メインメニューを開く

フィリッポ・ガッリFilippo Galli, 1963年5月19日 - )は、イタリアモンツァ出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはDF

フィリッポ・ガッリ Football pictogram.svg
Filippo Galli.jpg
2012年のガッリ
名前
ラテン文字 Filippo Galli
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1963-05-19) 1963年5月19日(56歳)
出身地 モンツァ
身長 181cm
体重 72kg
選手情報
ポジション DF (CB)
ユース
1981-1982 イタリアの旗 ミラン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1982-1996 イタリアの旗 ミラン 217 (3)
1982-1983 イタリアの旗 ペスカーラ (Loan) 28 (2)
1996-1998 イタリアの旗 レッジャーナ 54 (2)
1998-2001 イタリアの旗 ブレシア 93 (2)
2001-2002 イングランドの旗 ワトフォード 28 (1)
2002-2004 イタリアの旗 プロ・セスト 38 (1)
1982-2004 通算 458 (11)
代表歴
1984-1987  イタリア U-21 7 (0)
監督歴
2006-2008 イタリアの旗 ミラン U-19
2008-2009 イタリアの旗 ミラン(アシスタント)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年7月29日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

現役時代は戦術への適応力や守備意識が高く、マンマークと流れを読む能力に長けたディフェンダーとして知られていた。普段はセンターバックとしてプレーしたが、時には右サイドバックスウィーパーとしてプレーすることもあった[1]ACミランに長らく在籍し、クラブの黄金期を支えた。

経歴編集

ミラン編集

1981年にACミラン下部組織に入団[2]。1982年からはトップチームに昇格したが、一旦ペスカーラ・カルチョレンタル移籍した。同クラブでの活躍が認められ、1982-83シーズンにはミランへ復帰。トップチームでのデビュー戦となったホームのエラス・ヴェローナFC戦では4-2で勝利を飾った。同シーズンはリーグ戦28試合に出場した。

ミランに在籍した13シーズンの間に、アッリーゴ・サッキファビオ・カペッロらの下で、セリエAを5回、ヨーロピアン・カップを3回、 インターコンチネンタルカップを2回、UEFAスーパーカップを3回、スーペルコッパ・イタリアーナを4回制覇するなど、大きな成功を収めた[3]。ミランでは通算325試合に出場して4得点、セリエAでは通算217試合に出場して3得点を挙げている。レギュラーを務めていた当初は、フランコ・バレージマウロ・タソッティパオロ・マルディーニと共に先発していたが[4][5]、1988-89シーズンからは、怪我の多さからアレッサンドロ・コスタクルタの控えに回ることが多くなった[6][7][8][9][10]

それでも1994年に行われたFCバルセロナとのUEFAチャンピオンズリーグ決勝では、出場停止のコスタクルタに代わり先発出場。フリスト・ストイチコフロマーリオの2トップに仕事をさせず無失点に抑え[11]、クラブの同大会優勝に貢献した。

レッジャーナ以降編集

ミランには1996-97シーズンまで在籍したが、その冬には出場機会を求めてACレッジャーナ1919に移籍した。2シーズンプレーした後、セリエBブレシア・カルチョへ移籍した。その間、1999-00シーズンにブレシアはセリエAに昇格。さらにカルロ・マッツォーネの下、ロベルト・バッジョらと共に残留に成功した。

2001年からはディヴィジョン1ワトフォードFCへ加入し自身初めて国外でプレー[12]。2002年には母国のSSDプロ・セストに移籍し、2004年に現役を引退した。

代表歴編集

A代表戦の出場歴は無いが、1984年から1987年の間に、U-21サッカーイタリア代表の試合にはに7試合出場している。また、UEFA U-21欧州選手権1984と1984年オリンピックにも参加している[13]

指導歴編集

2004年の引退後は指導者としての道を進み、2008年8月からは古巣ACミランのユースチームの監督を務め、また、ミラン時代のチームメイトのカルロ・アンチェロッティのアシスタントコーチを、同じくミラン時代のチームメイトのマウロ・タソッティと共に務めた。また、一時期は評論家としても活動していた。2012年9月、FIGCによる育成機関コヴェルチャーノ英語版でコーチングを学ぶ[14]

2009年よりミランのユース部門責任者を務め、ジャンルイジ・ドンナルンママヌエル・ロカテッリらを輩出[15]2017-18シーズンを以て同職をマリオ・ベレッタに譲った[16]

タイトル編集

脚注編集

  1. ^ Maglia Rossonera: Filippo Giovanni Galli ("Lo Squalo Bianco di Villasanta")” (Italian). magliarossonera.it. Maglia Rossonera. 2015年4月1日閲覧。
  2. ^ Mondo CALCIO - Serie B 1999/2000:Filippo Galli
  3. ^ A.C. Milan Hall of Fame: Filippo Galli”. acmilan.com. A.C. Milan. 2015年3月31日閲覧。
  4. ^ Foot, John (2006). Winning at All Costs: A Scandalous History of Italian Soccer. New York: Nation Books. p. 228. 
  5. ^ La storia della tattica: da Sacchi a Guardiola” (Italian). Eurosport (2014年8月19日). 2016年3月10日閲覧。
  6. ^ Alessandro COSTACURTA ("Billy")” (Italian). magliarossonera.it. 2015年1月12日閲覧。
  7. ^ The Joy of Six: Great defences”. The Guardian (2009年5月8日). 2016年3月9日閲覧。
  8. ^ Costacurta: "Contro lo Steaua la finale più bella, Sacchi era un genio"” (Italian). spaziomilan.it (2015年6月15日). 2016年3月9日閲覧。
  9. ^ MILAN 1988-1994: 6 ANNI DA CAMPIONI” (Italian). Storie di Calcio. 2016年3月10日閲覧。
  10. ^ Speciale squadre nella leggenda, Milan '93-'94 vs Inter '09-'10” (Italian). Calciomercato.it (2012年6月19日). 2016年3月10日閲覧。
  11. ^ 週刊サッカーマガジン no457 1994.6.8 112~115ページ
  12. ^ Watford 2-1 Walsall”. WatfordFC.com (2001年8月27日). 2010年6月26日閲覧。
  13. ^ Convocazioni e presenze in campo: Galli, Filippo” (Italian). figc.it. FIGC. 2015年4月1日閲覧。
  14. ^ A.C. MILAN COMUNICATO UFFICIALE” (Italian). acmilan.com (2009年6月10日). 2015年4月1日閲覧。
  15. ^ 「ミラン育成改革」の舞台裏。ドンナルンマやロカテッリをどう輩出した?”. サッカーダイジェストWeb (2017年4月21日). 2018年7月29日閲覧。
  16. ^ Novità in casa Milan: Beretta responsabile delle giovanili”. Goal.com (2018年6月9日). 2018年7月29日閲覧。

外部リンク編集