オタス

オタスの杜

オタスとは樺太敷香町(現・ポロナイスク)にあった先住民集落幌内川敷香川に分れる三角州砂丘地に位置し、敷香市街とは敷香川によって隔てられ島の様な地形となっていた。オタスの杜(オタスのもり)とも。

昭和初期に先住民指定居住地となり、樺太原住民族であるオロッコ(ウィルタ)、ギリヤーク(ニヴフ)、サンダー(ウリチ)、キーリン(エヴェンキ)、ヤクートの5民族の多くが集められた。

1930年(昭和5年)7月にはそこでオタス土人教育所が建設され、1936年(昭和11年)にはオタス神社が竣成された。原住民に対しては日本語教育等が行われたが、アイヌ以外の先住民族は戸籍上は樺太土人として内地人と区別されていた(アイヌも1931年12月までは戸籍上は樺太土人として内地人と区別されていた)。

遺体を放置する風葬などの風俗も残っていた。

出身人物編集

脚注編集


関連項目編集