エウミール・デオダートEumir Deodato1942年6月22日 - )は、ブラジルクロスオーバー/フュージョンミュージシャン、作曲家、アレンジャー、プロデューサー、キーボード奏者。1970年代以降は主にデオダート名義で活動している。

エウミール・デオダート
Eumir Deodato
Eumir Deodato 1970.jpg
エウミール・デオダート(1970年)
基本情報
出生名 Eumir Deodato de Almeida
別名 デオダート (Deodato)
生誕 (1942-06-22) 1942年6月22日(79歳)
出身地 ブラジルの旗 ブラジル リオデジャネイロ
ジャンル ジャズクロスオーヴァーフュージョン、ボサ・ノヴァ、ラテン・ミュージック、ロック、ポップス
職業 ミュージシャン、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー
担当楽器 キーボード
活動期間 1959年 -
レーベル CTIMCA、ワーナー
共同作業者 クール・アンド・ザ・ギャング
ジョン・トロペイ
ヒューバート・ロウズ

バイオグラフィ編集

リオデジャネイロ生まれ。1964年、ブラジルでミュージシャン・デビューした後、1967年頃からアメリカへ渡り、ジャズ・レーベルのCTIなどでアレンジャーとしてミルトン・ナシメントアントニオ・カルロス・ジョビンマルコス・ヴァーリフランク・シナトラなどの数々のアルバムの製作に携わる。その間、ブラジルでオリジナル・アルバムを制作、リリースしている。

1973年、デオダート名義としてCTIレーベルにてアルバム『ツァラトゥストラはかく語りき』を発表。クラシック作品をエレクトリック・ジャズにアレンジした楽曲「ツァラトゥストラはかく語りき」が異例のヒットとなった[1]。同曲は最も有名な初期クロスオーバー/フュージョンの一曲として知られ、日本でもNHKFMを中心にオンエアされた。続いて同年発表のアルバム『ラプソディー・イン・ブルー』でもジョージ・ガーシュウィンの「ラプソディー・イン・ブルー」を取り上げており、本作も代表作品として知られている。この曲の他ラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」、スティーリー・ダンの「ドゥ・イット・アゲイン」、ムーディー・ブルースの「サテンの夜」、などもデオダート流のアレンジを加えて収録されている。

CTIを離れてからはMCAワーナー・ブラザース・レコードと渡り歩きアルバムを制作。1970年代後半には、クール・アンド・ザ・ギャングのプロデュースを担当。また、ビョークケヴィン・ローランド等、音楽プロデューサーとしても活動している。

2001年、15年ぶりにミュージシャンとしての活動を再開、コンサートを中心に活動し始めた。2008年8月にはコットンクラブ東京にて来日公演を果たし、以降も時折来日している。2010年には久々のソロ作『ザ・クロッシング』を発表した。

ディスコグラフィ編集

ブラジル活動時代編集

  • 『イヌチル・パイサージェン』 - Inutil Paisagem (1964年、Forma) ※旧邦題『無意味な風景』
  • 『イデイアス (着想点)』 - Ideias... (1964年、Odeon)
  • 『インプルソ!』 - Impuls O! (1964年、Equipe) ※Os Catedráticos名義
  • 『サンバ・ノヴァ・コンセプサォン』 - Samba Nova Concepcao (1964年、Equipe)
  • 『トレメンダォン』 - Tremendão (1964年、Equipe) ※Os Catedráticos名義
  • 『ロス・ダンセーロス・エン・ボレロ』 - Los Danseros En Bolero (1964年、Equipe) ※Los Danseros En Bolero名義
  • 『アタッキ』 - Ataque (1965年、Equipe) ※Os Catedráticos名義
  • Bossa Nova for Swinging Lovers (1965年、London Globe)
  • 『ザ・ジェントル・レイン』 - The Gentle Rain (1965年、Mercury) ※with ルイス・ボンファ
  • 『オ・ソン・ドス・カテドラーチコス』 - O Som Dos Catedráticos (1970年、Equipe) ※コンピレーション
  • Percepcao (1972年、London)
  • 『オス・カテドラチコス 73』 - Os Catedraticos 73 (1973年、Equipe)

デオダート名義編集

  • 『ツァラトゥストラはかく語りき』 - Prelude (1973年、CTI)
  • 『ラプソディー・イン・ブルー』 - Deodato 2 (1973年、CTI)
  • 『ドナート/デオダート』 - DonatoDeodato (1973年、Muse) ※with ジョアン・ドナート
  • 『旋風』 - Whirlwinds (1974年、MCA)
  • 『アーティストゥリー』 - Artistry (1974年、MCA)
  • 『イン・コンサート』 - In Concert (1974年、CTI) ※with アイアート・モレイラ
  • 『ファースト・クックー』 - First Cuckoo (1975年、MCA)
  • Love, Strings, and Jobim (1975年、Warner Bros.) ※with Gaya
  • Daybreak (1976年、Record Bazaar)
  • 『ヴェリー・トゥゲザー』 - Very Together (1976年、MCA)
  • 『ラヴ・アイランド』 - Love Island (1978年、Warner Bros.)
  • 『ナイツ・オブ・ファンタジー』 - Knights of Fantasy (1979年、Warner Bros.)
  • 『ナイト・クルーザー』 - Night Cruiser (1980年、Warner Bros.)
  • 『ハッピー・アワー』 - Happy Hour (1982年、Warner Bros.)
  • 『モーション』 - Motion (1984年、Warner Bros.)
  • 『サムウェア・アウト・ゼア』 - Somewhere Out There (1989年、Atlantic)
  • 『ザ・クロッシング』 - The Crossing (2010年、Expansion)

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集