オペル・グランドランド

オペルのクロスオーバーSUV

グランドランド (Grandland) はドイツの自動車メーカーオペルイギリスではボクスホール)が販売しているCセグメントクロスオーバーSUVである。2015年に販売を終了しているアンタラの事実上の後継車種となる。2021年の改良前までは「グランドランド X (Grandland X)を名乗っていた。

概要編集

オペル・グランドランドX
Opel Grandland X
 
オペル・グランドランドX(フロント)
 
オペル・グランドランドX(リア)
 
オペル・グランドランド(フェイスリフト後)
概要
製造国   フランス
  ナミビア[1]
販売期間 2018年 -
ボディ
乗車定員 5名
ボディタイプ 5ドアワゴン
駆動方式 FWD
プラットフォーム PSA・EMP2プラットフォーム
車両寸法
ホイールベース 2,675mm
全長 4,477mm
全幅 1,844mm
全高 1,636mm
系譜
先代 オペル・アンタラ
テンプレートを表示

2016年11月17日、オペルはCセグメントクロスオーバーの車名を「グランドランドX」とすることを発表[2]。2017年4月19日に概要が発表された[3][4]。正式公開は9月のフランクフルトモーターショーとなる[5]

グランドランドXはモッカXクロスランドXに続くXファミリー(クロスオーバー)の第三の車種であり、クロスランドXに続いて2012年にグループPSAと結んだ業務提携に基いて生まれた車種である。プラットフォームはプジョー・3008DS 7クロスバックシトロエン・C5エアクロスなどと共通のPSAのEMP2プラットフォームを使用し、生産はPSAの工場で行われる見込みである。

ドイツ向けの仕様は、1.2L3気筒直噴ターボ、1.6L4気筒直噴ターボ、2.0L4気筒ディーゼル、1.5L4気筒ディーゼルの4種類[6]。トランスミッションは8速ATを組み合わせるが、一部のモデルでは6速MTも選択できる。

2019年5月、プラグインハイブリッド車の「グランドランドX ハイブリッド4」を発表[7]。駆動方式はガソリンモデルと異なり、四輪駆動となる。パワートレインは1.6Lガソリンターボエンジンに2基のモーターを組み合わせ、300psを発揮する。13.2kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載しEV航続距離は50km、燃費性能は45.5km/L(WLTPモード)を達成した。

2021年7月、オペルの新デザイン言語である「OPEL VISOR(オペル・バイザー)」を採用してフェイスリフト。車名から「X」が取れ、単に「グランドランド」と名乗るようになった。

日本での販売編集

2022年に日本市場でオペルブランドを再展開する[8]際に導入が予定されている[6]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ PSAグループがアフリカ・ナミビアに工場進出 プジョーとオペルのSUVを現地生産へ”. Response. (2018年3月13日). 2020年8月12日閲覧。
  2. ^ Opel Grandland X: New Crossover Model for the Compact Class”. オペル (2016年11月17日). 2017年4月19日閲覧。
  3. ^ The new SUV: Athletic And Adventurous Opel Grandland X”. オペル (2017年4月19日). 2017年4月19日閲覧。
  4. ^ Adrian Padeanu (2017年4月19日). “Opel Grandland X Does A Good Job At Hiding Its Peugeot 3008 Roots”. Motor1.com. 2017年4月19日閲覧。
  5. ^ 「フランクフルトショー2017」の会場から(オペル)”. web CG (2017年9月15日). 2020年8月12日閲覧。
  6. ^ a b 【オペル、日本市場へ再参入】2021年に投入予定の3車種[詳細画像]”. Response. (2020年2月24日). 2020年8月12日閲覧。
  7. ^ かつて日本でも正規輸入されていた「オペル」の最新モデル「グランドランド-Xハイブリッド4」がグローバル市場に登場”. MotorFan (2019年5月15日). 2020年8月12日閲覧。
  8. ^ オペル、PSA傘下で日本再上陸へ”. 日刊自動車新聞 (2019年12月10日). 2020年8月12日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集