メインメニューを開く

オーエンテューダーOwen Tudor1938年 - 1966年)とは、イギリスサラブレッド競走馬である。第二次世界大戦中の1941年エプソムダービーに優勝し、のちに種牡馬としても成功した。

オーエンテューダー
欧字表記 Owen Tudor
品種 サラブレッド
性別
毛色 青鹿毛
生誕 1938年
死没 1966年
Hyperion
Mary Tudor II
母の父 Pharos
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 Catherine Macdonald-Buchanan
馬主 Catherine Macdonald-Buchanan
調教師 Fred Darling
競走成績
生涯成績 13戦6勝
獲得賞金 7,670ポンド
テンプレートを表示

目次

経歴編集

父は名種牡馬ハイペリオン、母はプール・デッセ・デ・プーリッシュ(フランス1000ギニー)やヴェルメイユ賞に勝ったフランスの競走馬メアリーテューダーであった。白斑のない青鹿毛の牡馬で、わずかに膝が曲がっていたという。

1941年にフレッド・ダーリン英語版調教師のもとで競走馬デビューした。初戦となったソールズベリーステークスを快勝し、このほか2戦してボスコーウェンステークスで2着に入っている。この年の2歳牡馬のなかで、オーエンテューダーは第8位に相当するフリーハンデを与えられている。

オーエンテューダーが3歳になった1942年はまさに第二次世界大戦の真っただ中で、主要競走のいくつかは他の競馬場で代替開催されていた。エプソムダービーエプソム競馬場を離れ、ニューマーケット競馬場にて「ニューダービー」という代替競走として施行されていた。オーエンテューダーは単勝26倍の穴馬扱いながらもこれを優勝、祖父ゲインズバラ・父ハイペリオンに続く3代ダービー優勝と成し遂げた。同年はこのほかニューマーケットセントレジャー(代替セントレジャーとは別競走)、コラムステークスに勝っている。

4歳時には同じくニューマーケット競馬場に疎開していたゴールドカップに出走、これに優勝した。この年で引退し、翌年より種牡馬となった。

引退後編集

種牡馬としても多くの活躍産駒を出して成功し、リーディングサイアーにこそならなかったものの、1961年にはフランスの種牡馬ランキングで2位に入っている。

最も代表的な産駒にテューダーミンストレルがいる。同馬はマイル以下の競走で圧倒的な強さを誇り、2000ギニーなどで8勝を挙げた。一方でそれ以上の距離では不可解な敗戦をしたので、後世にはマイラーとして評価されている。同じく短距離路線で活躍した馬で、ジュライカップ連覇などをしたアバーナントもまたオーエンテューダーを代表する産駒である。フランスでもプール・デッセ・デ・プーラン(フランス2000ギニー)やジョッケクルブ賞を制したライトロワイヤルが出ており、同馬はイギリスのキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスで同年の英二冠馬セントパディを破っている。

この他の産駒に、マルセル・ブサック所有のもとでアスコットゴールドカップとカドラン賞を制したエルペノール、アメリカマンノウォーステークスなどに勝ったテューダーイラ、ホワイトローズステークスなどに勝ったテューダーペリオッドらがいる。後継の種牡馬にも恵まれ、一時は日本でもハマノパレードテンメイが出るなど繁栄したが、現在ではテューダーミンストレルの後継がイギリスに残る程度である。

オーエンテューダーは1960年に種牡馬を引退、それから6年後、25歳のときに死亡した。

評価編集

主な勝鞍編集

※当時はグループ制未導入

1940年(2歳) 3戦1勝
ソールズベリーステークス
2着 - ボスコーウェンステークス
1941年(3歳) 7戦3勝
ニューダービー、ニューマーケットセントレジャー、コラムステークス
1942年(4歳) 3戦2勝
ニューマーケットゴールドカップ

血統表編集

オーエンテューダー血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ハイペリオン系
[§ 2]

Hyperion
1930 栗毛 イギリス
父の父
Gainsborough
1915 鹿毛 イギリス
Bayardo Bay Ronald
Galicia
Rosedrop St. Frusquin
Rosaline
父の母
Selene
1919 鹿毛 イギリス
Chaucer St. Simon
Canterbury Pilgrim
Serenissima Minoru
Gondolette

Mary Tudor II
1931 鹿毛 フランス
Pharos
1920 鹿毛 イギリス
Phalaris Polymelus
Bromus
Scapa Flow Chaucer
Anchora
母の母
Anna Bolena
1920 鹿毛 フランス
Teddy Ajax
Rondeau
Queen Elizabeth Wargrave
New Guinea
母系(F-No.) (FN:10-b) [§ 3]
5代内の近親交配 Chaucer 3×4、St.Simon 4・5×5、Bay Ronald 4×5、Cyllene 5×5、Galopin 5・5(父系内) [§ 4]
出典
  1. ^ [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ [1]
  4. ^ [1]


参考文献編集

  • The Encyclopaedia of Flat Racing(1986 著者:Howard Wright、出版:Robert Hale。 ISBN 0-7090-2639-0

脚注編集

  1. ^ a b c 血統情報:5代血統表|Owen Tudor(GB)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年8月9日閲覧。
  2. ^ 小林皓正(編)『サラブレッド血統マップ'93』コスモヒルズ、1993年、18-19頁。

外部リンク編集