ウラジミール・スミルノフ

ウラジーミル・イワノビッチ・スミルノフВлади́мир Ива́нович Смирно́вVladimir Ivanovich Smirnov1887年6月10日 - 1974年2月11日)は、ロシア数学者

人物編集

スミルノフはウラジーミル・ステクロフの指導の下で学位を取得した。スミルノフの高名な弟子の中には、セルゲイ・ソボレフ、ソロモン・ミカーリン、 レオニート・カントロビッチ(線形計画法の先駆的業績により1975年ノーベル経済学賞を受章)らがいる。

著書編集

日本語訳のあるもの編集

  • スミルノフ、福原満洲雄 他訳 『高等数学教程(1) I巻[第一分冊]』(新版) 共立出版株式会社、1958年。ISBN 978-4320010154 
函数関係と極限の理論 導函数の概念とその応用 積分の概念とその応用
  • スミルノフ、福原満洲雄 他訳 『高等数学教程(2) I巻[第二分冊]』(新版) 共立出版株式会社、1958年。ISBN 978-4320010161 
級数およびその近似計算への応用 多変数の函数 複素数 高等代数学の初歩と函数の積分
  • スミルノフ、福原満洲雄 他訳 『高等数学教程(3) II巻[第一分冊]』(新版) 共立出版株式会社、1958年。ISBN 978-4320010178 
常微分方程式 線型微分方程式と微分方程式論補遺 重積分と線積分、広義の積分とパラメーターを含む積分
  • スミルノフ、吉田耕作 他訳 『高等数学教程(4) II巻[第二分冊]』(新版) 共立出版株式会社、1959年。ISBN 978-4320010185 
ベクトル解析と場の理論 微分幾何学の基礎 フーリエ級数 数理物理学の偏微分方程式
  • スミルノフ、福原満洲雄 他訳 『高等数学教程(5) III巻一部[第一分冊]』(新版) 共立出版株式会社、1960年。ISBN 978-4320010192 
行列式と方程式系の解法 線型変換と二次形式 群論の基礎と群の線型表現 (付録)行列の標準形への簡約
  • スミルノフ、福原満洲雄 他訳 『高等数学教程(6) III巻二部[第一分冊]』(新版) 共立出版株式会社、1959年。ISBN 978-4320010208 
函数論の基礎 等角写像と二次元の場 留数の理論の応用 整函数と有理型函数
  • スミルノフ、福原満洲雄 他訳 『高等数学教程(7) III巻二部[第二分冊]』(新版) 共立出版株式会社、1959年。ISBN 978-4320010215 
多変数の函数と行列の函数 線型微分方程式 数理物理学における特殊函数
  • スミルノフ、福原満洲雄 他訳 『高等数学教程(8) IV巻[第一分冊]』(新版) 共立出版株式会社、1958年。ISBN 978-4320010222 
積分方程式 変分法
  • スミルノフ、福原満洲雄 他訳 『高等数学教程(9) IV巻[第二分冊]』(新版) 共立出版株式会社、1961年。ISBN 978-4320010239 
偏微分方程式の一般的理論
  • スミルノフ、福原満洲雄 他訳 『高等数学教程(10) IV巻[第一分冊]』(新版) 共立出版株式会社、1962年。ISBN 978-4320010246 
境界値問題
  • スミルノフ、福原満洲雄 他訳 『高等数学教程(11) V巻[第一分冊]』(新版) 共立出版株式会社、1962年。ISBN 978-4320010253 
スティルチェス積分 集合函数とルベーグ積分 集合函数 絶対連続性 一般の積分の概念
  • スミルノフ、福原満洲雄 彌永昌吉 他訳 『高等数学教程(12) V巻[第二分冊]』(新版) 共立出版、1962年。ISBN 978-4320010260 
距離空間とノルム空間 ヒルベルト空間

英語版のあるもの編集

  • Smirnov Richard A. Silverman訳 (2014). Linear Algebra and Group Theory. Dover Books on Mathematics (reprint ed.). Dover Publications. ISBN 978-0486482224 
  • Smirnov (978-1483169279). A.J. Lohwater. ed. A course of higher mathematics: ADVANCED CALCULUS. Adiwes International Series in Mathematics (reprint ed.). Dover Publications. ISBN 978-0486482224 

高等数学教程について編集

各巻の章構成からも明らかなように、物理数学の色彩の強い教程である。これは本書が、スミルノフ教授のレニングラード大学(当時、現サンクトペテルブルク大学)の物理学科学生に対する多年の講義に基づいて書かれているためである。高等数学教程(1) I巻[第一分冊]の訳者序文より引用する。

わが国の大学教養課程の程度の微分・積分法よりはじまり、線形代数・群論・作用素論なども含めて、函数論・微分方程式論など解析学の諸部門およびそれらと物理学との関連にいたるまでを懇切に解説したものである。
その目的とするところは、これらの諸理論を単に説き来り説き去るというのではなく、物理学や科学技術の領域に必須な事柄を豊富に取り扱いつつ、数学的諸方法を十分に理解せしめ、自らこれらを駆使し得る段階にまで読者を導こうとすることにある。したがってその説明はいたるところ懇切丁寧であって、しかも全体を一貫した方針でつらぬいている。
わが国においても数学やその応用に関する幾多のすぐれた著作が出版されているが、このような特徴をもった書物はその類を見ない。この書の邦訳が、わが国の多数の理工科系の学生諸君および研究者諸氏に役立つことを、訳者一同心より願う次第である。(引用終わり)

翻訳者 (50音順)

参考文献編集

  • スミルノフ、福原満洲雄 他訳 『高等数学教程① I巻[第一分冊]』(新版) 共立出版株式会社、1958年。ISBN 978-4320010154 
  • Yakov Sinai, ed (2003). Russian Mathematicians in the 20th Century. World Scientific Publishing. pp. 71-82. ISBN 981-02-4390-1 

外部リンク編集