メインメニューを開く

三島 憲一(みしま けんいち、1942年11月11日 - )は、日本のドイツ哲学者博士人間科学)(大阪大学)。大阪大学名誉教授、ベルリン自由大学名誉博士。

略歴編集

東京府生まれ。栄光学園高等学校卒、1965年東京大学教養学部教養学科ドイツ分科卒業。同大学院比較文学比較文化専攻博士課程中退。1968年、千葉大学専任講師、1973年、助教授。1975年、東京大学教養学部助教授、1987年、学習院大学教授、1991年、大阪大学人間科学部教授。2002年よりフランクフルト大学社会研究所国際理事会理事。2004年、定年退職、東京経済大学教授。2013年定年退任。

2010年に、『ベンヤミン:破壊・収集・記憶』によって大阪大学より博士(人間科学)を授与される[1]

ニーチェ研究者として出発したが、以後、現代ドイツ政治に対する哲学的検討に移行する。1987年、フィリップ・フランツ・フォン・ジーボルト賞受賞、2001年、オイゲン・ウント・イルゼ・ザイボルト賞受賞。2011年、ベルリン自由大学から名誉博士号を与えられる。

日本による対韓輸出優遇撤廃に反対する、<声明>「韓国は「敵」なのか」呼びかけ人の1人[2]

著書編集

  • 『ニーチェ』岩波新書、1987年
  • 『近代をどうとらえるか』河合ブックレット、1989年
  • 『ニーチェとその影 芸術と批判のあいだ』未來社、1990年、講談社学術文庫、1997年
  • 『戦後ドイツ その知的歴史』岩波新書、1991年
  • 『文化とレイシズム 統一ドイツの知的風土』岩波書店、1996年
  • 『ベンヤミン 破壊・収集・記憶』講談社「現代思想の冒険者たち09」、1998年、講談社学術文庫、2010年、岩波現代文庫、2019年
  • 『現代ドイツ 統一後の知的軌跡』岩波新書、2006年
  • 『ニーチェ以後 思想史の呪縛を超えて』岩波書店、2011年 
  • 『ニーチェかく語りき』岩波現代文庫、2016年 

編集編集

翻訳編集

出典編集

参考編集

外部リンク編集