東員町

三重県員弁郡の町

東員町(とういんちょう)は、三重県員弁郡に属しているである。2003年(平成15年)には員弁郡の他の4町が合併していなべ市となり、東員町は員弁郡に属する唯一の自治体となった。

とういんちょう ウィキデータを編集
東員町
東員町旗 東員町章
1967年4月1日制定[1]
日本の旗 日本
地方 東海地方近畿地方
都道府県 三重県
員弁郡
市町村コード 24324-8
法人番号 9000020243248 ウィキデータを編集
面積 22.68km2
総人口 25,644[編集]
推計人口、2024年5月1日)
人口密度 1,131人/km2
隣接自治体 桑名市四日市市いなべ市
町の木 ウメ
町の花 シャクヤク
他のシンボル ヒバリ
東員町役場
町長 水谷俊郎
所在地 511-0295
三重県員弁郡東員町大字山田1600番地
北緯35度04分27秒 東経136度35分01秒 / 北緯35.07414度 東経136.58364度 / 35.07414; 136.58364座標: 北緯35度04分27秒 東経136度35分01秒 / 北緯35.07414度 東経136.58364度 / 35.07414; 136.58364
外部リンク 公式ウェブサイト

東員町位置図

― 市 / ― 町・村

ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

地理

編集

町の中央を員弁川が東流し、北部にゆくにつれ標高100m前後のゆるやかな丘陵を形成している。東は桑名市、西はいなべ市、南は四日市市、北は丘陵を経て桑名市多度町に隣接し、東西5km、南北7.3km、総面積22.68km2の行政区域を有する都市近郊農村である。名古屋市への通勤圏に含まれ(名古屋都市圏)、共働き核家族世帯が多い[2]

 
三重県北部を流れる河川の位置関係。濃い破線は県境、薄い破線は市町村境。河川名は木曽川水系以外は水系本川のみ記載。

隣接している自治体

編集

歴史

編集

人口

編集
 
東員町と全国の年齢別人口分布(2005年) 東員町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 東員町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
東員町(に相当する地域)の人口の推移
1970年(昭和45年) 9,562人
1975年(昭和50年) 10,770人
1980年(昭和55年) 15,538人
1985年(昭和60年) 18,949人
1990年(平成2年) 25,447人
1995年(平成7年) 26,235人
2000年(平成12年) 26,305人
2005年(平成17年) 25,897人
2010年(平成22年) 25,661人
2015年(平成27年) 25,344人
2020年(令和2年) 25,784人
総務省統計局 国勢調査より


行政

編集
  • 町長:水谷俊郎
  • 町議会:議員定数14名

※なお、衆議院議員選挙の選挙区は「三重県第3区[3]、三重県議会議員選挙の選挙区は「いなべ市・員弁郡選挙区」(定数:2)[4]となっている。

経済

編集

産業

編集

本社を置く企業

編集
  • 株式会社イズミ(グレーチングの製造)
  • シグマー技研(減速機などの製造)
  • 有限会社サトー工業(家屋解体・産業廃棄物中間処理)
  • 三重重工業株式会社(グレーチング、水門扉他の製造)

工場を置く企業

編集

日本郵政グループ

編集
 
東員郵便局

(2012年12月現在)

  • 日本郵便株式会社
    • 東員郵便局(大木) - 集配局。ゆうちょ銀行ATMのホリデーサービス実施局。
    • 東員笹尾郵便局(笹尾東)
    • 東員六把野(ろっぱの)郵便局(六把野新田)
    • 東員笹尾西簡易郵便局(笹尾西)
    • 東員穴太(あのう)簡易郵便局(穴太)
    • 東員鳥取簡易郵便局(鳥取)
    • 東員南大社(みなみおおやしろ)簡易郵便局(南大社)
    • 中上(なかがみ)簡易郵便局(中上)

※東員町内の郵便番号は「511-02xx」(いなべ市の旧員弁郡員弁町域・旧員弁郡大安町域と同じ/東員郵便局の集配担当)となっている。

商業

編集
主な商業施設

姉妹都市・提携都市

編集
  • 宮川村(三重県多気郡)現、大台町
    • 1997年(平成9年)友好親善提携[5]。宮川村出身の東員町在住者による仲介により1992年(平成4年)頃から議員や住民同士の交流を開始し、提携まで漕ぎ着けた[5]

教育

編集

東員町では胎児から義務教育終了までの「16年一貫教育」を掲げ、地域と家庭の一体化した教育、中学卒業までを見据えた教育を推進している[2]

中学校

編集

小学校

編集

交通

編集

鉄道

編集
 
東員駅

バス

編集

高速バス

編集

一般路線バス

編集

道路

編集
高速道路
一般国道
主要地方道
一般県道

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事

編集

観光・レジャー

編集
  • 笹尾中央公園
  • 中部公園
  • 山田溜公園

祭事・催事

編集
  • 大社祭・春の大祭(上げ馬神事・流鏑馬):4月第一土曜日と翌日(例外有 - 猪名部神社
  • 六把野獅子舞
  • 東員町まちづくりふれあいフェスティバル:7月下旬(~2004年:陸上競技場多目的グラウンド 2005年~2007年:中部公園 2008年〜:陸上競技場多目的グラウンド ただし、2009年は新型インフルエンザの影響で中止、2010年以降は開催されていない)
  • 町音楽祭:2月中旬(東員町総合文化センターひばりホール)
  • スプリングウインドコンサート(東員第一中学校・第二中学校吹奏楽部合同定期演奏会):4月中旬または下旬(東員町総合文化センターひばりホール)
  • 東員「日本の第九」演奏会:12月23日(東員町総合文化センターひばりホール)
  • 石取祭(六把野・穴太・山田・瀬古泉・鳥取・大木・八幡・南大社地区):7~8月

スポーツ施設

編集

名産・特産品

編集
  • やぶさめ最中
  • やしろ豆
  • 梅幸あられ

著名な出身者

編集

政治家・経済人

編集

芸能・文化人

編集

スポーツ選手

編集

脚注

編集
  1. ^ 東員町"東員町章"
  2. ^ a b 安藤明夫"園児ら楽しく収穫体験 三重・東員町の幼保育園 遊び通じユニーク「食育」"中日新聞2016年10月7日付朝刊、くらし面24ページ
  3. ^ 衆議院小選挙区図 (PDF) 三重県選挙管理委員会
  4. ^ 県議会議員の選挙区と定数 Archived 2011年4月21日, at the Wayback Machine. 三重県選挙管理委員会
  5. ^ a b 「町制施行30年祝う 東員町 宮川村と友好の調印も」中日新聞1997年4月15日付朝刊、北勢版16ページ

関連項目

編集

外部リンク

編集