イガイ(貽貝、淡菜。学名: Mytilus coruscus: 厚殻貽貝[1] )は、イガイ目イガイ科に分類される二枚貝の一種。外見は同属の外来種ムラサキイガイ M. galloprovincialis に似るが、イガイは日本沿岸の在来種で、より大型で殻も厚いこと、殻頂が鷲鼻状に曲がること[2]、表面が青みを帯びないことなどで区別できる。またムラサキイガイは波が穏やかな内湾に多いので、生息域でも区別できる[3]

イガイ
Naturalis Biodiversity Center - RMNH.MOL.317315 - Mytilus coruscus Gould, 1861 - Mytilidae - Mollusc shell.jpeg
イガイの標本
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 二枚貝綱 Bivalvia
亜綱 : 翼形亜綱 Pteriomorphia
: イガイ目 Mytilida
: イガイ科 Mytilidae
: イガイ属 Mytilus
: イガイ M. coruscus
学名
Mytilus coruscus
Gould,1861
和名
イガイ(貽貝、淡菜)
英名
Korean mussel
hard-shelled mussel

日本での地方名は多く、イノカイ、セトガイ、シュウリガイ、カラスガイ、ニタリガイなどがある。なお、カラスガイはイシガイ科(Unionidae)の一種であるCristaria plicataの標準和名であるので注意を要する。また、本種の学名のシノニムM. crassitesta がある。

分布編集

北海道南部から九州にかけて。その他、朝鮮半島[4]および中国北部(渤海・黄海・東シナ海)[1]にも分布。

南西諸島には分布していないとされてきたが、1996年1月、西表島の海岸に殻が漂着したという報告がある[5]

形態編集

成貝は殻長12-15センチ・殻幅6センチに達する[6]。殻は厚く、やや膨らむ。殻の表面は褐色を帯びた黒色で光沢がある[4]。なお、殻皮の光沢はそれほど強くない。殻表に毛はない[2]

殻の内側は青色を帯びた白色で真珠光沢が強い[4](真珠が入っていたという報告もある[7])。後筋痕は丸く、大きい[2]

生態編集

外洋に面した潮間帯から水深20mくらいまでの岩礁域に生息する。足から多くの足糸を出し、自分の体を岩などへ固定する。産卵期の中心は3月-6月である。8ヶ月で3センチ、2-3年で10センチに達する。大型のものは雌が多く、性転換をすると考えられている[3]。宮城県水産研究開発センターの実験によると水深3メートルの水中に垂下した本種の生存率は良好で、田邉徹は、潮間帯における干出は本種の生残にとって必ずしも必要条件ではないと考察している[8]

人との関わり編集

日本では古くから食用に利用されており、貝塚から出土例がある。また、『土佐日記』にイガイの寿司について記述がある[9]。現在でも分布域沿岸では食用に漁獲される。春は特に美味だが大規模な流通はせず、主に漁獲地周辺で消費される。新しいものはナマで酢の物などで食べるほか、煮物、焼き物、揚げ物[10]、シチュー[11]などに利用する。素焼きのほうろくで蒸し焼きにしたほうろく蒸しが特に美味[11]。鳥取県では炊き込みご飯いがい飯)に利用される[9][12]

養殖の可能性についても研究が行われており、田邉徹によると3歳の個体は1個100グラム以上で出荷できる。また、単価も期待されることから震災からの復興のための新規養殖品目としても期待できるとしている[13]

中国でも海紅、東海夫人などと呼び[14]、食用に利用する。また、乾燥したものを淡菜と呼び生薬の一種として利用する。白帯下に効果があるという[1]

その他編集

清少納言は徳島県鳴門市で亡くなったという伝説がある。地元の漁民に着物や持ち物を奪われ凌辱されそうになった清少納言は、自らのを 切り取って海に捨て命を絶った。それ以来この地ではイガイを産するようになったという[15]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 中国食物事典 1991, p. 394-395.
  2. ^ a b c 奥谷 2017, p. 1172-1173.
  3. ^ a b 日本大百科全書 1985b, p. 49.
  4. ^ a b c 世界文化社 2004, p. 284.
  5. ^ 久保田信、島袋ときわ「八重山列島,西表島で初めて採集されたイガイ属2種 (軟体動物門,二枚貝綱,イガイ目)」『南紀生物』第38巻第1号、南紀生物同好会、和歌山県御坊市、1996年、 27-28頁。
  6. ^ 本山荻舟 『飲食事典』平凡社、1958年12月25日、27頁。 
  7. ^ 南敦「光市黒島で採ったイガイに真珠」『山口生物』第16巻、山口生物学会、1989年、 48頁、 ISSN 0910-7053
  8. ^ 田邉 2012, p. 4.
  9. ^ a b 河野 1991, p. 148-149.
  10. ^ 日本大百科全書 1985b, p. 50.
  11. ^ a b 河野 1970, p. 53.
  12. ^ 農林水産省 2022.
  13. ^ 田邉 2012, p. 5.
  14. ^ 貽貝yí beìの総称
  15. ^ 青山一浪「阿波の尼塚」『旅と伝説』第7巻第2号、三元社、1934年2月1日、 39-40頁、 doi:10.11501/1483540

参考文献編集

  • 『改訂新版 世界文化生物大図鑑 貝類』世界文化社、2004年6月15日。ISBN 4-418-04904-5 
  • 奥谷喬司(編著) 『日本近海産貝類図鑑』(第二版)東海大学出版部、2017年1月30日。ISBN 978-4-486-01984-8 
  • いがい飯 鳥取県”. うちの郷土料理. 農林水産省. 2022年7月8日閲覧。
  • 『日本大百科全書』 2巻、小学館、1985年2月20日。ISBN 4-09-526002-5 
  • 田中静一, 小川久恵, 西澤治彦(編著) 『中国食物事典』洪光佳(監修)、柴田書店、1991年7月1日。 
  • 河野友美 編 『魚Ⅰ』〈新・食品事典3〉真珠書院、1991年5月20日。ISBN 4-88009-103-0 
  • 河野友美 編 『食品大事典』真珠書院、1970年10月15日。 
  • 田邉徹「宮城県における養殖環境下でのイガイMytilus coruscusの成長と垂下養殖の可能性」『宮城県水産研究報告』第12号、宮城県水産研究開発センター、2012年、 1-5頁、 ISSN 1346-4329

関連項目編集