インドラヴァルマン

インドラヴァルマン2世サンスクリット語: इन्द्रवर्मन् २, ラテン文字転写: Indravarman II, 生年不詳 - 898年)は、チャンパ王国占城国)第6王朝の初代国王(在位:854年頃 - 898年)。初名はラクシュミーンドラ・ブーミーシュヴァラ・グラーマスヴァーミンサンスクリット語: लक्ष्मीन्द्र भूमीश्वर ग्रामस्वामिन्, ラテン文字転写: Lakṣmīndra Bhūmīśvara Grāmasvāmin[1]。王号はパラマブッダーローカサンスクリット語: परमबुद्धालोक, ラテン文字転写: Paramabuddhāloka[1]

インドラヴァルマン2世 
इन्द्रवर्मन् २
チャンパ王
在位 854年頃 - 898年

死去 898年
配偶者 ハラデーヴィー
王朝 第6王朝
父親 バドラヴァルマン
テンプレートを表示

生涯編集

アマラーヴァティー中国語版ナリケラヴァムシャの出身。チャム伝承に登場する女神ウロジャの子孫を称し[1]、先代のヴィクランタヴァルマン3世中国語版に子がなかったために即位した。

ヴァルナに沿って、バラモンクシャトリヤの出身者を大臣に登用し、チャンパの中心を南方パーンドゥランガ中国語版にあったヴィラプラ中国語版から、アマラーヴァティーに新たに建造したインドラプラ英語版に移した[2]861年12月安南都護府に侵攻した。それまでのヒンドゥー教に代わってヴァジュラヤーナ系の仏教を導入し[3]875年にはインドラプラに、アヴァローキテーシュヴァラを祀った東西1.3kmにおよぶ大規模な仏教寺院[3]であるラクシュミーンドラローケーシュヴァラ廟を建立した[1]。その遺構の一部はドンドゥオン塔ベトナム語版に見ることができる。877年には唐に遣使して[1][3]3頭を献じた。

インドラヴァルマン2世の死後は子がなかったため、妃ハラデーヴィーの外甥にあたるジャヤ・シンハヴァルマン1世が王位を継承した[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f Cœdès, p. 123
  2. ^ 世界大百科事典 第2版. “インドラバルマン[2世]”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2020年7月11日閲覧。
  3. ^ a b c 桜井由躬雄「南シナ海の世界」 『東南アジア史 I 大陸部』、67-68頁。 

参考資料編集

  • George Cœdès (May 1, 1968). The Indianized States of South-East Asia. University of Hawaii Press. ISBN 978-0824803681 
  • Charles Higham (May 1, 2004). Encyclopedia of Ancient Asian Civilizations. Facts on File. ISBN 978-0816046409 
  • Vincent Lefèvre (12 July 2011). Portraiture in Early India: Between Transience and Eternity. Brill. ISBN 978-9004207356 
  • R. C. Majumdar (1927). Ancient Indian colonies in the Far East. Vol. I, Champa. Punjab Sanskrit Book Depot 
  • 石井米雄桜井由躬雄 編 『東南アジア史 I 大陸部』山川出版社〈新版 世界各国史 5〉、1999年12月20日。ISBN 978-4634413504 
  • 唐会要』巻九十八 林邑国
  • 嶺表録異中国語版』巻上
先代
ヴィクランタヴァルマン3世
チャンパ王
第6王朝初代:
854年頃 - 898年
次代
ジャヤ・シンハヴァルマン1世