イネ目(イネもく、Poales)は、単子葉植物の分類群である。ただし、イネ目と訳される分類群には他に Graminales 等があるが、現在はほとんど使われない。

イネ目
US long grain rice.jpg
イネ
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
階級なし : ツユクサ類 commelinids
: イネ目 Poales
学名
Porales
Small

分類編集

APGでは階級のない単子葉植物 (monocots) ツユクサ類 (commelinids) に属する。 APG IVでは以下の科が所属する[1]

系統編集

科の間の系統関係は次のようになる[1]

イネ目

ガマ科 Typhaceae

パイナップル科 Bromeliaceae

ラパテア科 Rapateaceae

トウエンソウ科 Xyridaceae

ホシクサ科 Eriocaulaceae

マヤカ科 Mayacaceae

トゥルニア科 Thurniaceae

イグサ科 Juncaceae

カヤツリグサ科 Cyperaceae

サンアソウ科 Restionaceae

トウツルモドキ科 Flagellariaceae

ジョインビレア科 Joinvilleaceae

エクデイオコレア科 Ecdeiocoleaceae

イネ科 Poaceae


以前の分類体系編集

以下はいずれも歴史的な分類だが、非学術分野では使われることもある。

Graminales新エングラー体系 (1964) で使われ、イネ科 (Gramineae) のみを含む。直訳すると「穀物目」のような意味である(科名も同じ)。

Glumifloraeヴェットシュタイン体系 (Wettstein system) (1935) で使われ、イネ科 (Gramineae) のみを含む。頴花目(えいかもく)とも訳す。

Glumaceaeベンサム&フッカー体系 (Bentham & Hooker system) (1883) で使われ、イネ科 (Gramineae) など5科を含む。

クロンキスト体系編集

クロンキスト体系 (1988) にはイネ目はない。APGでイネ目に属する科は

に分かれて属している。イネ科はカヤツリグサ目に含まれている。

脚注編集

[脚注の使い方]