メインメニューを開く

オホーツク海縦貫線

北海道の北東の南稚内-網走間を鉄道路線で結ぼうとする構想

オホーツク海縦貫線(オホーツクかいじゅうかんせん)とは、北海道の北東のオホーツク海沿岸、南稚内-網走間を鉄道路線で結ぼうとする構想である。オホーツク本線などと称されたが、現実化しなかった。

オホーツク海沿岸に断続的に敷設されていた鉄道路線の未成区間を建設して、網走と南稚内間約335キロメートルを一本の鉄道路線としようという構想である。1980年代の特定地方交通線廃止の過程で鉄道路線廃止を食い止めるため、沿線自治体から提案された。

この構想が生まれた当時、オホーツク海沿岸には、以下の路線が敷設されていた。

いずれの路線も赤字で経営環境は厳しく特定地方交通線として廃止の俎上に上がっていた。北見枝幸と雄武の間は、興浜線未成区間で、この区間が開通すれば網走から稚内までが鉄道でつながる。このことから、上記路線の沿線自治体は、未成区間を完成させることでオホーツク海側の鉄道を一本化し、直通運転の実施、アクセス向上、観光需要の掘り起こしなどによって経営を改善させ、国鉄路線としての存続もしくは第三セクター化の形での存続を構想した。

1982年10月には「オホーツク本線建設促進期成会」が既存鉄道と未成区間(雄武 - 北見枝幸間)を繋ぐバスを使って網走から稚内まで体験乗車デモを行うなどの活動も見られた。しかし、結果的には未成区間の工事が再開されることはなく、上記5路線は1985年から1989年にかけてすべて廃止された。

なお、構想路線には、網走―東釧路間の釧網本線や、根北線標津線を含める見解もある。釧網本線は網走 - 斜里(現・知床斜里)間でオホーツク海沿岸を通る。根北線は斜里から内陸の根北峠を越えて標津線根室標津へ至る予定線だった。

関連項目編集

脚注編集