エリー・ド・スミュール=アン=ブリオネ

エリー・ド・スミュール=アン=ブリオネ(Hélie de Semur-en-Brionnais, およそ1016年 - 1056年)は、ブルゴーニュ公ロベール1世の最初の妃。アンリ・ド・ブルゴーニュ及びカスティーリャ王アルフォンソ6世コンスタンス・ド・ブルゴーニュの母。

エリー・ド・スミュール=アン=ブリオネ
Hélie de Semur-en-Brionnais
Blason Semur Brionnais.svg
スミュール家の紋章
配偶者 ブルゴーニュ公ロベール1世
子女 ユーグ(1034年 - 1059年)
アンリ(1035年 - 1074年?)
ロベール(1040年 - 1113年)
シモン(1045年 - 1087年)
コンスタンス(1046年? - 1093年?)
称号 ブルゴーニュ公妃
家名 スミュール家
父親 スミュール=アン=ブリオネ子爵ダルマス1世
母親 アランブルジュ・ド・ヴェルジー
出生 1016年頃 ブルゴーニュ公国 スミュール=アン=ブリオネ城
死亡 1056年4月22日
テンプレートを表示

ブルゴーニュ公ロベール1世との結婚編集

父スミュール=アン=ブリオネ領主ダルマス1世(ダルマスあるいはダマス)、その妻で母ブルゴーニュ公アンリ1世公女にして、フランス王ユーグ・カペーの姪に当たるアランブルジュ・ド・ヴェルジーの長女。

1033年に母方の又従兄に当たるロベール1世と結婚した。ロベールはエリーとの結婚でスミュール=アン=ブリオネ領主であり、オータンシャロレーの裕福な一族であるスミュール家と同盟を結んだ。

またエリーはクリュニー修道院の聖ユーグ [1]1024年 - 1109年)の姉であり、オセール司教であるシャロン伯ユーグ1世の姪孫に当たる。

ロベールは聖ユーグの義理の兄となり、教会・聖職者との繋がりができた。

夫ロベール1世は暴力的かつ気性の激しい性格であり、父ダルマス1世はロベール1世の怒りを買い、招かれた晩餐会で殺害され(毒殺説と帰りを待ち伏せて殺害された説の2説存在する)、また父の殺害にエリーの4番目の弟ジョスランも巻き込まれ、ロベールに殺害されている。

ダルマス1世の死後、ロベール1世はエリーとの親族関係による婚姻の無効を教会に訴え、離婚が成立した。

離婚後、エリーは尼僧となり名をペトロニーユと改め、マルシニー修道院もしくはボーヌの修道院に隠棲したとされ[2]、1056年4月22日に死去したとされる。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Université Jean Monnet-Saint-Étienne, Les Religieuses dans le cloître et dans le monde des origines à nos jours, 1994, p. 198
  2. ^ J.リチャードは、エリーの弟によって創設されたマルシニー修道院またはボーヌにはその当時、尼僧はいなかったことから、そのどちらにもエリーは隠遁しなかったとしている。