天使にラブ・ソングを…

天使にラブ・ソングを…』(てんしにラブソングを、原題: Sister Act)は、1992年製作のアメリカ映画

天使にラブ・ソングを…
Sister Act
監督 エミール・アルドリーノ
脚本 ジョセフ・ハワード
製作 テリー・シュワルツ
製作総指揮 スコット・ルーディン
出演者 ウーピー・ゴールドバーグ
マギー・スミス
ハーヴェイ・カイテル
音楽 マーク・シャイマン
撮影 アダム・グリーンベルグ
編集 コリーン・ハルシー
リチャード・ハルシー
配給 アメリカ合衆国の旗 タッチストーン
日本の旗 ブエナビスタ
公開 アメリカ合衆国の旗 1992年5月29日
日本の旗 1993年4月17日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $139,605,150[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$231,605,150[1] 世界の旗
次作 天使にラブ・ソングを2
テンプレートを表示

殺人事件の現場を目撃した、しがないクラブ歌手が、かくまわれた修道院で巻き起こす騒動を描いたコメディー。アメリカでは6ヶ月を記録する大ヒットロングランとなり、主演のウーピー・ゴールドバーグの人気を不動のものにした。

なお、主役(主人公)はウーピー演じるデロリスだと思われがちだが、主役(主人公)はデロリスを含めた聖キャサリン修道院の聖歌隊のシスター達『全員』であると、監督のエミール・アルドリーノがDVDの特典オーディオコメンタリーで語っている。

目次

あらすじ編集

ネバダ州リノのクラブ「ムーンライトラウンジ」で働くクラブ歌手のデロリスは、ネバダ州一帯に縄張りを持つギャング、ヴィンスの愛人。だがある日、ヴィンスが裏切り者を始末する現場を目撃したため命を狙われる。重要参考人として警察に保護された彼女は、ヴィンスの裁判の日までカトリック系の聖キャサリン修道院にかくまわれる羽目になる。尼僧として振舞うことを余儀なくされたデロリスは堅苦しい生活に辟易するものの、やがて聖歌隊の指揮者を任されてから俄然、歌手として本領を発揮する。下手な聖歌隊を鍛え上げ、退屈な聖歌をモータウンの楽曲の替え歌にアレンジして派手なパフォーマンスを繰り広げ、保守的で厳格な修道院長との対立をよそに、一躍、町中の人気者になる。そして、最初は疎んじていた修道院のシスターたちと、歌を通じて徐々に友情で結ばれていく。

しかし、平穏な日々も束の間、警察内部の情報が漏れたことでローマ法王を迎えたミサの前日にデロリスがさらわれてしまう。彼女の素性を知らされた修道院のシスターたちは、例え本物の尼僧でなくとも自分たちを導いてくれたデロリスを救うべく、ヴィンスのアジトであるムーンライトラウンジへ乗り込む。仲間と警察のお陰で無事救い出されたデロリスは、仲間たちに心からの感謝の意を述べ、翌日、ローマ法王の御前でのミサを行った。

