メインメニューを開く

ジョン・スコフィールド(John Scofield、1951年12月26日 - )はアメリカ合衆国音楽家ギタリストである。

ジョン・スコフィールド
John-scofield.jpg
ドイツの音楽祭にて(2006年)
基本情報
生誕 (1951-12-26) 1951年12月26日(67歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オハイオ州 デイトン
ジャンル ジャズフュージョン
職業 ギタリスト作曲家
担当楽器 ギター
レーベル エンヤ・レコード
グラマヴィジョン・レコード
ブルーノート・レコード
ヴァーヴ・レコード
エマーシー・レコード
共同作業者 ビリー・コブハム
ゲイリー・バートン
マイルス・デイヴィス
メデスキ、マーティン・アンド・ウッド
フィル・レッシュ
公式サイト www.johnscofield.com

ジャズフュージョン系のミュージシャンとして、セッションやソロで活動。

目次

来歴編集

 
2017
ビリー・コブハムジョージ・デュークのバンドに参加。
  • 1976年 - パット・メセニーに替わってゲイリー・バートン・カルテットに加わり、レコーディング・アーティストとして日野皓正アルバム『メイ・ダンス』に参加した縁で、1977年7月に日本で日野兄弟と録音した初のリーダー名義作品がトリオ・レコードからリリースされた[1]。また同年にエンヤ・レコードと契約してライヴ・アルバム作品をリリースしている。
この時期にチャールズ・ミンガスやディヴ・リーブマンのカルテットなどでキャリアを積み、ジョン・スコフィールド・トリオ名義などで、スティーヴ・スワロウとのコラボレーション作品を残している。
グルーヴのある音楽を求めて1999年メデスキ、マーティン・アンド・ウッドの協力を得て『A Go Go』を発表。踊る音楽のあるジャム・バンド・シーンに自らの演奏を展開してスコフィールド・バンドを結成、ギタリストのアヴィ・ボートニックやドラムのアダム・ダイチなどを起用する。更に2005年グレイトフル・デッドフィル・レッシュのバンド、フィル・アンド・フレンズに参加、グレイトフル・デッドの音楽を演奏する。2006年にメデスキ・スコフィールド・マーチン&ウッド名義で即興演奏が中心のライヴを展開する。
  • 2009年 - ニューオーリンズ録音のアルバム『パイアティ・ストリート』発表。ジョン・クリアリージョージ・ポーターJr.ジョン・ブッテらが参加し、ゴスペル色の強いサウンドを展開している。
  • 2016年 - 第58回グラミー賞において最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム(『パスト・プレゼント』)を受賞し、自身初のグラミー受賞を果たした[2]
  • 2017年 - 第59回グラミー賞最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム(『カントリー・フォー・オールド・メン』)と最優秀インプロヴァイズド・ジャズ・ソロ("I'm So Lonesome I Could Cry")をダブル受賞[2]

使用機材編集

アイバニーズのセミ・アコースティック・ギターを使用し、2001年には同社の「AS200」を元にしたシグネイチャー・モデル「JSM」が発売されている[3]。セミアコ+RAT+コーラスが基本のセッティングである[4]。 現在は、メインでアイバニーズのオールドのテレキャスター、サブでフェンダーのストラトキャスターを使用する。

演奏スタイル編集

わざと音を外したフレーズは、コンビネーション・オブ・ディミニッシュト・スケールが多用され独特の緊張感を与える。 インサイドから徐々に外していく場合(スケールアウト)、基準のキーから半音下のキーに移行していく手法も得意である。

ディスコグラフィ編集

リーダー作品編集

1970年代
1980年代
1990年代
2000年代
  • 『ステディ・グルーヴィン』 - Steady Groovin': The Blue Note Groove Sides (Blue Note) 2000年
  • ワークス・フォー・ミー』 - Works For Me(2000年1月録音)(Verve) 2001年
  • ウーバージャム』 - Überjam(2001年7月~9月録音)(Verve) 2002年
  • ScoLoHoFo名義, Oh! (2002年7月録音)(Blue Note) 2003年
  • 『アップ・オール・ナイト』 - Up All Night (2002年12月、2003年1月録音)(Verve) 2003年
  • マーク=アンソニー・タネジと共同名義, Scorched(2002年9月録音)(Deutsche Grammophon) 2004年(ライヴ)
  • 『アンルート』 - EnRoute: John Scofield Trio LIVE(2003年12月録音)(Verve) 2004年(ニューヨーク「ブルーノート」におけるライヴ)
  • 『ザッツ・ホワット・アイ・セイ』 - That's What I Say: John Scofield Plays The Music Of Ray Charles (Verve) 2005年
  • トリオ・ビヨンド名義, Saudades(2004年11月録音)(ECM) 2006年(ライヴ)
  • メデスキ・スコフィールド・マーチン&ウッド名義, Out Louder(2006年1月録音)(Indirecto) 2006年
  • メデスキ・スコフィールド・マーチン&ウッド名義, MSMW Live: In Case the World Changes Its Mind(2006年頃録音)(Indirecto) 2011年(ライヴ。CD 2枚組。)
  • 『ディス・ミーツ・ザット』 - This Meets That(2006年9月~2007年4月録音)(Universal) 2007年
  • 『パイアティストリート』 - Piety Street (Universal Classics) 2009年
2010年代

コンピレーション編集

TV出演編集

  • 『東京JAZZ 2009』 (NHK BShi)2009年9月28日,10月1日

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 林建紀 (2015年11月30日). “『ピック・ヒッツ・ライヴ』ジョン・スコフィールド”. AERA dot.. 朝日新聞出版. 2018年12月19日閲覧。
  2. ^ a b John Scofield - Artist”. GRAMMY.com. Recording Academy. 2019年1月12日閲覧。
  3. ^ John Scofield Signature Hollow Bodies”. Ibanez. 2017年8月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月11日閲覧。
  4. ^ アーカイブされたコピー”. 2012年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月23日閲覧。

外部リンク編集