平成25年)1月29日に起工[6][7]11月19日に近隣住民向け先行開業(ソフトオープン)し[8]、同年11月23日に正式開業(グランドオープン)した[9]

2017年(平成29年)10月1日、三重県を主会場とする平成30年度全国高等学校総合体育大会(彩る感動東海総体)のカウントダウンイベントが開催された[10]

テナント編集

建物は3階建てで、総合スーパーイオンを北側の核とし、1階スポーツオーソリティH&M、2階Joshin、3階イオンシネマを南側の核として間に専門店街を置いた形となっており、さらにイオンペットが入居する別棟がある。本棟の屋上は駐車場となっている。その他1階がレストラン、2階が衣料品・雑貨中心の構成、3階はファミリー向けの店舗が配置されている。開業当初はオールド・ネイビーも入居していたが、現在は閉店している。

イオンシネマ東員編集

イオンシネマ東員
AEON CINEMA Toin
 
2014年2月撮影
情報
開館 2013年11月23日
収容人員 (10スクリーン)1,629人
客席数 スクリーン1:81
スクリーン2:189
スクリーン3:174
スクリーン4:286
スクリーン5:362
スクリーン6:149
スクリーン7:81
スクリーン8:81
スクリーン9:107
スクリーン10:119
設備 ドルビーデジタルDLP
用途 シネマコンプレックス
運営 イオンエンターテイメント
所在地 511-0255
三重県員弁郡東員町大字長深字築田510-1
外部リンク イオンシネマ東員
特記事項 スクリーン2、5、10は3D対応。
テンプレートを表示

イオンモール東員内に併設されているシネマコンプレックスワーナー・マイカルイオンシネマズが合併して発足したイオンエンターテイメントが展開する最初の新規開業施設である[11]。10スクリーン、1629席を擁する。

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集