メインメニューを開く

エル・アル航空1862便墜落事故

エル・アル航空1862便墜落事故 (エル・アルこうくう1862びんついらくじこ、Bijlmer disaster、英語:Bijlmer disaster)は、貨物機が離陸直後に操縦不能に陥り、高層アパートに激突した航空事故である。

エル・アル航空 1862便
Bijlmerramp without link.jpg
事故現場
アパート中央の折れ曲がっていた箇所に墜落した
出来事の概要
日付 1992年10月4日
概要 金属疲労によるエンジン落下に伴う揚力低下
現場 オランダの旗 オランダアムステルダム郊外
乗客数 1
乗員数 3
負傷者数
(死者除く)
11(地上)
死者数 43(地上39名を含む全員)
生存者数 0
機種 ボーイング747-258F
運用者 イスラエルの旗 エル・アル航空
機体記号 4X-AXG
出発地 アメリカニューヨークジョン・F・ケネディ国際空港
経由地 オランダ王国アムステルダムスキポール空港
目的地 イスラエルテルアビブベン・グリオン国際空港
テンプレートを表示
事故機の墜落までの経過。
1. 第3・第4エンジンが脱落。
2. 両エンジンが落下。
3. 機長がメーデーを送信。
4. 副操縦士がエンジンの火災発生を管制官に伝える。
5. 大きく旋回したところで機長がフラップの問題を報告。
6. 操縦不能に陥る。
7. 墜落地点

座標: 北緯52度19分8秒 東経4度58分30秒 / 北緯52.31889度 東経4.97500度 / 52.31889; 4.97500

目次

事故の概略編集

航空機と乗務員編集

 
事故機 (4X-AXG)

機長は元イスラエル空軍のパイロットであり、15,000時間以上の飛行経験を持つベテランだった。また航空機関士もベテランであり、数ヶ月後には定年退職の予定だった。

事故への経緯編集

 
慰霊碑

1992年10月4日オランダ王国アムステルダムスキポール空港から、イスラエルエル・アル航空ニューヨーク発アムステルダム経由テルアビブ行きのボーイング747型貨物機が離陸した。離陸から6分後に、右主翼と第3エンジンを繋ぎとめているピン(ヒューズピン)が金属疲労により破断し、第3エンジンが脱落した。これに巻き添えとなる形で隣の第4エンジンが前縁フラップ諸共脱落し、右両エンジンが失われた。さらに衝撃で右翼の前縁および右側の油圧系統が破壊された。1862便はスキポール空港に引き返そうとしたが、壊れた翼の揚力不足が原因で滑走路にたどり着く前に操縦不能に陥り、異常発生から8分後にアムステルダム郊外のベイルメルメール地区の高層アパートに墜落した。乗員3人乗客1人とアパートの住人39人の、総計43人の犠牲者を出した。

エンジン脱落直後に翼の前縁が破壊されたが、巡航速度であったため辛うじて揚力が確保されていた。しかし着陸態勢に入り速度を落とすと揚力が減少し、右の翼のみが失速し、右旋回しながら墜落した。

機体は右に横倒しになった状態でマンションに激突し、木っ端微塵になった。アムステルダム市が周辺住民の感情に配慮して瓦礫などをゴミ捨て場に運んだため、事故調査ではマンションの瓦礫や配管などと機体の残骸とを選り分けるのが困難であった。幸いにしてフライトデータレコーダーは見つかったが、結局事故現場及び残骸からはコックピットボイスレコーダーは見つからなかった[1]。そのため、パイロット達の状況は空港管制官との通信のみしか残っていないが、副操縦士がエンジンの火災を報告してきたことなどから、パイロット達は最後まで右両エンジンと前縁フラップが脱落したことを知らないまま飛行を続けたと見られる。後にこの火災警報は、エンジンの脱落で主翼が傷付いたことによる火災警報装置の誤報だったと判明した。

積荷は兵器のスペア部品のほかに、サリンの原料となるメチルホスホン酸ジメチル190リットルも含まれていた。また機体にはマスバランスとして劣化ウラン282キログラムが用いられており、周辺住民が健康異常との因果関係を認めるよう訴えているが、オランダ政府は補償要求を却下している。[2][3]

アパートは連なる5区画のうち衝突ゾーンの2区画(約200メートル分)が基礎を残して取り壊され、跡地付近に慰霊碑が建てられている。

類似した航空事故編集

  • 中華航空358便墜落事故 - 本事故の10ヶ月前に発生。事故原因や状況が類似していた。しかし、原因の周知が遅れたことが災いし、本事故を防ぐに至らなかった。
  • アメリカン航空191便墜落事故 - 誤った整備手順が原因で離陸滑走中に左エンジンが脱落し、34秒後に墜落した。本事故と同じくパイロット達の音声記録がほぼなく、パイロット達は最後までエンジンの脱落を知らないまま飛行していたとみられる。

注釈編集

  1. ^ メーデー!:航空機事故の真実と真相』における事故機でのコックピット内の様子は、管制塔との通信と、回収できたフライトデータレコーダー、及び、専門家の分析に基づいた再現が成されている。
  2. ^ Uijt de Haag P.A. and Smetsers R.C. and Witlox H.W. and Krus H.W. and Eisenga A.H. (2000年8月28日). “Evaluating the risk from depleted uranium after the Boeing 747-258F crash in Amsterdam, 1992” (PDF). Journal of Hazardous Materials 76 (1): 39–58. doi:10.1016/S0304-3894(00)00183-7. PMID 10863013. http://www.rivm.nl/bibliotheek/digitaaldepot/risico_uranium_bijlmerramp.pdf 2007年5月16日閲覧。. 
  3. ^ Henk van der Keur (1999年5月). “Uranium Pollution from the Amsterdam 1992 Plane Crash”. Laka Foundation. 2007年5月16日閲覧。

外部リンク編集

映像化編集