イソキシス (Isoxys) は、カンブリア紀に生息していた節足動物の一種。2枚の殻で全体が覆われ、遊泳性の捕食者であったと推測される[2]。1対の大きな球形の眼を持つ[3]。1対の大付属肢を持つが、同時代にはこのような付属肢を持つ節足動物が多く見られた[2]。 全長は4.5cmほど。

イソキシス
生息年代: カンブリア紀
IsoxysParadoxus NaturhistorischesMuseum Nov14-10.jpg
ウィーン自然史博物館で展示されるIsoxys paradoxus
分類
: 動物界 Animallia
: 節足動物門 Arthropoda
: イソキシス Isoxys
学名
Isoxys
Walcott, 1890
Isoxys auritusの想像図

生態編集

熱帯海域に生息しており[4]、広い分布域を持っていた[2]。 眼の形態から、同一種でも異なる光環境に適応していたことが推測されている。例えば I. auritus では、ある個体は夕暮れ程度の明るさ、別の個体は日中の明るさに適応した眼を持っていたと考えられる[5]

編集

シリウスパセットからはI. volucrisが豊富に出土するほか、中国からはI. auritusが見つかる[4]バージェス頁岩葉脚類層からは、1個体のI. longissimus・163個体のI. acutangulusが発見されており、これは群集の0.31%を構成する[6]

参照編集

脚注編集

  1. ^ a b Liu, Q.; Luo, H.-L.; Chen, L.-Z.; Lu, S.-X. (2006). “Panlongia, a new trilobitomorph genus from the Lower Cambrian, Kunming, Yunnan”. Acta Palaeontologica Sinica 45: 384-392. 
  2. ^ a b c Vannier, J.; García-Bellido, C.; Hu, X.; Chen, L. (2009), “Arthropod visual predators in the early pelagic ecosystem: evidence from the Burgess Shale and Chengjiang biotas”, Proceedings. Biological sciences / the Royal Society 276 (1667): 2567–2574, doi:10.1098/rspb.2009.0361 
  3. ^ García-Bellido, D.; Vannier, J.; Collins, D. (2009), “Soft-part preservation in two species of the arthropod Isoxys from the middle Cambrian Burgess Shale of British Columbia, Canada”, Acta Palaeontologica Polonica 54 (4): 699, doi:10.4202/app.2009.0024 
  4. ^ a b Stein, M.; Peel, J. S.; Siveter, D. J.; Williams, M. (2009), “Isoxys (Arthropoda) with preserved soft anatomy from the Sirius Passet Lagerstätte, lower Cambrian of North Greenland”, Lethaia 43 (2): 258, doi:10.1111/j.1502-3931.2009.00189.x 
  5. ^ Schoenemann, B.; Clarkson, E. N. K. (2010), “Eyes and vision in the Chengjiang arthropod Isoxys indicating adaptation to habitat”, Lethaia 44 (2), doi:10.1111/j.1502-3931.2010.00239.x 
  6. ^ Caron, J. -B.; Jackson, D. A. (2006), “Taphonomy of the Greater Phyllopod Bed community, Burgess Shale”, PALAIOS 21 (5): 451–465, doi:10.2110/palo.2003.P05-070R