キャスト編集

括弧内は日本語吹替え声優で、日本テレビ版/ソフト版の順。BS日テレではソフト版で放送された。

デロリス・ヴァン・カルティエ
演:ウーピー・ゴールドバーグ中村晃子/後藤加代)/子供時代:アイシス・カーメン・ジョーンズ
本作のメインキャラでリノのクラブ「ムーンライトラウンジ」で働くしがないクラブ歌手。ギャングである愛人ヴィンスが裏切り者を抹殺する現場を目撃して命を狙われる羽目になり、シスター・メアリー・クラレンスと名乗ってカトリックの修道院にかくまわれることになる。
「ここは禁煙で、しかも修道服着なさいだなんて、ペンギンみたいな姿じゃない!」と堅苦しい生活に辟易しながらも、やがて歌を通じて閉塞感の漂う修道院に改革の嵐を巻き起こし、修道院長や周りのシスターたちと固い絆で結ばれていくことになる。
性格は優しいが大雑把かつ型破りで、堅苦しいのが大の苦手で明るくお茶目。手先はロバートに負けず劣らず、かなり不器用[2]。お茶目な性格からたまにジョークを話すが、元来の性格から下ネタを放って周りのシスター達がドン引きする事も。
彼女の型破りな行動は周囲に影響を与えていき、その影響力は周りのシスター達から堅物過ぎる修道院長、さらには町や町人の心までも変えてしまった。
幼少時はカトリック系の学校に通っており、担任のシスターに見放される位の問題児だった。
この映画のためにウーピーは歌唱訓練を受けており「バスタブで歌う鼻歌がどれだけ気楽か思い知った」とインタビューに答えている。なお、コメンタリーでは修道服の下にジーパンを履いていることや、修道服が複雑かつ暑いことを話している。
ヴィンス・ラ・ロッカ
演:ハーヴェイ・カイテル堀勝之祐/同)
ネバダ州一帯に縄張りを持つギャング。デロリスは愛人であったが、殺人現場を目撃されたため、抹殺しようと執拗に狙うが、尼僧のデロリスを撃てない信心深いかつ小心者で、毎回部下のジョーイやウィリーに撃たせようとする。デロリスを捕まえようとしてジョーイやウィリーと共に一斉に動いて通り道につっかえたりするなど、ギャングだが少しマヌケ。
修道院長
演:マギー・スミス藤波京子/京田尚子
聖キャサリン修道院の院長。修道院の規律に厳格で、本人ですら「頭が硬すぎる」と言ってしまうほどの筋金入りのお堅く生真面目な性格。デロリスとは聖歌隊の一件をきっかけに頑固なまでに対立し、ほかの修道院へ移ることを決意するが、シスターたちが心から彼女に信頼を寄せ、堅い絆を育んでていることを知っていき、心動かされ、最終的にはヴィンスの発言に対して彼女のことを寛容と高潔と愛の体現者であり、立派な尼僧の精神を持った尼僧の鏡と称して認め、デロリスと完全に和解する。
続編では昔はデロリスと同じように新しい事に挑戦し、「2」からのある人物と共に大司教を困らせていた事が発覚する。
なお、コメンタリーではデロリスを演じたウーピーやラザラスを演じたメアリー、エミール監督などから「プロ意識の塊」「素晴らしい女優」などと称され、更にエミール監督は「彼女は笑いのセンスも良い」とも称した。
メアリー・パトリック
演:キャシー・ナジミーさとうあい/信沢三恵子
ふくよか体型の陽気で表情豊かなシスター。ふくよかな体型に反して踊りが上手く、動きが結構身軽。性格はマイペースで優しく楽しいことが大好き。好物はアイスクリーム。歌においてはかなりの声量のハイボイスで、聖歌隊をハーモニーが取れなかった上に飛び上がったり耳を塞がせ胸を抑えさせる程に驚かせていたが、デロリスの指導で上達していく。デロリスとの絆から、彼女が拐われた際には「(彼女を助けるのが)使命だわ」と発言している。
彼女の性格の明るさは彼女の母をして「将来は尼さんかスチュワーデスね」と言わしめたほど。
修道女仲間の中ではメアリー・ロバート、メアリー・ラザラスと特に親しい。
コメンタリーにおいて、演じたキャシー曰く、パトリックはデロリス同様に「形だけの」シスターよ、と話し「パトリックの歌い方はずっとハイトーン系なの。スタッフ達の中に頭痛や耳鳴りを起こした人がいたら、私の所為だわ」と笑って話している。
なお、キャシーはパトリックを演じるに辺り、偶然つけたTVに写った元気で明るく陽気なシスター、シスター・ハートを見て、彼女がパトリックのモデルだと思い、彼女をモチーフにパトリックのキャラを作ったとも話した。
メアリー・ロバート
演:ウェンディ・マッケナ矢島晶子/石川悦子)歌唱部分:アンドレア・ロビンソン
年の若いシスター見習い。内向的で大人しい性格だが、修道院に溶け込めずにいたデロリスのことを誰よりも先に気遣う優しさと思いやりを持つ。
