メインメニューを開く

イーリング・スタジオ

イーリング・スタジオ (: Ealing Studio) は、イギリスロンドン西部のイーリングにある伝統ある撮影スタジオである。1902年設立。

1938年から1955年までの所長にマイケル・バルコン

1950年代にその名を馳せ、「イーリング・コメディ」と呼ばれる数々の喜劇映画を生み出してきた。 1955年の「The Ladykillers(邦題:マダムと泥棒)」は有名。この作品は後にコーエン兄弟によりリメイクされた。その他の作品に「カインド・ハート」(1949年)、「ラベンダー・ヒル・モブ」(1951年)、「白衣の男」(1951年)などがある。

近年このスタジオで撮影された作品には、「ノッティングヒルの恋人」、「ラッキー・ブレイク (映画)英語版」、「理想の結婚」、「ショーン・オブ・ザ・デッド」などがある。スター・ウォーズのエピソード2・3の追加撮影もここで行われた。

外部リンク編集