メインメニューを開く

エアバスA330neo

初飛行を行うA330neo

初飛行を行うA330neo

エアバスA330neo(Airbus A330neo)は、ヨーロッパの企業連合であるエアバス社が開発中のワイドボディ旅客機で、エアバスA330の新世代双発ジェット機

目次

概要編集

エアバスA320neoで採用された新型軽剛体を使用すること(light composit materials)とsharklet wingsを使用することで燃費を向上化させ、なお且つ新型エンジンのロールス・ロイス トレント 7000を搭載することにより、燃費と共に騒音など環境性能を向上させる事によって従来のA330型機より25%以上の燃費が向上させる事を目標として開発され、2014年7月14日A330neoシリーズの「A330-800neo」と「A330-900neo」のローンチを発表した。 この改良型でのパイロットの運航資格や整備などはA350型と同じコクピット方式を使う事でA350及びA330両面での共通コックピットは地上訓練において共通点が多い事で運用をしやすくし少ない訓練、投資で対応できることを特徴としている。 燃費向上によって従来型A330(A330ceo)より航続距離も長くなり、ボーイング787と同等の距離を運航可能となり一人あたりの運航経費を抑えることで航空会社からの需要を見込んでいる。

設計、開発編集

従来の機体構造を軽量化させており、機体直径内寸法は350の方が僅か数センチ程広く、エンジンは2014年に開催された第49回ファーンボロー国際航空ショーにて、ロールス・ロイス・ホールディングス製のTrent 7000を採用することが発表され[1]、 外観上の主な変更点はエアバスA350型機と同様の湾曲した翼端にウィングレット(エアバス社WEBサイトではシャークレット)の変更が挙げられA330ceoの主翼が60.3メートルから64メートルに延長され2015年に大韓航空の航空宇宙本部をサプライヤーとして決定[2]

客室仕様は「Airspace by Airbus」を初導入された機種でオプションでゾディアック・エアロスペースとの提携で客室階下にある既存の貨物室エリアを活用した航空貨物コンテナ「LD-36」(318センチ×244センチ×163センチ)の中に、乗客が利用できるベッドを並べる。乗客は客室から階段を降りて、寝室モジュールを利用でき、モジュールは需要に応じて従来の貨物コンテナとの積み替え可能[3]

2015年9月改良型A330neoの製造を仏トゥールーズナントの工場で最初の「メタルカット」が行われ、エンジンパイロンの加工や中央翼の製造も始まり製造開始を発表。

2017年10月19日A330型機の改良型A330neoのうち、A330-900neo「登録番号F-WTTN」が仏トゥールーズ・ブラニャック空港で初飛行し4時間13分のテスト飛行を無事終えた。

2018年2月5日A330neoファミリー2機種のうち、A330-800neo「登録番号F-WTTO」がロールアウト。A330-800neoとA330-900neoの2型式は99%の共通性保持し同じ機体構造、エンジン、乗務員訓練などが採用され路線ネットワークで2機種を柔軟に運用可能としている。

2018年6月18日~7月7日の期間TAPポルトガル航空に引き渡しされる予定のA330-900「F-WWKM(エアバス登録)」で世界15都市の路線実証(ルートプルービングテスト)飛行テストを実施。

2018年9月26日A330-900について欧州航空安全庁(EASA)から型式証明を取得。テスト飛行では試験機2機で1,400飛行時間を実施したと発表。米国連邦航空局(FAA)からも近日中に取得見込み。

2018年11月6日開発中のA330neoのうち、短胴型のA330-800neo「登録番号F-WTTO」が仏トゥールーズ・ブラニャック空港で初飛行し4時間4分のテスト飛行を無事終えた。

2018年11月26日TAPポルトガル航空に世界初のA330-900neo「登録番号CS-TUB(元F-WWKM)」を納入。

オペレーター編集

エアバスA330neo オペレーター(2019年6月現在)[4]
航空会社 A330-800 A330-900 合計
  TAPポルトガル航空[5] 10 10
  デルタ航空[6] 2 2
  モーリシャス航空[7] 1 1
  エア・セネガル[8][9] 1 1
  アズール・ブラジル航空[10] 1 1
合計 0 15 15

発注した航空会社編集

仕様編集

各モデルの主要諸元[11][12]
A330-800neo A330-900neo
全長 58.82 m (193.0 ft) 63.658 m (208.85 ft)
全高 17.39 m (57.1 ft) 16.788 m (55.08 ft)
全幅 64.0 m (210.0 ft)
客室内径 5.26m / 17ft 3in
エンジン(×2) Rolls-Royce Trent 7000-72
エンジン出力(×2) 324.0 kN / 72,834 lbf (離陸時)
燃料容量 139,090 l (36,740 US gal), 111,272 kg (245,313 lb)
最大運用速度 M 0.86 (496 kn; 918 km/h)
MTOW 251 t (553,000 lb)
運航乗務員数 2名
標準座席数 (3クラス) 257 287
最大座席数 (1クラス) 406 440
貨物容量 27 LD3 or 8 pallets + 3 LD3 33 LD3 or 9 pallets + 5 LD3
航続距離 8,150nmi / 15,094km 7,200nmi / 13,334km

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集