イリーナ・コルパコーワ

イリーナ・アレクサンドロブナ・コルパコーワロシア語: Ири́на Алекса́ндровна Колпако́ва, ラテン文字転写: Irina Alexandrovna Kolpakova 1933年[1]3月22日 - )は、ソビエト連邦バレエ芸術家、バレエマスター、振付家教育学者である。ソ連邦英雄(1983年)、人民芸術家(1965年)。

経歴編集

イリーナ・コルパコーワ(カルパコワ)はレニングラード(サンクトペテルブルク)で1933年3月22日に生まれた。
包囲され、父が死んだレニングラードから避難した。
1951年、イリーナ・コルパコーワはワガノワのクラスでレニングラードバレエ学校(現在のワガノワ・バレエ・アカデミー)を卒業した。彼女は教師ワガノワにとって最後の生徒であった。

また、同年から1989年までは、プリマ・バレリーナとして、キーロフ記念レニングラード・オペラ・バレエ劇場(現:マリインスキー劇場)で多くのバレエを演じ、古典的なレパートリーである『ライモンダ』、『ジゼル』、『シルフィード』、そして特に『眠れる森の美女』のオーロラ姫により認められた。 彼女はユーリ・グリゴローヴィッチのバレエ『石の花』(カテリーナ)と『愛の伝説』(シリン)の初演ダンサーである。
1971年から1991年にかけて、彼女はキーロフ記念オペラバレエ劇場(現:マリインスキー劇場)で教師、コーチとして働いた。 また、1974年から1979年までは、ソビエト連邦最高会議IXに代議員としても参加した。
1982年にコルパコーワは、リムスキー・コルサコフ記念レニングラード音楽院を卒業した。 専攻はバレエマスター教師(卒業制作-P.A.Gusevの指揮による、Vilnius Opera and BalletTheaterでのP.I. チャイコフスキーによる『眠れる森の美女』)。
1986年からソ連邦劇場労働者連合ロシア語版の理事会メンバーとなり1990年代半ばから、彼女はニューヨークアメリカン・バレエ・シアター(ABT)で振付家兼教師として、パートナーであり元ダンサーV.セミョーノフと一緒に働いた。 1995年よりコルパコーワの母校であったワガノワ・バレエ・アカデミーのクラシックダンス学科教授となる。
1996年当時大統領であったボリス・エリツィンの決定により、「ロシア芸術発展への顕著に貢献した」として、彼女に対する大統領年金が設立された。
国際バレエコンクール<<ワガノワ賞 Vaganova PRIX>>の審査委員長である。

現在は、サンクトペテルブルクのトルストイハウスロシア語版と、マンハッタンに住居を構えている。

人物編集

人気と実力、両方を勝ち得たロシアバレエを代表するプリマ・バレリーナである。
漫画「アラベスク」の中にコルパコーワをモデルとしたプリマ・バレリーナが実名で登場する。

受賞歴編集

家族編集

父:アレクサンドル・ゲラシーモビッチ・コルパコフ - サンクトペテルブルク大学数学教師。
母:レオンチーナ・カルローブナ・ペルム - 経済学者
配偶者:ウラジレーン・セミョーノフロシア語版1932年生まれ)- バレエダンサー、バレエ教師でソ連の人民芸術家(1983年)。

娘:タチアナ・セミョーノヴァ - 衣類デザイナー、ファッションハウスの創設者。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 異説では、1935年