メインメニューを開く

ウィークエンドショー』とは、1965年4月17日[1]から1966年3月26日まで毎日放送(MBS)で毎週土曜 8:30 - 9:30 (JST) に放送されたワイドショー情報番組である。

歴史編集

当初は『MBSウィークエンドショー』というタイトルで関西ローカルで放送されていた。この番組は報道色を強く打ち出したため、「ニュースショー」的な内容となっていた[1]。司会者はMBSのアナウンサー4人のグループ制を採っていた[1]。同年11月からは「MBS」の冠を外し、4局ネットで放送されるようになった[1]。この際に司会をグループ制からメイン司会者を据える方式に変更し、芥川隆行永六輔小島正雄夫妻・三木鮎郎が交代で司会を担当していた[1]。一方で、『モーニングショー』司会者の木島則夫に匹敵する司会者の人選も行われていて、その過程でNHKアナウンサーの八木治郎が候補にあがり、交渉の結果八木はNHKを退職した上で1966年1月1日よりメイン司会者となった[2]

1966年4月に平日の『モーニングショー』に合わせる形で、『ウィークエンドモーニングショー』に改題された[3]

司会者編集

1965年4月 - 10月
  • 中西安(当時毎日放送アナウンサー)[1]
  • 高村昭(当時毎日放送アナウンサー)[1]
  • 岡本純江(当時毎日放送アナウンサー)[1]
  • 佐伯かをる(毎日放送の前身・新日本放送第1期アナウンサー)[1]
1965年11月 - 12月
1966年1月 - 3月

ネット局編集

放送対象地域 放送局 備考
近畿広域圏 毎日放送 制作局
関東広域圏 NETテレビ
(現・テレビ朝日
1965年11月ネット開始
中京広域圏 名古屋放送
福岡県 九州朝日放送

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 毎日放送40年史編纂室(編集) 『毎日放送の40年』 毎日放送、1991年、190頁。 
  2. ^ 毎日放送40年史編纂室(編集) 『毎日放送の40年』 毎日放送、1991年、190-191頁。 
  3. ^ 毎日放送40年史編纂室(編集) 『毎日放送の40年』 毎日放送、1991年、190-191頁。 
  4. ^ 毎日放送40年史編纂室(編集) 『毎日放送の40年 資料編』 毎日放送、1991年、277頁。 
NET系列 毎日放送制作土曜朝のワイドショー
前番組 番組名 次番組

無し
MBSウィークエンドショー

ウィークエンドショー
(1965年4月17日 - 1966年3月26日)

ウィークエンドモーニングショー
(1966年4月2日 - 1969年12月27日)
NET系列 土曜8:30 - 9:30枠(本番組より毎日放送制作枠)
ローカルセールス枠
(不明 - 1965年10月)
【局ごとに異なる編成】
ウィークエンドショー
(1965年11月 - 1966年3月26日)
ウィークエンドモーニングショー
(1966年4月2日 - 1969年12月27日)