メインメニューを開く

エア・リキード: Air Liquide S.A.)は、フランスパリ7区オルセー河岸通り (quai d'Orsay) 75番地に本社を置く産業ガスメーカー。

概要編集

ドイツリンデと共に、同分野の世界大手となっている。ユーロネクスト上場企業(EuronextAI )。日本法人は日本エア・リキード株式会社

1902年、フランスの化学者であるジョルジュ・クロードが、Paul Delormeと共に、空気を液化して成分を分離する工程の事業化に成功。社名はこの時の実験にちなんで名付けられた[1]。設立4年後の1906年に海外展開を開始、日本には翌年進出した。1913年パリ証券取引所に上場、第二次世界大戦中の1943年からスクーバダイビング用の器材の事業化を開始し、この分野においても先駆的企業となったが、同事業は1946年Aqua Lungとして分離している[1]

2003年イギリスBOCグループとのジョイント事業として日本にジャパン・エア・ガシズを設立するが、2007年にBOCグループがドイツの同業リンデに買収されたのに伴い、同社を日本エア・リキードに吸収合併した。2015年アメリカ合衆国ペンシルバニア州の同業大手エアガスを買収[2]、アメリカの東・中西部で高いシェアを獲得している[3]

燃料電池自動車の普及を見込んで、世界で100ヵ所を越える水素ステーションを展開している。日本では、日本エア・リキードが事業を展開しているほか、2019年3月28日に研究開発拠点「東京イノベーションキャンパス」を横須賀リサーチパーク(YRP、神奈川県横須賀市)に開設した[4]

出典編集

  1. ^ a b Our history” (英語). エア・リキード. 2017年1月2日閲覧。
  2. ^ 仏エア・リキード、米エアガス買収で合意-1兆6500億円”. ブルームバーグ (2015年11月18日). 2017年1月2日閲覧。
  3. ^ 産業ガス大手2社、こんなに違うM&A戦略”. 東洋経済オンライン (2016年8月10日). 2017年1月2日閲覧。
  4. ^ 「水素で日本発の技術を エア・リキードが開発拠点」『日経産業新聞』2019年4月10日(先端技術面)。
[ヘルプ]

外部リンク編集