メインメニューを開く

カルチャータウン

兵庫県三田市にあるニュータウン

カルチャータウンは、兵庫県三田市にあるニュータウンの一つ。

カルチャータウン
カルチャータウン 街風景
カルチャータウン 街風景
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Hyogo Prefecture.svg 兵庫県
市町村 Flag of Sanda, Hyogo.svg 三田市
等時帯 UTC+9 (JST)
市外局番 079
北摂三田ニュータウン西地区
カルチャータウン
所在地 兵庫県三田市
範囲地域 学園地区
開発規模 150ha
整備主体 兵庫県
事業手法 新住宅市街地開発事業
計画人口 6,000人
現在の人口 2,651人
(2012年10月1日現在)
現在の世帯数 980世帯
(2012年10月1日現在)
最寄駅 神戸電鉄 ウッディタウン中央駅
テンプレートを表示

概要編集

神戸三田国際公園都市の南部・北摂三田ニュータウンのうち、三木市に接する西側の地域に当たる。兵庫県により開発され、計画面積は150ha、計画人口は6,000人で、一部では2012年現在も宅地の造成や分譲が進められている。

タウン圏内の住居表示は「学園」で、1丁目から8丁目まである。中でも特徴的なエリアは「兵庫村」・「ワシントン村」で、兵庫村は日本の伝統的な在来工法によって建築した大型木造住宅、ワシントン村はアメリカの郊外型住宅地をモデルにした木造枠組壁構法(2×4)設計の色とりどりな洋風建物が建ち並んでおり、送電線も道路に埋設され、一部でクルドサック型の道路を導入している。また、緑豊かで整然とした街並みを保全するため、建築物の形態や色彩に規制が設けられているなど、洗練された景観に最大限の配慮がなされている。分譲当初は1億円以上の物件が多くを占め、三田市内でも屈指の高級住宅街となった。

タウン内には関西学院大学(神戸三田キャンパス)や兵庫県立三田祥雲館高等学校があり、広い校庭と近隣風景に溶け込んだ美しい校舎が並ぶ。

交通面では神姫バスが乗り入れており、JR宝塚線新三田駅フラワータウンセンター方面を結ぶ路線を中心に発着する。この他にも、三ノ宮駅神戸空港に向かう特急三ノ宮線もタウン内を経由する。また、関西学院大学や祥雲館高校の学校行事(学園祭など)にあわせて臨時ダイヤが組まれることもある。

施設等編集

 
関西学院大学 神戸三田キャンパス
 
兵庫県立三田祥雲館高等学校

商業施設編集

タウン内にあるのは、2009年6月にオープンした『ファミリーマート 三田カルチャータウン店』のみ。

コンビニエンスストアでは珍しい切妻屋根アイボリー塗りの木造FP工法で建てられ、付近の景観に溶け込む外観が特徴[1]。関西学院大学のすぐ近くに立地しており、一日を通して多くの学生が集う場所の一つとなっている。同店を除けば、基本的に隣接するウッディタウンにある各商店まで足を延ばす必要がある。

過去に同店の南の隣接地に阪急ミニオアシスが営業していたが閉店。跡地には2018年になって兵庫県企業庁が主導して造成された、県内産食品の販売所やレストランを備えた商業施設「三田まほろばブレッツァ」がオープンしたが、周辺のスーパーマーケットに太刀打ちできず開店から1年で運営を受託した業者が撤退し一時閉店となった(10月に新しい受託業者により再オープン予定)[2]

学校編集

公園編集

  • 学園西公園
  • 学園東公園

その他周辺施設・道路編集

公共交通機関編集

鉄道編集

バス編集

脚注編集

関連項目編集