メインメニューを開く

エンダーのゲーム (映画)

エンダーのゲーム』(Ender's Game)は、オースン・スコット・カードによる同名の小説を原作とした2013年アメリカ合衆国SFアクション映画である。監督・脚本はギャヴィン・フッドが務め、エイサ・バターフィールドが主人公のエンダー・ウィッギン英語版を演じる。他にハリソン・フォードベン・キングズレーアラミス・ナイトヘイリー・スタインフェルドジミー・ピンチャク英語版ヴィオラ・デイヴィスアビゲイル・ブレスリンが共演する。日本では、映画配給の英語に『Distributed by BUENA VISTA INTERNATIONAL』で表記される作品としては本作が最後である。『ニード・フォー・スピード』以降は『Distributed by WALT DISNEY STUDIOS MOTION PICTURES INTERNATIONAL』が表記される。

エンダーのゲーム
Ender's Game
監督 ギャヴィン・フッド
脚本 ギャヴィン・フッド
原作 オースン・スコット・カード
製作 ロベルト・オーチー
アレックス・カーツマン
ジジ・プリッツカー英語版
リンダ・マクドナフ
ロバート・チャートフ
リン・ヘンディー
オースン・スコット・カード
エド・ウルブリッシュ
製作総指揮 デイヴィッド・コートスワース
デボラ・デル・プレト
ビル・リシャック
テッド・ラヴィネット
ヴェンカテッシュ・ロダム
マンディー・サファヴィ
アイヴィー・チョン
出演者 エイサ・バターフィールド
ヘイリー・スタインフェルド
ベン・キングズレー
ヴィオラ・デイヴィス
アビゲイル・ブレスリン
ハリソン・フォード
音楽 スティーブ・ジャブロンスキー[1]
撮影 ドナルド・マカルパイン
編集 ザック・ステンバーグ
リー・スミス
製作会社 チャートフ・プロダクションズ
テイルスワッパー
オッド・ロット・エンターテインメント
K/Oペーパー・プロダクションズ英語版
デジタル・ドメイン
配給 アメリカ合衆国の旗 サミット・エンターテインメント/ライオンズゲート
日本の旗 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
公開 イギリスの旗 2013年10月25日[2]
アメリカ合衆国の旗 2013年11月1日[2]
日本の旗 2014年1月18日
上映時間 114分[3]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $11,000,000[4]
興行収入 世界の旗 $125,537,191[5]
日本の旗 2億2500万円[6]
テンプレートを表示

目次

キャスト編集

※括弧内は日本語吹き替え

製作編集

企画編集

1985年に『エンダーのゲーム』が出版されて以来、オースン・スコット・カード映画化権英語版アーティスティック・コントロール英語版を保有していた。カードによると、1980年代と1990年にハリウッドのスタジオに売る機会はいくつかあったが、創造性の違いにより断念された[15]。1996年にカードが共同設立したフレスコ・ピクチャーズ英語版の下で彼自身が脚本を書く事となった[16]

2003年に脚本はワーナー・ブラザースに提出され、調整のためにデイヴィッド・ベニオフD・B・ワイスが雇われ、さらにウォルフガング・ペーターゼンが監督に指名された。だがその4年後、カードはそれまでのどの脚本にも基づかない新たな脚本を執筆した[17]

2009年2月、カードはオッド・ロット・エンターテインメントで脚本が完成し、製作チームを集め始めていることを発表した[18]。2010年9月、ギャヴィン・フッドがプロジェクトに着手し、脚本と監督の両方を務めることが発表された[19][20]。2010年11月、カードは映画のストーリーが『エンダーのゲーム』と『エンダーズ・シャドウ』を融合させたものであり、両方の重要な要素に焦点が当てられると述べた[21]。2011年11月28日、ロベルト・オーチーアレックス・カーツマンがプロデューサーを務めることが発表された[22]

2011年4月28日、サミット・エンターテインメントデジタル・ドメインと共に[23]配給権を獲得した[24]。ギャヴィン・フッドは自身が執筆した脚本を使って監督する[19][20]。撮影監督はドナルド・マカルパインが務める[25]。クリエイティブ・プロデューサーはK/Oペーパー・プロダクツのロベルト・オーチーアレックス・カーツマン、ファイナンシャル・プロデューサーはジジ・プリッツカー英語版とリンダ・マクドナフが務める[26]。他に15年以上にわたってカードと共に映画化企画に取り組んでいたチャートフ・プロダクションズのリン・ヘンディー[27]ロバート・チャートフがプロデューサーを務める[7][28]ブリガムヤング大学の新聞『The Universe』のインタビューでカードは自身が初期段階でプロデューサーを務め、脚本は100%フッドのものであると述べた[27]

撮影編集

撮影は2012年2月27日にニューオーリンズで始まった[29][30]

封切り編集

日本では2014年1月18日に全国474スクリーンで公開された。全国映画動員ランキング(興行通信社調べ)では初登場9位で、公開初週の土日2日間で成績は動員5万3,748人、興収6,898万9,350円となった[31]

