ウェンディ・マッケナ

ウェンディ・マッケナWendy Makkena 本名:Wendy Rosenberg Makkena、読み:ウェンディ・ローゼンバーグ・マッケナ1958年10月4日 - )は、アメリカの女優。『天使にラブ・ソングを…』のシスター・メアリー・ロバート役でよく知られている。母親はニューヨークの有名な占星家。

ウェンディ・マッケナ
Wendy Makkena
本名 Wendy Rosenberg Makkena(ウェンディ・ローゼンバーグ・マッケナ)
生年月日 (1958-10-04) 1958年10月4日(59歳)
出生地 ニューヨーク州マンハッタン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長 170cm
職業 actress
活動期間 1982年〜現在
配偶者 Kathleen Treado
著名な家族 母親は有名な占星術師
主な作品
『天使にラブソングを…』シスター・メアリー・ロバート役
備考
髪は赤毛がかったブラウン、瞳の色はブラウン

目次

経歴編集

ニューヨークで生まれる。8歳からハープを始め、10歳にはカーネギーホールでの演奏経験もある。10歳より名門ジュリアード音楽学院でハープを学ぶ。さらにアメリカン・バレエ団NY校にも10年間在籍し、はじめはダンスを専攻したが、負傷のため演技へ転向。1982年から舞台女優として活躍し、1987年に『ピグマリオン』でブロードウェイデビュー。1989年『Lend Me a Tenor』で評判となり、1991年『The American Plan』で絶賛される。1986年にテレビ番組の『サンタ・バーバラ』に出演。映画初出演は『エイトメン・アウト』。その後、テレビ番組の『ロー&オーダー』や『NYPDブルー』などに特別出演した。1992年には、アメリカで6ヶ月のロングランを記録した映画『天使にラブ・ソングを…』で、内向的だが歌の才能がある修道女シスター・メアリー・ロバートを演じ、続編の『天使にラブ・ソングを2』でも再び同役で出演した。テレビ映画『エア・バディ』に出演する1997年まで様々なテレビ番組に出演した。1998年には、『Finding North』に主演。その後は、『The Job』や『Oliver Beene』、『Listen Up』などの様々なテレビ番組に多く出演している。舞台では、1999年トニー賞ベスト新作プレイ部門に輝いた『Side Man』に主演するなど活躍している。

1997年に結婚。子供を1人もうけ、現在はニューヨークに住んでいる。

主な出演作編集

備考編集

  • 『天使にラブ・ソングを…』シリーズの挿入曲の歌唱部分はアンドレア・ロビンソンが吹き替えている。唯一本人が歌っているのは、『天使にラブ・ソングを2』のエンディングテーマ「エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ」(Ain't No Mountain High Enough)である。このことについて、「“歌えます”と言って恥をかいたの」と語っている。
  • 『天使にラブ・ソングを…』のビデオ・LDに収録されている特典映像にはイメージソング「イフ・マイ・シスターズ・イン・トラブル」(If My Sister's In Trouble)にあわせて踊るウェンディを見ることができる。ただし、この映像はDVDには収録されていないが、ブルーレイ版には改めて収録されている。
  • クール・ランニング』の特典映像にも他のシスター役と一緒に登場する。

外部リンク編集