メインメニューを開く

インヴィンシブル 栄光へのタッチダウン』(インヴィンシブル えいこうへのタッチダウン、原題:Invincible)は、2006年アメリカ映画

インヴィンシブル
栄光へのタッチダウン
Invincible
Invincible Logo Blank.svg
監督 エリクソン・コア
脚本 ブラッド・ガン
製作 ゴードン・グレイ
マーク・シアーディ
ケン・モク
製作総指揮 ヴィクター・H・コンスタンティーノ
ニコール・リード
エズラ・スワードロウ
出演者 マーク・ウォールバーグ
グレッグ・キニア
音楽 マーク・アイシャム
撮影 エリクソン・コア
編集 ジェリー・グリーンバーグ
製作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ブエナビスタ
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年8月25日
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $57,806,952[1]
世界の旗 $58,480,828[1]
テンプレートを表示

30歳にしてNFLのプロ・アメリカンフットボール選手となったヴィンス・パパーリの実話に基づいて製作された映画。

日本では劇場未公開だが、2007年3月21日DVDが発売された。

目次

ストーリー編集

不況に苦しむ1976年フィラデルフィア。臨時教師としての職を失い、バーテンダーのアルバイトでなんとか生計を立てていたヴィンス・パパーリの唯一の楽しみは昔からの仲間とアメフトに興じること。しかし、そんなヴィンスに愛想を尽かした妻は「無職で貧乏な駄目男」と罵る言葉を書き残し、家を出て行く。

一方、フィラデルフィア・イーグルスヘッドコーチに就任したディック・ヴァーミールは、不振のチームを立て直すため、オープン(誰でも参加可)な入団テストを行うことにする。 傷心のヴィンスに周りの友人らは入団テストを受けてみるように言うが、既に30歳で、しかも正式にプレイしていたのは高校時代の1年間だけのヴィンスは自信もなく、乗り気ではない。しかし、父親から「今回は見送れ、人生に期待し過ぎるな」と言われたことで逆にテストを受けることにする。イーグルスファンなどが数多く参加したテストにプロとして使えそうな者はいなかったが、ヴィンスの足の速さに注目したヴァーミールは、ヴィンスをキャンプに参加させることにする。

入団テストに合格したヴィンスは一夜にして地元の有名人となるが、当のヴィンスは「どうせすぐにクビになる」と考え、浮かれることはない。周りの選手たちの中で浮いた存在であることに戸惑いつつも、ヴィンスは何とかキャンプを乗り切るが、全く活躍できないままプレシーズンを終える。そんなヴィンスをコーチらが切り捨てようとする中、ヴァーミールの強い後押しで、ヴィンスは正式にイーグルスの選手となる。それでも、ヴィンスはなかなか期待通りの活躍ができない。

そんなある日、昔の仲間とアメフトを楽しむ中で自信を取り戻したヴィンスは次の試合で目覚ましい活躍をする。そして奇跡的なタッチダウンを決め、チームを勝利に導く。

その後1978年までの3シーズン、イーグルスに在籍したヴィンスは今、妻となったジャネットと子供2人の4人でニュージャージーで暮らしている。

登場人物編集

ヴィンス・パパーリ
演 - マーク・ウォールバーグ、日本語吹替 - 小山力也
バーテンダーとして働く元臨時教師。フィラデルフィア・イーグルスの大ファン。
ディック・ヴァーミール英語版
演 - グレッグ・キニア、日本語吹替 - てらそままさき
イーグルスのヘッドコーチローズボウルUCLAを勝利に導いた実績がある。パパーリに期待をかける。
ジャネット・キャントレル
演 - エリザベス・バンクス、日本語吹替 - 岡本麻弥
ヴィンスと同じバーで働く女性。ニューヨーク・ジャイアンツの大ファン。ヴィンスと惹かれ合う。
フランク・パパーリ
演 - ケヴィン・コンウェイ
ヴィンスの父親。病弱だったヴィンスの母親の治療費を稼ぐためにヴィンスの子供時代は働きづめだった。
マックス・キャントレル
演 - マイケル・リスポリ、日本語吹替 - 宗矢樹頼
ヴィンスが働くバーの主人。ヴィンスの親友。ジャネットのいとこ
トミー
演 - カーク・アセヴェド、日本語吹替 - 土田大
ヴィンスの親友。

※「日本語吹替」はDVD版の声優。

事実との違い編集

  • 映画ではパパーリがアメフト選手として正式にプレイした経験が高校時代の1年間だけとしているが、NFLに入団する直前の2年間は、1974年と1975年にだけ存在したプロフットボールリーグでプレイし、イーグルスと本拠地を同じくするチームのスター選手だった。
  • パパーリが実際に受けた入団テストは招待選手のみに許されたものであり、映画で描かれているような一般市民が誰でも参加できるようなものではなかった。

参考文献編集

  1. ^ a b Invincible (2006)” (英語). Box Office Mojo. 2011年11月5日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集