奉仕の人生を送るべく修道女を志願したものの、引っ込み思案で不器用な性格に劣等感を抱き自信を持てずにいたが、デロリスと出会い歌う喜びを知ってからは徐々に明るく積極的な性格に変わっていく。また、同時に勇敢さと毅然さも併せ持つようにもなり、彼女が誘拐された際にはみんなで救出しに行こうと真っ先に院長に進言した。
最初は弱々しくか細い声しか出せなかったが、特訓の末に大きな声を出すことが出来るようになり、ソロパートを務めるまでに上達した。その歌唱力はかなりハイレベルである。
なお、劇中で実際に歌唱しているのはウェンディではなくアンドレア・ロビンソンで、歌唱が吹き替えられているのはウェンディだけである。吹き替えられた理由は歌声が監督のイメージとは違ったため。
ウェンディ・マッケナはコメンタリーにおいて「“もちろん歌えるわ"と言って(披露したら)恥をかいた」と話し「口パクなら任せてよ」と発言している。
メアリー・ラザラス(吹き替え版ではメアリー・ラザロ)
演:メアリー・ウィックス(河村久子/牧野和子
聖キャサリン修道院のシスターで聖歌隊の元指揮者。シスター内でも年はかなり上の方で、シスターの中で2番目に大柄な体格をしている。成り行きから聖歌隊の指揮をすることになったデロリスを煙たがるが、彼女の指揮能力を認めてからは良き友人になり、パトリックやロバートとも友人に。やや低い中間音の声質で、ロバートやパトリックと共にソロパートが多い。なお、歌うことに関してはデロリスにパートを任されて歌い出してから楽しさを感じて笑顔を見せており、他の聖歌隊仲間とも親しくなっている。年齢のためか、振り付けを間違ったりしている。
デロリスとの絆から、彼女が拐われた際には「警察だけじゃ不安」と話して助けに行こうとしていた。
なお、彼女が聖キャサリン修道院の前にいた修道院は森の中深くにあり、電気は無く、真冬も裸足で、文明から離れているという凄まじい場所だったため、聖キャサリン修道院すら「ここはホテル並みよ」と言わしめている。
なお、作中でデロリスなどはシスター・ラザラスと呼んでいるが、吹き替え版ではシスター・ラザロになっている。
ラザラスを演じたメアリー・ウィックスはコメンタリーで「ラザラスは最初、固定観念を持っているの。でも、デロリスに歌の楽しさを教えて貰ってから、ラザラスは変わっていくのよ」と話し、さらに修道服の着用が複雑、かつ着ていて暑いなどの理由から「2度と尼僧役はごめんだわ」と笑って話している。
シスター・メアリー・アルマ
演:ローズ・パーレンティ
聖キャサリン修道院のシスターの1人で、ピアノを弾く担当の補聴器おばあちゃんシスター。補聴器は片一方のイヤホン部分に本体が繋がり、それを胸元に付けるタイプのものを使用し、左耳につけている。デロリスからは最初以外、アルマと呼ばれている。ピアノを弾くのだが耳が遠いため(補聴器の関係上、左耳の聴力が悪い可能性も)に補聴器が必須であるが、度々スイッチを入れ忘れてしまう[3]。ピアノは長年弾いているだけはある巧さで、弾いている際は可愛らしく楽しげな笑顔である(ただし、初期段階の調律されていない状態のピアノを弾いている際は苦い、嫌そうな表情をしている)。デロリス及びデロリスがアレンジした曲が非常に好きで、普通に弾く時よりもより楽しげに、より笑顔になる。修道院長が法王の前で本来の賛美歌か前衛的な賛美歌、どちらを歌うか多数決した際には前衛的なデロリスの方の時に誰よりも真っ先にピンと手を挙げたほどに好んでいる。
エディー・サウザー(サウザー警部)
演:ビル・ナン玄田哲章/西村知道
事件の捜査とデロリスの警護を担当する警部。優しく曲がった事が嫌いで正義感にあふれており少し口が悪いかなりの猪突猛進型。内通者を見抜くなど頭の回転と勘は良いが、拳を食らわすなど少し手が出やすい部分もある。他者を守りたいという気持ちが非常に強く、その思いから強い口調になったり暴言を吐くことも。
デロリスは助けられた後、エディーに対し「人を警護するよりも攻撃の方が得意ね」と称した。
サウザー警部を演じたビル・ナンはコメンタリーで「演じたサウザーの台詞に面白い台詞が無かったのが不満だったんだ」と笑って話した。
オハラ司教(Bishop O'Hara)
演:ジョゼフ・メイハー
聖キャサリン修道院の司教。作中ではミサで向上を述べたりする役割を担う。穏やかで優しい性格で、賛美歌をモータウン風(ゴスペル風)に勝手にアレンジしたデロリスに対して怒ることなく「こんな楽しいミサは何年ぶりでしょう、とても新鮮で胸が震えました」と嬉しそうに褒め、その後に修道院長を「あなたは素晴らしい、真のリーダーです」とサラッとフォローするなど、柔軟な対応力をも併せ持つ紳士な人物。
ジョーイ
