イリス (オペラ)

ピエトロ・マスカーニのオペラ

イリス』(Iris)は、ピエトロ・マスカーニ作曲、ルイージ・イリッカ台本によるオペラ1898年11月22日ローマコスタンツィ劇場でマスカーニ自身の指揮により初演された。プッチーニの『蝶々夫人』以前に製作されたジャポニスム・オペラの一つで、日本を舞台にしている。イリスとは『あやめ』のことである。

1910年代の舞台写真

登場人物編集

  • イリス(ソプラノ
  • イリスの盲目の父(バス
  • オオサカ(テノール
  • キョート(バリトン
  • 芸者(ソプラノ)
  • ディーア(ソプラノ)
  • 行商人(テノール)
  • くず拾い(テノール)
  • 三人の踊り子

設定編集

江戸を舞台に、盲目の父と住む娘・イリスが騙されて遊郭に売られていく物語。

エピソード編集

日本初演編集

日本初演は、1985年8月に、藤原歌劇団二期会の合同で日生劇場で行われた[2][3]

指揮:井上道義
演出:粟國安彦
イリスの盲目の父:高橋啓三
イリス:東敦子
オオサカ:小林一男
キョート:栗林義信
芸者:伊達伸子
小間物屋:五十嵐修
くず拾い:平良栄一
合唱:二期会合唱団, 藤原歌劇団合唱部
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団

このとき指揮をした井上道義は、その後、2005年2011年[4]にもこの作品を指揮している[2]

モチーフ編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ MME. EAMES STUDIES REAL JAPANESE WAYS; Aims in Playing Iris to Represent True Characteristics of Nippon Women. SADDA YACCO TAUGHT HER Actress from Tokio Gave Her Lessons In Points Which Will Make Her Performance Lifelike. The New York Times December 2, 1907
  2. ^ a b 井上道義指揮、ジャポニズム・オペラ《イリス》上演間近!”. KAJIMOTO/梶本音楽事務所 (2011年1月20日). 2014年7月17日閲覧。
  3. ^ 昭和音楽大学オペラ研究所 オペラ情報センター
  4. ^ 昭和音楽大学オペラ研究所 オペラ情報センター

関連項目編集