オオアワガエリ(Timothy、Phleum pratense)はヨーロッパ原産のイネ科多年草チモシー・グラス、あるいは単にチモシーとも呼ばれる。

オオアワガエリ
Timothee (Phleum pratense subsp. pratense).jpg
オオアワガエリ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: イネ目 Poales
: イネ科 Poaceae
: アワガエリ属 Phleum
: オオアワガエリ P. pratense
学名
Phleum pratense
L.
和名
オオアワガエリ

特徴編集

やわらかな多年草[1]。ごく短い地下茎があり、多数の茎を束状に出す。草丈は50-100cmで、基部はやや斜めに出る。葉身は線形で長さ20-50cm、幅は3-9mm、扁平で緑から灰緑色、ざらつくが毛はない。花序は茎の先端に生じて、棒状に直立し、長さ6-15cmで幅は7-9mm、その表面には多数の小穂が密生する。

小穂にはごく短い柄がある。小穂は先が広がった三角形で扁平、両端から短い芒が出る。これは同型の第1,第2包穎にあたり、芒の出る背面の中肋は緑でそれ以外は膜質で色が薄い。その内部には小花を一つだけ含む。

カモガヤなどの他のイネ科植物と共に、花粉症の原因となる[2]

分布編集

日本全土に見られる。ユーラシアの原産で、牧草として世界で広く利用される。

近縁種など編集

同属でより小型のアワガエリ P. paniculatum は本州から九州にかつては普通に見られた。またミヤマアワガエリ P. alpinum は本州中部以北の高山帯に生える。

別属だが同じように棒状の花序を直立させるものにスズメノテッポウヌメリグサがある。これらは小穂の構造がはっきり異なる。

利用編集

刈り取って乾燥させ、家畜に与えたり、放牧地用に牧草として栽培される。日本にはアメリカから伝えられ、明治時代初頭に北海道に導入されたのが始まりとされる。アッケシやノサップなどの品種があり、ウサギの餌としても有用であるが、現在は広く野生化している。

なお、名称のチモシーは18世紀初頭にこれをアメリカに導入した Timothy Hansen にちなむものでアメリカで生まれた名である。イギリスでは Cat's tail の名で知られる。

出典編集

  1. ^ 以下、主として長田(1993),p.370
  2. ^ Takagi, Dai; Fukuda, Satoshi; Nakamaru, Yuuji; Inuyama, Yukio; Maguchi, Shiroh; Iizuka, Keiji (2001). “Nasal Allergies in Kushiro.”. Nippon Jibiinkoka Gakkai Kaiho 104 (6): 675–681. doi:10.3950/jibiinkoka.104.675. ISSN 0030-6622. http://joi.jlc.jst.go.jp/JST.Journalarchive/jibiinkoka1947/104.675?from=CrossRef. 

参考文献編集

  • 長田武正 『日本イネ科植物図譜』 平凡社、1993年、増補。ISBN 4-582-50613-5

関連項目編集

外部リンク編集