メインメニューを開く

イントゥ・エタニティー (Into Eternity) は、カナダプログレッシブ・メタルバンド

イントゥ・エタニティー
Into Eternity
出身地 カナダの旗 カナダ
サスカチュワン州 レジャイナ
ジャンル プログレッシブ・メタル
メロディックデスメタル
スラッシュメタル
パワーメタル
デスメタル
活動期間 1997年 -
レーベル DVSレコード
センチュリー・メディア・レコード
M=セオリー・オーディオ
トイズファクトリー
公式サイト www.intoeternity.net
メンバー アマンダ・キアーナン (ボーカル)
ティム・ロス (ギター、ボーカル)
マット・カットバートン (ギター)
トロイ・ブレイク (ベース、ボーカル)
ブライアン・ニューバリー (ドラムス)
旧メンバー ダニエル・ナーギャング (ボーカル、ギター)
ディーン・スターンバーグ (ボーカル)
クリス・クラール (ボーカル)
ステュウ・ブロック (ボーカル)
クリス・アイスラー (ギター)
ジェフ・ストーリー(ギター)
ロブ・ドハティー (ギター、ボーカル)
コリン・クレイグ (ギター)
ジャスティン・ベンダー (ギター)
スコット・クラール (ベース、バック・ボーカル)
クリス・マクドゥーガル (キーボード)
アダム・セイガン (ドラムス)
ジム・オースティン (ドラムス)
スティーブ・ボロネズ (ドラムス)

基本的にパワーメタル系のサウンドではあるが、激しいテンポチェンジ、リフハーモニーを複雑に配した楽曲、ステュウ・ブロックによる6種類にも及ぶデス・ボーカルとクリーン・ボーカルの組み合わせなどがこのバンドを非常に特殊なものにしていた。トイズファクトリーはこのバンドをエクストリーム・プログレッシヴ・メタルと形容している。

目次

略歴編集

1997年カナダ サスカチュワン州 レジャイナで結成。結成時のメンバーは、ティム・ロス (GVo)、スコット・クラール (BBack Vo)、ジム・オースティン (Dr)。続いて、クリス・アイスラー (G)、クリス・マクドゥーガル (Key)が加入。1999年に自主制作で1stアルバム『Into Eternity』を発表。後に、オランダDVSレコードと契約し、同アルバムは再発された。

1stアルバムリリース直後、クリス・アイスラーが脱退し、2001年にはクリス・マクドゥーガルが脱退する。同2001年に、ダニエル・ナーギャング (Vo、G)が加入し2ndアルバム『Dead or Dreaming』をリリース。センチュリー・メディア・レコードと契約し、2002年に同アルバムは再発された。

2ndアルバムリリース後、ダニエル・ナーギャングが脱退。ジェフ・ストーリー (G)が加入しツアーを行う。しかし、ジェフ・ストーリーはライブに参加したのみで2003年に、クリス・クラール (Vo)とロブ・ドハティー (G、Vo)が加入し、2004年に3rdアルバム『Buried in Oblivion』をリリース。リリース後にスコット・クラールが脱退しトロイ・ブレイク (B, Vo)が加入。また、2004年の一時期のみディーン・スターンバーグ (Vo)が参加していた。

2005年にはクリス・クラール、ロブ・ドハティー、ジム・オースティンが相次いで脱退する。それらの脱退を受けて、ステュウ・ブロック (Vo)、アダム・セイガン (Dr)が加入する。しかし、2005年秋にアダム・セイガンは脱退し、2006年初めにジム・オースティンが復帰している。2006年に4thアルバム『ザ・スカッタリング・オブ・アッシュズ』をリリース。同アルバムは、トイズファクトリーからもリリースされ、日本デビューを果たした。レコーディング後、コリン・クレイグ (G)が加入し、同年のジャイガンツアーにも参加した。しかし、同ツアー中にコリン・クレイグが脱退。更に、ツアー終了時にジム・オースティンが脱退してしまう。

