オイゲン・ウント・イルゼ・ザイボルト賞

オイゲン・ウント・イルゼ・ザイボルト賞(オイゲン・ウント・イルゼ・ザイボルトしょう、ドイツ語: Eugen-und-Ilse-Seibold-Preis)は、日本とドイツ連邦共和国の相互理解と学術振興に特に貢献し、優れた功績をあげた両国の研究者に贈られる賞。名称は、海洋地質学者であるオイゲン・ザイボルト教授とイルゼ・ザイボルト夫人の名前にちなむ。

概要編集

1997年に、オイゲン・ザイボルト教授が旭硝子財団から送られた「ブループラネット賞」の賞金の一部によって設立され、ドイツ研究振興協会(Deutsche Forschungsgemeinschaft)から贈呈される。受賞者は、隔年で日独の研究者から各1名ずつ選ばれ、人文社会科学の分野から選出される回と、自然科学の分野から選出される回が交互に設けられている。受賞者には、副賞として1万ユーロが支給される。財源が尽きたため、2020年度の贈呈が最後となった[1]

歴代受賞者編集

  • 第7回(2009年)
    • 井田良
    • ヴォルフガング・シャモニ

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ Seibold Prize 2020 : Promoting Academic and Cultural Exchange Between Japan and Germany”. DFG (2020年5月18日). 2020年5月26日閲覧。