メインメニューを開く

志村 五郎(しむら ごろう、1930年2月23日[1] - 2019年5月3日[2])は日本出身の数学者[1]プリンストン大学名誉教授[2]静岡県浜松市出身[5]

志村 五郎
(しむら ごろう)
生誕 (1930-02-23) 1930年2月23日[1]
静岡県(出身地)[1]
死没 (2019-05-03) 2019年5月3日(89歳没)[2]
国籍 日本の旗 日本
研究分野 数学
研究機関 東京大学CNRS大阪大学プリンストン大学
出身校 東京大学理学部数学科[3]
博士課程
指導学生
ドン・ブァシウス英語版
ポール・ギャレット英語版
メルビン・ホッシュター英語版
ロバート・ルメリー英語版
主な業績 アーベル多様体虚数乗法論、志村多様体谷山・志村予想
影響を
受けた人物
岩澤健吉クロード・シュヴァレーアンドレ・ヴェイユ[4]アンリ・カルタン
影響を
与えた人物
谷山豊
主な受賞歴 グッゲンハイム・フェロー(1970年)
コール賞(1977年)
朝日賞(1991年)
藤原賞(1995年)
スティール賞(1996年)
プロジェクト:人物伝

盟友であった谷山豊と取り組んだ谷山–志村予想で楕円曲線の特徴を論述する[6]フェルマー予想の解決に貢献し[7][8]、また、アーベル多様体虚数乗法論の高次元化、アーベル多様体のモジュライ理論とモジュライに対応するCM体上のアーベル拡大を記述する保型関数を構成し、志村多様体論を展開[9]。これによって「クロネッカーの青春の夢」の一般化を行った(ヒルベルトの23の問題における第12問題への貢献[10])。フィールズ賞こそ受賞していないものの、国際数学者会議に4度招待講演者として招聘され[注釈 1]スティール賞コール賞を受賞した輝かしい経歴を持つ日本を代表する数学者の一人である。 趣味で中国説話文学を収集しており、中国文学に関して何冊かの著作もある[12][13]

プリンストン大学の発表によると、2019年5月3日死去、89歳没[2]

目次

略歴編集

受賞・講演歴編集

著作編集

単著編集

数学

  • 数学をいかに使うか』筑摩書房〈ちくま学芸文庫 シ20-2 Math & Science〉、2010年12月8日。ISBN 978-4-480-09325-7 - 文庫オリジナル書き下ろし第1弾。
  • 数学の好きな人のために 続・数学をいかに使うか』筑摩書房〈ちくま学芸文庫 シ20-3 Math & Science〉、2012年2月8日。ISBN 978-4-480-09439-1 - 文庫オリジナル書き下ろし第2弾。
  • 数学で何が重要か』筑摩書房〈ちくま学芸文庫 シ20-4 Math & Science〉、2013年5月8日。ISBN 978-4-480-09534-3 - 文庫オリジナル書き下ろし第3弾。
  • 数学をいかに教えるか』筑摩書房〈ちくま学芸文庫 シ-20-5 Math & Science〉、2014年8月6日。ISBN 978-4-480-09630-2 - 文庫オリジナル書き下ろし第4弾。

文学、その他

共著編集

専門書編集

英語版編集

論文集編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b 国際数学者会議は4年目ごとに開催され、1958年8月14日、戦後第3回目の会議に東京大学の一松信と佐武一郎、志村、北海道大学の河口商次、お茶の水女子大学の松阪輝久、京都大学の永田雅宜ほかが出席[11]
  2. ^ コール賞数論部門受賞 (1977年) は、“Class fields over real quadratic fields and Heche operators”. Annals of Mathematics. 2 95. (1972). ; “On modular forms of half integral weight”. Annals of Mathematics,. 2 97. (1973). に対して。

出典編集

  1. ^ a b c d 志村五郎”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus(コトバンク). 2019年5月6日閲覧。
  2. ^ a b c d Professor Emeritus Goro Shimura 1930—2019 : Math (志村五郎名誉教授ご逝去 1930年—2019年)”. 2019年5月6日閲覧。
  3. ^ 「楕円モヂユラー函数体のゼーター函数」、東京大学、1958年5月2日。 博士論文
  4. ^ セール, ヴェイユ & 志村 1983.
  5. ^ “志村五郎氏死去=米プリンストン大名誉教授・数学”. (2019年5月6日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019050600170&g=int 2019年5月6日閲覧。 
  6. ^ 中村 & 木戸 2009, p. 12-15.
  7. ^ a b “300年来の超難問証明に貢献、志村五郎氏死去”. 読売新聞. (2019年5月5日). オリジナルの2019年5月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20190506100511/https://www.yomiuri.co.jp/science/20190505-OYT1T50139/ 2019年5月6日閲覧。  本紙には2019年5月6日28面掲載。
  8. ^ 辻井 & 笠原 2008, p. 6.
  9. ^ 岩波数学辞典 2007, pp. 17,490,1403.
  10. ^ 数学史 1975, p. 542.
  11. ^ 矢野健太郎『一幾何学者の回想』2、日本評論社、1982年。
  12. ^ 志村 2006.
  13. ^ 志村 2008b.
  14. ^ 博士論文 1958.
  15. ^ 朝日賞:過去の受賞者”. 朝日新聞. 2009年11月4日閲覧。

参考文献編集

  • 『数学史』18〈共立数学講座〉、1975年。
  • 『岩波数学辞典』日本数学会、岩波書店、2007年、4。
  • 辻井重男、笠原正雄「1章 数学と暗号—その交流の軌跡」『暗号理論と楕円曲線: 数学的土壌の上に花開く暗号技術』森北出版、2008年。
  • 中村亨、木戸実験『フェルマーの最終定理: 萌えて愉しむ数学最大の難問』PHP研究所、2009年、12-15頁。

関連資料編集


外部リンク編集