演:ロバート・ミランダ(西村知道/山下啓介
ヴィンスの手下のギャング。裏切り者を難なく始末する非情さを持つが、追い詰めたデロリスに対し「尼僧は撃てない」と射殺を拒絶するなど小心で敬虐な信心深い一面も持つ。
ウィリー
演:リチャード・ポートナウ千田光男/曽我部和恭
ヴィンスの手下。ジョーイ同様、小心かつ敬虐で尼に対し銃を向けられない性格。
聖キャサリン修道院聖歌隊のシスター達(和訳では聖歌隊の修道女)
演:スーザン・ジョンソンスーザン・ブロウニングエディス・ディアスダーリーン・コルデンホーブンベス・ファウラールース・コバート(シスター・メアリー・イグネイシャス)、プルーデンス・ライト・ホルムズ、カルメン・サパタパット・クロフォード・ブラウンエレン・アルバーティーニ・ダウ、シェリ・イザード、ジョージア・クレイトン
聖キャサリン修道院における聖歌隊のシスター達。大抵がおばあちゃんまたはおばちゃんの年齢層だが、若く見えるシスターもいる。白枠眼鏡の3番目に長身のシスターがシスター・メアリー・イグネイシャス(修道院長の発音はイグネイシャスだが字幕等ではイグナティウス)、イグネイシャスに少しにた顔立ちの度の強いフチなし丸眼鏡の比較的長身の落ち着ついているシスターがシスター・メアリー・アニマと名前がそれぞれ出ている[4]。聖歌隊の初期段階ではそれぞれがぐちゃぐちゃに歌っており、ソロまでいるという自分達でも自覚出来るほどに酷い状況[5]だったが(ラザラス曰く、ド素人)、ロバートのささやきからパトリックがデロリスに聖歌隊への助けを求めたのちに全員がデロリスに期待を寄せて助けを求め、みるみる聖歌隊が成長していくにつれて楽しく歌うという喜びと素晴らしさを知り、より心から信頼を置くようになり、ロバートやパトリック、ラザラス同様にデロリスと固い絆で結ばれていき、デロリス無しでは歌えない程に心の支えにしている(ロバートの「彼女無しじゃ歌えない!」という言葉に全員が「無理よ!」という表情になり強く首を横に振ったほど)。法皇が観覧に際した際は多少葛藤したものの皆がデロリス側に恐る恐る挙手しており、全員が修道院長の方を見られなくなっていた。その後デロリスが誘拐され、修道院長の口から語られたデロリスの素性を知った際は全員が動揺し、アニマが「彼女は嘘を?」と話したりしていたが、ロバートやパトリック、ラザラスの言葉に感化され、デロリスへの絆から助けに行こうと修道院長にそれぞれが言葉を発していた。
底抜けに明るい笑顔のおばあちゃんシスター、スーザン・B演じるちょっと厳しそうにも見えるふくよかおばちゃんシスター、エレン・アルバーティーニー・ダウ演じる一番小柄だが非常に身軽な甘い声の年長組おばあちゃんシスター、パット・クローフォード・ブラウン演じる三番目に小柄で胴縁の楕円眼鏡の車が修理出来るハイスペックなおばあちゃんシスター(なお、オイルが顔にクリーンヒットする方)、プルーデンス・ライト・ホルムズ演じる若めだが暗めに見える比較的に小柄で一際小顔な銀の腕時計をつけている左利きのおばちゃんシスター、シェリ・イザード演じる表情がパトリックに負けない程豊かなアルトパートの丸眼鏡で丸顔の比較的若めのシスターなど、実は非常に個性豊かである。
基本的に皆敬虐なシスターだが、イグナティウスはデロリスを助けに行った際にいつの間にやらスロットをしており、デロリス側に傾き始めている。
なお、シスターを演じたキャストは女優が多いが、車を修理していた、ずらして眼鏡をかけているベースパートの2列目右端のシスターを演じたスーザン・ジョンソンやシスター1の長身でタンバリン担当シスターを演じたダーリーン・コルデンホーブン、2列目右から三番目のポジションのシスターのベス・ファウラー、シスター・メアリー・イグナティウス役のルース・コバート(ルースはオペラ経験もある)など、女優と歌手を両立しているキャストも多い。二番目に小柄で丸っこい体格のシスターを演じたエディス・ディアスは歌手では無いがシスター内での歌唱力は高い(なお、エディス演じるシスターは初期段階ではアルトパートで挙手していたが、歌う時にはソプラノパートに変わっている)。
なお、ベス・ファウラー演じたチャーミングなシスターはHail Holy Queenの楽曲の中において、賛美歌部分ではアルトパートを、アレンジされた賛美歌ではベースパートを歌っている(他にも、彼女の腕をよく見ると腕時計が現れたり消えたりしている)。
コニー・ラロッカ
演:トニ・カレム
ヴィンスの妻。偶然、テレビに写った聖キャサリン修道院を見て「募金する?」とヴィンスに声をかけ、意識せずヴィンスにデロリスの居場所を教える事になった女性。

