インターコンチネンタルカップ (サッカー)1990

インターコンチネンタルカップ1990 は、1990年12月9日に東京の国立霞ヶ丘競技場陸上競技場で開催された、サッカー世界一決定戦である。トヨタ ヨーロッパ/サウスアメリカ カップ(トヨタカップ)の名称での開催は11回目。フランク・ライカールトの2得点とジョヴァンニ・ストロッパの得点により[1]ミランが大会2連覇を果たした[1]。MVPにはライカールトが選ばれた[2]

インターコンチネンタルカップ1990
開催日 1990年12月日
会場 国立霞ヶ丘競技場陸上競技場(東京)
最優秀選手 フランク・ライカールト
1989
1991

試合編集

インターコンチネンタルカップ1990
1990年12月9日
12:00 JST
ミラン   3 - 0   オリンピア
フランク・ライカールト   43分65分
ジョヴァンニ・ストロッパ   62分
 
 
 
 
 
 
 
 
Milan
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Olimpia

脚注編集

  1. ^ a b INTERCONTINENTAL CUP 1990” (英語). ACミラン (2013年6月23日). 2022年3月15日閲覧。
  2. ^ トヨタカップの歴史”. 日本テレビ. 2022年3月13日閲覧。