メインメニューを開く

ウッディタウン

兵庫県三田市にあるニュータウン

ウッディタウンは、兵庫県三田市にあるニュータウンの一つ。

ウッディタウン
ウッディタウン 街風景
ウッディタウン 街風景
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Hyogo Prefecture.svg 兵庫県
市町村 Flag of Sanda, Hyogo.svg 三田市
等時帯 UTC+9 (JST)
市外局番 079
北摂三田ニュータウン中央地区
ウッディタウン
所在地 兵庫県三田市
範囲地域 すずかけ台・あかしあ台・けやき台・ゆりのき台
開発規模 598ha
整備主体 旧住宅都市整備公団
事業手法 新住宅市街地開発事業
計画人口 48,000人
現在の人口 32,996人
(2012年10月1日現在)
現在の世帯数 11,324世帯
(2012年10月1日現在)
最寄駅 神戸電鉄 南ウッディタウン駅
ウッディタウン中央駅
テンプレートを表示

目次

概要編集

 
ウッディタウン街開き時のキャラクターWOODY CHAN(新三田駅前に埋め込まれたローレリーフ)

神戸三田国際公園都市の南部・北摂三田ニュータウンのうち、フラワータウンに続き2番目に開発が進められた地域。独立行政法人都市再生機構により、1970年(昭和45年)に計画が決定され、1987年(昭和62年)に街開きした。開発面積は三田市のニュータウンでは最大である。

「すずかけ台」、「あかしあ台」、「けやき台」、「ゆりのき台」の4地区からなり、計画人口は48,000人を想定しているが、2011年現在でも一部で宅地開発が進んでいる。戸建住宅が多く、整然と並ぶ街路樹や整備されている広い市道、大きな公園が点在しており、趣向をこらした住居なども多く、緑豊かな住宅地大阪神戸ベッドタウンである。

1996年(平成8年)3月には、神戸電鉄公園都市線フラワータウン駅から延伸し、南ウッディタウン駅ウッディタウン中央駅が新設された。これにより、JR宝塚線と接続する三田駅とは約10分で結ばれ、大阪方面へのアクセスが改善。ニュータウン内はもとより、三田市全体の人口増加にもつながった。ただし、それ以前から乗り入れている神姫バスで一つ隣の新三田駅に出て大阪方面へ向かう住民もいる(同駅からの始発列車が多く、着席しやすいため。同駅から大阪駅までは快速列車で約45分)。

各地区を取り囲むように環状の道路が通っており、中国自動車道神戸三田インターチェンジ舞鶴若狭自動車道三田西インターチェンジといった高速道路や、隣接するカルチャータウンなどへのアクセスに使われる。

両駅の開業にあわせ、駅前には大規模なショッピングセンターや主要な道路沿い専門店が次々と建てられ、ウッディタウン中央駅の北にはホテルも誕生している(神戸三田ホテル。当時は『神戸三田新阪急ホテル』)。

主な施設編集

 
イオンシネマ
 
駒ヶ谷運動公園体育館
 
蒸気機関車・D51 25(はじかみ池公園に静態保存
 
平谷川と三田ホテル

商業施設編集

公園編集

学校編集

その他編集

道路編集

公共交通機関編集

関連項目編集

外部リンク編集