参考文献編集

  1. ^ Steve Jablonsky Takes Over Scoring Duties on ‘Ender’s Game’”. 2013年1月30日閲覧。
  2. ^ a b IMDb: Release dates for Ender's Game Linked 2013-05-14
  3. ^ ENDER'S GAME (12A)”. E1 Films. British Board of Film Classification (2013年9月30日). 2013年9月30日閲覧。
  4. ^ A Movie Mogul Rising
  5. ^ Ender's Game”. Box Office Mojo (2014年4月3日). 2014年4月3日閲覧。
  6. ^ キネマ旬報」2015年3月下旬号 98頁
  7. ^ a b Sneider, Jeff (2011年11月29日). “Asa Butterfield locks 'Ender's Game'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118046778?categoryid=13&cs=1&cmpid=RSS%7CNews%7CFilmNews 
  8. ^ a b c d e f g h Sneider, Jeff (2011年12月21日). “Harrison Ford locked for Ender's Game: OddLot's sci-fi tentpole gains trio of Oscar nominees”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118047827.html?cmpid=RSS%7CNews%7CFilmNews. 
  9. ^ a b Harrison Ford & Abigail Breslin round-off stellar Ender's Game cast”. 2013年10月15日閲覧。
  10. ^ a b Ender's Game is on track
  11. ^ Viola Davis Joins Cast of Ender's Game Film - Theater News - Feb 2, 2012”. Theatermania.com (2012年2月2日). 2013年3月6日閲覧。
  12. ^ a b c Schaefer, Sandy (2012年2月21日). “'Ender's Game' gains three new cast members”. Christian Science Monitor. 2013年3月6日閲覧。
  13. ^ 'Full movie synopsis released for Ender's Game'”. 2013年10月15日閲覧。
  14. ^ Oliver, Glen "Merrick" (2012年5月17日). “So Orson Scott Card Visited The Set Of The ENDER'S GAME Movie...”. Ain't It Cool News. 2012年5月18日閲覧。
  15. ^ Alicia Lozano (2009年1月5日). “Orson Scott Card and his world of Ender”. Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/2009/jan/05/entertainment/et-card5 2009年3月11日閲覧。 
  16. ^ Paul Cannon (2002年5月13日). “The Game Is Afoot”. IGN. http://movies.ign.com/articles/359/359290p1.html 2009年3月11日閲覧。 
  17. ^ Card Talks Ender's Game Movie”. "IGN Entertainment, Inc." (2007年4月18日). 2009年1月1日閲覧。
  18. ^ Movie production team being assembled”. "Taleswapper, Inc" (2009年2月25日). 2009年3月1日閲覧。
  19. ^ a b Gavin Hood Attached to Ender's Game”. "comingsoon.net" (2010年9月21日). 2010年9月21日閲覧。
  20. ^ a b Zeitchik, Steven (2010年9月20日). “Gavin Hood looks to play 'Ender's Game'”. Los Angeles Times. http://latimesblogs.latimes.com/movies/2010/09/orson-scott-card-enders-game-gavin-hood.html 
  21. ^ Card, Orson Scott (2010年11月3日). “Conversations / Live Q&A: Orson Scott Card”. Washington Post. http://live.washingtonpost.com/orson-scott-card.html#Ender's-Game-Mo 
  22. ^ Kurtzman and Orci Producing 'Ender's Game'”. Slashfilm (2011年1月28日). 2011年4月5日閲覧。
  23. ^ McNary, Dave (2011年4月28日). “Summit plays 'Ender's Game'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118036112 
  24. ^ Gallagher, Brian. “Ender's Game Lands at Summit Entertainment”. MovieWeb. 2013年10月15日閲覧。
  25. ^ Caranicas, Peter (2011年12月13日). “Bookings & signings”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118047424?refCatId=13 
  26. ^ Cieply, Michael (2013年1月14日). “A Movie Mogul Rising”. The New York Times: p. B1. http://www.nytimes.com/2013/01/15/business/media/enders-game-is-a-bet-for-gigi-pritzkers-oddlot-entertainment.html?pagewanted=all 2013年1月24日閲覧。 
  27. ^ a b Lawrence, Bryce (2013年7月16日). “Orson Scott Card: Praise for work of ‘Ender’s Game’ director”. The Digital Universe. Brigham Young University. 2013年10月15日閲覧。
  28. ^ Kurtzman and Orci Producing 'Ender's Game'”. Slashfilm. 2011年4月5日閲覧。
  29. ^ Christine (2012年3月1日). “‘Ender’s Game’ begins filming at the Michoud Assembly Facility in New Orleans”. Onlocationvacations.com. 2013年3月6日閲覧。
  30. ^ Ender's Game Actually Begins Production”. I Am Rogue (2012年2月29日). 2012年3月1日閲覧。
  31. ^ 壬生智裕、「『永遠の0』50億円突破でV5!『黒執事』は4位に初登場!【映画週末興行成績】」(2014年1月21日)、シネマトゥデイ、2014年1月21日閲覧。

外部リンク編集