エディ・パルミエリ[1]Eddie Palmieri1936年12月15日 - )は、ニューヨーク・サウス・ブロンクス出身のラテンジャズ及びサルサ・ミュージシャン。ハード・ラテンというスタイルを築いた人物でもある。

エディ・パルミエリ
Eddie Palmieri
エディ・パルミエリ(左)
基本情報
出生名 Eduardo Palmieri
生誕 (1936-12-15) 1936年12月15日(86歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
ジャンル ラテン・ジャズサルサ
職業 ピアニスト、バンドリーダー、作曲家
担当楽器 ピアノ
活動期間 1955年 -
レーベル Ropeadope、ファニア、Alegre、Tico、RMM、コンコード
公式サイト www.palmierimusic.com

バイオグラフィ 編集

ニューヨーク市ブロンクス地区生まれ。両親はイタリア系、プエルトリコ系移民。兄であるチャーリー・パルミエリと8歳からピアノを始める。ラテン・ミュージシャンの兄からの影響も強い。15歳になると、自身のバンドを地元ブロンクスの仲間と共に結成。19歳でプロのピアニストとなり、20歳からはティト・ロドリゲス等ニューヨーク・ラテンのシーンに登場する。

ロドリゲスの元を離れると、トロンボーン奏者のホセ・ロドリゲスやバリー・ロジャースと、自身のバンド「ラ・ペルフェクタ」を結成して『La Perfecta』シリーズ (Alegre)を発表。ジャズ界のJ・J・ジョンソンカイ・ウィンディングによるトロンボーン・コンビからの影響も強く、サルサ・ミュージックのパイオニアとなり、また後継のウィリー・コローン等に強い影響を及ぼした。1960年代半ばからは、ジョン・コルトレーンマッコイ・タイナーセロニアス・モンク等からの影響も強くなり、ジャズにも傾倒し、独自のピアノ・スタイルを築き上げていった。

1974年発表の『ザ・サン・オブ・ラテン・ミュージック』(Coco)で、1975年度第18回グラミー賞の「最優秀ラテン・レコーディング」を獲得。1984年発表の『ルンバ!! (Palo Pa Rumba)』、1985年発表の『Solito』(2作ともMusica Latina)、1987年発表の『La Verdad』(Sonido Inc.)も次いでグラミー賞を受賞した。

1988年に兄チャーリーが死去した後は、「アフロ・キューバン・オクテット」を結成し、世界各地のジャズ・フェスティバルなどに出演した。1989年発表の『スエーニョ』(Intuition)では、ジャズ・フュージョン界のデイヴィッド・サンボーンマイク・スターンとも共演した。また1992年には来日公演を行っている。

2000年にはティト・プエンテとの共作アルバム『マスターピース』を発表、グラミー賞を受賞した。2002年には自身の作品をセルフ・カバーした『La Perfecta II』(コンコード)を発表し、同年に10年ぶりとなる来日公演を果たした。2005年は音楽生活50周年記念を迎えるものであり、記念アルバム『リッスン・ヒア!』(コンコード)を発表。このアルバムにはマイケル・ブレッカージョン・スコフィールドクリスチャン・マクブライドらが参加し、このアルバムは2006年にグラミー賞を受賞した。2005年にも来日公演を行った。

ディスコグラフィ 編集

アルバム 編集

  • La Perfecta (1962年、Alegre)
  • El molestoso (1963年、Alegre)
  • Lo que traigo es sabroso (1964年、Alegre)
  • Echando pa'lante (Straight Ahead) (1964年、Tico)
  • Azúcar pa' ti (Sugar for You) (1965年、Tico)
  • 『モサンピーケ』 - Mambo con conga es Mozambique (1965年、Tico)
  • 『エル・ソニード・ヌエボ』 - El Sonido Nuevo (1966年、Verve) ※with カル・ジェイダー
  • Bamboléate (1967年、Tico) ※with カル・ジェイダー
  • Molasses (1967年、Tico)
  • Champagne (1968年、Tico)
  • 『フスティシア』 - Justicia (1969年、Tico)
  • 『スーパーインポジション』 - Superimposition (1970年、Tico)
  • 『山へ行こう』 - Vamonos pa'l monte (1971年、Tico)
  • 『イン・コンサート・アット・ザ・ユニヴァーシティ・オブ・プエルト・リコ』 - In Concert at the University of Puerto Rico (1971年、Coco) ※旧邦題『エディ・パルミエリ・ライヴ プエルトリコ大学でのサルサ・コンサート』
  • Harlem River Drive (1971年、Roulette) ※with ハーレム・リヴァー・ドライヴ
  • 『ライヴ・アット・シンシン』 - Recorded Live at Sing Sing Vol. 1 (1972年、Tico) ※with ハーレム・リヴァー・ドライヴ
  • 『センティード』 - Sentido (1973年、Coco/Mango)
  • 『ライヴ・アット・シンシン Vol. 2』 - Recorded Live at Sing Sing Vol. 2 (1974年、Tico) ※1972年録音
  • 『ザ・サン・オブ・ラテン・ミュージック』 - The Sun of Latin Music (1974年、Coco) ※with ラロ・ロドリゲス
  • 『アンフィニッシュド・マスターピース』 - Unfinished Masterpiece (1975年、Coco)
  • Eddie's Concerto (1976年、Tico)
  • Festival 76 (1976年、Coco)
  • 『エクスプロレイション』 - Exploration - Salsa-Jazz-Descarga (1978年、Coco)
  • 『ルクミ、マクンバ、ヴードゥー』 - Lucumí, Macumba, Voodoo (1978年、Epic)
  • Eddie Palmieri (1980年、Barbaro)
  • Timeless (1981年、Coco)
  • 『ルンバ!!』 - Palo pa' rumba (1984年、Musica Latina International)
  • Solito (1985年、Musica Latina International)
  • The Truth / La verdad (1987年、Fania)
  • 『スエーニョ』 - Sueño (1989年、Intuition) ※旧邦題『夢 (スエニョ)』
  • 『EP』 - EP (1990年、Fania)
  • 『インディアがやって来る』 - Llegó La India Via Eddie Palmieri (1992年、Soho Sounds) ※with ラ・インディア
  • 『パルマス』 - Palmas (1994年、Elektra Nonesuch)
  • Arete (1995年、RMM)
  • Vortex (1996年)
  • 『エル・ルンベロ・デル・ピアノ』 - El rumbero del piano (1998年、RMM)
  • Live (1999年)
  • 『マスターピース』 - Masterpiece / Obra maestra (2000年、RMM/Universal) ※with ティト・プエンテ
  • En Vivo Italia (2002年)
  • La Perfecta II (2002年、Concord)
  • Ritmo caliente (2003年、Concord Picante)
  • 『リッスン・ヒア!』 - Listen Here! (2005年、Concord Picante)
  • Simpático (2006年、ArtistShare) ※with ブライアン・リンチ
  • 『エディ・パルミエリ・イズ・ドゥーイン・イット・イン・ザ・パーク』 - Eddie Palmieri Is Doin' It in the Park (2013年)
  • 『サビドュリア』 - Sabiduría / Wisdom (2017年)
  • Full Circle (2018年、Uprising)
  • Mi Luz Mayor (2018年)

関連項目 編集

脚注 編集

  1. ^ エディ・パルミエーリ」「エディ・パルミェーリ」「エディー・パルミエリ」の表記もある。

外部リンク 編集