メインメニューを開く
ボーイング737におけるウィングレット有無と翼端渦の比較

ウィングレット (winglet) とは、航空機主翼端に取り付けられる小さな翼のことである。 ウィングチップ (wingtip) についても同様である。 語源としてはwing「翼」+let「小さいもの」すなわち「小さい翼」[1] の意である。

概要編集

翼端板の存在やある程度の効果は第二次世界大戦以前から知られていた。しかし、必要性のある航空機需要の少なさから、本格的な実用開発の試みは途絶えてしまった。

本格的な航空機体向けのウイングレットは1970年にNASAリチャード・T・ウィットコム英語版が改良し提唱した。大型機の翼端渦を減少あるいは発生方向を上方に移動させることで空気抵抗(誘導抗力)を減らし、結果として燃費を向上させる効果がある。条件にもよるが、旅客機運航で一般におよそ4%から5%程度の燃料を節減できるとされている。燃料削減効果は長距離の路線ほど大きくなる。短距離の路線では燃料削減効果が少ないことや空港設備や運用の問題から装備しないこともある。

機体の製造時に装備される場合が多いが、航空機メーカーやサードパーティー製の改修キットにより後付けされる場合もある[2]。近年の原油価格の高止まりにより、ウイングレットを後付けする改修を施しても、その後の運航における燃料費削減で十分に改修費用の回収が可能として、これを行う航空会社も増加している。例えば日本国内では、全日本空輸(ANA)が日本国内で初めて、2009年以降ボーイング767-300ER16機にウイングレットを順次装着することを決定している。[3]

過去のリアジェットでは翼端にウイングチップ燃料タンクを装備していたが、ウィングレット程ではないが若干の効果を発揮していたとされる(現行機ではウィングレットを装備)[4]

 
風車の翼端

同様の抵抗軽減効果を狙い、プロペラ機のプロペラやヘリコプターのメインローター、風力発電用の風車などの端に似た形状のものが装着される例や、安定性を高めるため水平尾翼の端に装着する例(アグスタウエストランド AW139など)もある。自動車の車体に取り付けられるスポイラーGTウイング等のリアウイングは翼断面をしているため、翼端から発生する翼端渦を抑制するために翼端板が取り付けられている。

種類編集

ウィングレット編集

 
ボーイング747-400のウィングレット
 
ボーイング737-800のウィングレット
 
ボーイング737-800のシミタール・ウィングレット
 
ボーイング737MAXシリーズの翼端

垂直尾翼に似た形状のもの。翼端からなめらかに連続した形状のものは特にブレンデッド・ウイングレットと呼ばれる。

また、エアバス社はA320シリーズに装着されるものをシャークレットと呼称している。

垂直尾翼と似た塗装が施される場合が多い。


ウィングチップ・フェンス編集

 
エアバス機のウィングチップ

矢じりのような形状。


レイクド・ウィングチップ編集

 
P-8Aの翼端
 
A350の翼端

主翼端に後退角をつけたもの。


スパイラル型編集

 
ダッソー ファルコン 50に取り付けられたSpiroid

ウィングレットの先端がらせん状に翼端へ繋がるSpiroidと呼ばれる形状。研究段階。

レースへの応用編集

 
大型のウィングレットを追加したナイジェル・ラムMXS-R
 
下向きのウィングレットを追加したピーター・ポドランセックジブコ エッジ540

燃費を考慮せずターンも多いエアレースでは装着時の影響について議論がありマイク・マンゴールドが試行した程度だった。しかし2014年シーズンでナイジェル・ラムがウィングレットを追加して好成績を収めた翌シーズンから、大型のウィングレットやウィングチップ・フェンスを追加する選手が増えている[5][6][7]

ピーター・ポドランセックは下向きのウィングレットを採用している。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 数年前までは機体受け渡し後に航空会社の依頼でボーイング社が装備を行っていたが、今は機体の発注時に装備したものを選択できる。
  2. ^ 日本向けの747-400Dでは、狭い日本の空港事情と、短距離フライトではメリット薄く装備されていないが、準備工事自体はされており、実際にANAが2機に装備して国際線仕様に変更したが、国際線需要の低迷などにより数年後に取り外して国内線に復帰した。
  3. ^ 飛行試験中に振動が発生した為、取り外された。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集