日本テレビ版:1996年4月26日『金曜ロードショー

挿入曲編集

ミュージカル版編集

映画公開から19年後の2011年に本作がブロードウェイミュージカル化された。プロデューサーは映画版の主演を務めたウーピー・ゴールドバーグが、音楽は『リトル・マーメイド』や『アラジン』などのディズニーミュージカルアニメ作品を作曲したアラン・メンケンが担当している。ストーリーの大筋と登場人物は映画版を踏襲してはいるが、楽曲は全て書き下ろしであり、映画版での挿入曲は使用されていない。

2014年6月1日[6]、日本上演[7]。2014年8月3日、千秋楽。2016年5月22日~6月20日再演[7]

脚注編集

  1. ^ a b Sister Act (1992)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年3月30日閲覧。
  2. ^ ロザリオ製作でビーズを2回飛ばして複雑と愚痴るなど。
  3. ^ 初期の練習ではパトリックのハイパワーボイスを聞かないように自分で切って補聴器をいじっているシーンがある。
  4. ^ イグネイシャス(イグナティウス)はデロリスを助けに行った際にリノのカジノでいつの間にかスロットをしており、修道院長がそれを叱った際に名前を呼ばれた。アニマの名前は修道院長が神父の修道院長に助けに行く旨を伝えるよう指示した際に名前を呼んでいるが、何故か字幕には出ない。
  5. ^ デロリスが言葉巧みに言いくるめながら、何とか彼女たちの音感音程を矯正して、やっと和音で歌えるようになったとパトリックが言い放ったレベル。
  6. ^ シスター・アクト 全国公演スケジュール”. 2015年1月19日閲覧。
  7. ^ a b 帝国劇場 ミュージカル『シスター・アクト~天使にラブ・ソングを~』:”. 東宝. 2013年7月3日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集