2名の後任として、ジャスティン・ベンダー (G)とスティーブ・ボロネズ (Dr)が加入。2008年に5thアルバム『ジ・インキュラブル・トラジディ』をリリース。2011年には、ドラマーがスティーブ・ボロネズから、ブライアン・ニューバリー (Ds)に交代している。

2011年から、ステュウ・ブロックがアイスド・アースのボーカリストとして活動し始めた。その後、ステュウはこちらの活動が忙しくなり、イントゥ・エタニティーのライブに参加できなくなった。そのため、ライブのセッション・ボーカリストを募集することとなった[1]。これに伴い、アマンダ・キアーナン (Vo)がセッション・ボーカリストとしてツアーに参加するようになった。ステュウ・ブロックがメンバーのまま活動を継続していたが、2013年9月、正式にステュウ・ブロックが脱退し、アマンダ・キアーナンがバンドに加入した[2]

2014年にジャスティン・ベンダーが脱退。代わってマット・カットバートン (G)が加入した[3]

2018年、2012年のシングル「Fukushima」以来6年ぶり[注釈 1]となる6thアルバム『The Sirens』をリリースした[4]

メンバー編集

現メンバー編集

  • アマンダ・キアーナン (Amanda Kiernan) - ボーカル (2013年 - )
2012年以降、ライブセッションとしてステュウ・ブロックの代役として参加。2013年より正式に加入した。
ザ・オーダー・オヴ・ケイオスでも活動。
  • ティム・ロス (Tim Roth) - ギター、ボーカル (1997年 - )
  • マット・カットバートン (Matt Cuthbertson) - ギター (2014年 - )
  • トロイ・ブレイク (Troy Bleich) - ベース、ボーカル (2004年 - )
  • ブライアン・ニューバリー (Bryan Newbury) - ドラムス (2011年 - )
デス・トール・ライジングでも活動。

旧メンバー編集

  • ダニエル・ナーギャング (Daniel Nargang) - ボーカル、ギター (2001年)
  • ディーン・スターンバーグ (Dean Sternberg) - ボーカル (2004年)
  • クリス・クラール (Chris Krall) - ボーカル (2003年 - 2005年)
  • ステュウ・ブロック (Stu Block) - ボーカル (2005年 - 2013年)
2012年以降、ライブ活動に参加できなかった。
アイスド・アース、オメガ・クロムでも活動。
  • クリス・アイスラー (Chris Eisler) - ギター (1999年)
  • ジェフ・ストーリー (Jeff Storrey) - ギター (2002年 - 2003年)
  • ロブ・ドハティー (Rob "Smiley" Doherty) - ギター、ボーカル (2003年 - 2005年)
2012年5月4日逝去(41歳没)[5]
  • コリン・クレイグ (Collin Craig) - ギター (2006年)
  • ジャスティン・ベンダー (Justin Bender) - ギター (2006年 - 2014年)
  • スコット・クラール (Scott Krall) - ベース、バック・ボーカル (1997年 - 2004年)
  • クリス・マクドゥーガル (Chris McDougall) - キーボード (1999年 - 2001年)
  • アダム・セイガン (Adam Sagan) - ドラムス (2005年)
  • ジム・オースティン (Jim Austin) - ドラムス (1997年 - 2005年、2006年)
  • スティーブ・ボロネズ (Steve Bolognese) - ドラムス (2006年 - 2011年)

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  • Into Eternity (1999年)
  • Dead or Dreaming (2001年)
  • Buried in Oblivion (2004年)
  • 『ザ・スカッタリング・オブ・アッシュズ』 - The Scattering of Ashes (2006年)
  • 『ジ・インキュラブル・トラジディ』 - The Incurable Tragedy (2008年)
  • The Sirens (2018年)

シングル編集

注釈編集

  1. ^ アルバムとしては2008年の5thアルバム『ジ・インキュラブル・トラジディ』以来10年ぶり。

脚注編集

外部リンク編集