メインメニューを開く

カスティーリャ君主一覧

ウィキメディアの一覧記事

カスティーリャ伯編集

カスティーリャ家も参照。

選ばれた伯編集

以下の伯は世襲ではなく、アストゥリアス王国東部の国王の代理人として指名された者である。早くも867年にはアラバ及びカスティーリャ伯領が創設され、カスティーリャは幾つかの小さな伯領に分割されて931年まで統一されることはなかった。

カスティーリャ編集

(縮小された領域)

ブルゴス編集

そのカスティーリャの獲得はブルゴスと再統一する結果となり、以後は二つの称号は区別されずほぼ同じ意味で使用された。

カスティーリャ及びブルゴス編集

セレソ及びランタロン編集

アラバ編集

ララ家編集

931年フェルナン・ゴンサレスはグティエル・ヌニェス及びアルバロ・エラメリスの継承者に指名されたことで、分割していたカスティーリャ、ブルゴス、アラバ、セレソ、ランタロンを統一し、半自治的な世襲のカスティーリャ伯領とした。

  • フェルナン・ゴンサレス(931年–970年)、ゴンサロ・フェルナンデスの息子。アルバロ・エラメリスの未亡人であるサンチャ・サンチェスと結婚。
    • アンスル・フェルナンデス(Ansur Fernández)(944年–947年)、フェルナンド・アンスレスの息子。後の反乱中にフェルナン・ゴンサレスの対抗馬となる。レオン国王サンチョ1世の義父。
  • ガルシア1世フェルナンデス(García Fernández)(970年–995年)、フェルナン・ゴンサレスの息子
  • サンチョ・ガルシア(Sancho García)(995年–1017年)、ガルシア1世フェルナンデスの息子
  • ガルシア2世サンチェス(García Sánchez)(1017年–1029年)、サンチョ・ガルシアの息子

ヒメノ家編集

サンチョ3世が死ぬと、その息子がガルシア2世サンチェスの姉妹でサンチョ3世の妃であるムニア(ラ・マヨール)により伯として任命された。

カスティーリャ国王編集

ヒメノ家編集

君主 肖像画 綽名 統治の開始 統治の終了 備考
フェルナンド1世   大王 1037年 1065年12月27日 レオン国王を兼ねる
サンチョ2世   強王 1065年12月27日 1072年10月6日  
アルフォンソ6世   勇敢王 1072年10月6日 1109年6月30日 レオン国王を兼ねる
ウラカ     1109年6月30日 1126年3月8日 レオン女王を兼ねる

ボルゴーニャ(ブルゴーニュ)家編集

以下の王朝はウラカの最初の夫ガリシア伯ライムンドの男系子孫である。

君主 肖像画 綽名 統治の開始 統治の終了 備考
アルフォンソ7世   皇帝 1126年3月10日 1157年8月21日 レオン国王を兼ねる
サンチョ3世   強欲王 1157年8月21日 1158年8月31日  
アルフォンソ8世   高貴王 1158年8月31日 1214年10月6日  
エンリケ1世     1214年10月6日 1217年6月7日  
ベレンゲラ   女帝 1217年6月6日 1217年8月30日 最愛の息子であるフェルナンド3世に譲位する; 1246年死去
フェルナンド3世   聖王 1217年8月30日 1252年5月30日 1230年以降はレオン国王を兼ね、以後の王は皆レオン王位を兼位する。
アルフォンソ10世   賢王 1252年5月30日 1284年4月4日 1257年にローマ王に選出され、1275年に放棄するまでこの称号を請求した。
サンチョ4世   勇敢王 1284年4月4日 1295年4月25日  
フェルナンド4世   召集王 1295年4月25日 1312年9月7日  
アルフォンソ11世   正義王 1312年9月7日 1350年3月26日  
ペドロ1世   残酷王 1350年3月26日 1369年3月23日  

カスティーリャ及びレオン王位の請求者編集

ランカスター公ジョン・オブ・ゴーントペドロ1世の娘であるコンスタンスとの結婚を利用してカスティーリャ及びレオンの王号を請求した。ランカスター公は王号を確固とするためロンドンから遠征を強行するなどして幾つかの軍事的行動を起こしたが、成功することはなかった。

トラスタマラ家編集

アルフォンソ11世の庶子であるエンリケ2世に始まり、トラスタマラ公を創立する。

君主 肖像画 綽名 統治の開始 統治の終了 備考
エンリケ2世   庶子王 1369年3月23日 1379年5月29日 1366年から王位を請求
フアン1世     1379年5月29日 1390年10月9日  
エンリケ3世   病弱王 1390年10月9日 1406年12月25日  
フアン2世     1406年12月25日 1454年7月21日  
エンリケ4世   無能王 1454年7月21日 1474年12月11日  
イサベル1世   カトリック女王 1474年12月11日 1504年11月26日 夫のアラゴン国王 フェルナンド2世と共同統治
フェルナンド5世   カトリック王 1475年1月15日 1504年11月26日 en:jure uxoris 王、妻のイサベル1世と共同統治
フアナ   狂女王 1504年11月26日 1555年4月12日 名目上時は夫のフェリペ1世が代行(1504年–1506年)。
幽閉時はフランシスコ・ヒメネス・デ・シスネロス摂政として代行 (1506年–1516年)。
幽閉時は息子のカルロス1世が代行 (1516年–1555年)。

ハプスブルク家編集

君主 肖像画 綽名 統治の開始 統治の終了 備考
フェリペ1世   美王 1506年7月12日 1506年9月25日 en:jure uxoris 王として妻のフアナの半分を統治。
カルロス1世     1516年5月13日 1556年1月16日 母のフアナが幽閉された1555年から共同統治、
1556年に最愛の息子に譲位、1558年9月21日に死去。

以後の君主はスペイン君主一覧を参考のこと。最初にスペイン国王の称号を用いたのはカルロス1世(自身はカスティーリャ、アラゴン以下その他スペインの領邦の王であった)の息子であるフェリペ2世である。それにも係わらず、カスティーリャ王国はスペイン連合王国内部で独自の権利を有し、それはスペイン継承戦争後のボルボーン朝まで続いた。

脚注編集

参考文献編集

  • Barton, Simon. The Aristocracy in Twelfth-Century León and Castile. Cambridge University Press, 1997. Appendix I: "The Counts of Twelfth Century León and Castile", pp. 235–302.

関連項目編集