メインメニューを開く
艦歴
発注
起工 1936年3月16日
進水 1936年11月26日
就役 1937年5月3日
退役 1946年8月29日
その後 1946年にスクラップとして廃棄
除籍
性能諸元
排水量 基準 1,370トン、満載 1,888トン
全長 323 ft (98 m)
全幅 33 ft (10 m)
吃水 12.5 ft (3.8 m)
機関 アドミラリティ・ボイラー3基
パーソンズ式蒸気タービン2基2軸推進、34,000 shp
最大速 35.6ノット
乗員 145名
兵装 119mm(4.7 in) Mark IX 単装砲(CP Mk.XVIII 砲塔)4基
4連装 QF 0.5インチ 20 cwt Mk.I 対空砲 2基
533mm(21 in)5連装魚雷発射管 2基
モットー Bene eat tentare
("It is as well to try")

イカルス (HMS Icarus, D03) は、1936年進水イギリス海軍駆逐艦I級

艦歴編集

1936年3月16日起工。同年11月26日進水。1937年5月3日就役。

第二次世界大戦開戦時は地中海に在り、1939年9月にギリシャ商船と衝突して損傷した。修理後本国艦隊へ移り、11月29日にはドイツ潜水艦U35を沈めた。

1940年4月、ノルウェー沿岸への機雷敷設作戦(ウィルフレッド作戦)に参加。そして、その後もノルウェーでの作戦に従事。次いでダイナモ作戦に投入される。

ダイナモ作戦後は1941年4月まで機雷敷設作戦に従事する。

1941年7月にキルケネスペツァモに対する空襲(EF作戦)、8月にスピッツベルゲン島攻撃(ゴーントレット作戦)に参加。

1942年になるとソ連へ向かう船団およびソ連から戻る船団の護衛に投入された。イカルスはPQ2QP2PQ7QP5PQ12PQ13QP9PQ16QP12QP15JW51BRA52JW53RA53船団の護衛に当たった。また、1942年6月と8月にはイカルスは地中海でハープーン作戦およびペデスタル作戦に参加している。

RA53船団の護衛後も終戦まで主に船団護衛に従事し、戦後の1946年にイカルスはスクラップとなった。

外部リンク編集