エイムウェル

イギリスの競走馬

エイムウェルAimwell1782年 - 不明)はイギリス競走馬である。1785年ダービーステークスを制し、三大始祖以外の父系に属す馬として唯一のクラシック勝利馬となった。馬名はジョージ・ファーカー英語版のコメディ『伊達男の策略英語: The Beaux' Stratagem』の主人公エイムウェル男爵より。

エイムウェル
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1782年
マークアンソニー
ヘロドメア
生国 グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国
生産者 初代クラーモント伯爵
馬主 初代クラーモント伯爵
調教師 ジョン・プラット
競走成績
生涯成績 8戦5勝
テンプレートを表示

経歴編集

エイムウェルが制したのは1785年5月5日に行われた第6回ダービーステークスである。ダービーは前年8ハロンから12ハロンに延長されており、この年もエプソム競馬場の芝12ハロンで行われた。出走馬は10頭、チャールズ・ヒンドレー騎乗のエイムウェルは7対1の8倍のオッズであった。結果はチャールズに導かれたエイムウェルが2着グランサム、3着ヴェルジュースを抑えて優勝、1,023ギニーの賞金を獲得した。

生産者、馬主である初代クラーモント伯爵ウィリアム・フォーテスキューはこの年幸運に恵まれ、1週間後にはトライフルでオークスを制し、ダービー・オークス両制覇を成し遂げた最初の人物となった。

なお、1786年春にニューマーケットで負けた後の記録は一切残っておらず、その後の消息は不明。ジェネラルスタッドブックに1頭も産駒は登録されておらず、種牡馬としてどれだけ供用されたかも不明である。この馬を最後に、イギリスから三大始祖以外の父系に属する馬はほぼ姿を消した。

血統表編集

エイムウェル血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 オルコックアラビアン系
[§ 2]

Mark Anthony
1767年 鹿毛
父の父
Spectator
1749年 鹿毛
Crab Alcock Arabian
Basto Mare
Partner Mare Partner
Bonny Lass
父の母
Rachel
1763年 鹿毛
Blank Godolphin Arabian
Little Hartley Mare
Regulus Mare Regulus
Soreheels Mare

Herod Mare
1774年 鹿毛
Herod
1758年 鹿毛
Tartar Partner
Meliora
Cypron Blaze
Selima
母の母
Snap Mare
Snap Snip
Fox Mare
The Gower Stallion Mare The Gower Stallion
Childers[Grey] Mare
母系(F-No.) 10号族(FN:10) [§ 3]
5代内の近親交配 Basto Mare S4×M5 = 9.38%, Partner S4×M4 = 12.50% 他 [§ 4]
出典
  1. ^ 主にJBISサーチ[1]により、抜けはnetkeiba.com[2]で補った
  2. ^ netkeiba.com[2]
  3. ^ JBISサーチ[1]
  4. ^ JBISサーチ[1]、netkeiba.com[2]

出典編集

  1. ^ a b c 血統情報:5代血統表|Aimwell(GB)” (日本語). JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2022年7月23日閲覧。
  2. ^ a b c Aimwellの血統表 | 競走馬データ” (日本語). netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2022年7月23日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集