カレブ・ユアン(Caleb Ewan、1994年7月11日 - )は、オーストラリアニューサウスウェールズ州シドニー出身の自転車競技ロードレース)選手。韓国移民2世の母とオーストラリア人の父との間に生まれた韓国系オーストラリア人[1]。「ケイレブ・ユアン」「カレブ・イワン」などと表記されることもある。

Caleb Ewan
カレブ・ユアン
Cycling (road) pictogram.svg
2018 Tour of Britain stage 8 - stage winner Caleb Ewan.JPG
個人情報
本名 Caleb Ewan
カレブ・ユアン
愛称 ポケット・ロケット
生年月日 (1994-07-11) 1994年7月11日(26歳)
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
身長 165cm
体重 61kg
チーム情報
所属 ロット・ソウダル
分野 ロードレース&トラックレース
役割 選手
特徴 スプリンター
アマ所属チーム
2013–2014
ジャイコ・AIS ワールドツアーアカデミー
プロ所属チーム
2014-2018
2019-
オリカ・グリーンエッジ
ロット・ソウダル
グランツール最高成績
主要レース勝利
ツール・ド・フランス 区間通算5勝
ジロ・デ・イタリア 区間通算5勝
ブエルタ・ア・エスパーニャ 区間通算1勝
ツアー・ダウンアンダー
 Jersey red.svgポイント賞(2017)
 区間通算9勝
サイクラシックス・ハンブルク(2016)
アブダビ・ツアー 区間1勝
UAEツアー 区間通算3勝
ツール・ド・ポローニュ 区間優勝
オーストラリアの旗 オーストラリア選手権
 U23ロードレース(2014)
 クリテリウム(2016, 2017)
最終更新日
2021年5月31日

経歴編集

自転車競技の経歴は10歳のころから始まり、2010年にナショナルジュニアロードレースでチャンピオンになり、次年にはジュニアトラック世界選手権オムニアムで優勝した。

2013年からJayco-AIS World Tour Academyに所属し、2014年にはオリカ・グリーンエッジに迎えられた。ナショナルU23ロードレースで優勝し、世界選手権U23ロードレースでは2位の成績を残した。

プロレースでの初勝利は2015年のヘラルド・サンツアー第2、3ステージ。翌月にはHCクラスのツール・ド・ランカウイで総合リーダージャージに袖を通し、最終的に区間2勝とポイント賞を獲得した。その年のブエルタ・ア・エスパーニャでは第5ステージで優勝し、見事なグランツールデビューとワールドツアー初勝利を飾った。プロ初年度には11勝を獲得した[2]

 
2019年ツール・ド・フランスにて

2016年はツアー・ダウンアンダーで2勝、ヘラルドサン・ツアーで1勝を挙げた。グランツールの一つであるジロ・デ・イタリアに初出場。

2017年、シーズン開幕戦のツアー・ダウンアンダーにて、全てのスプリントステージで勝利し、ステージ4勝を挙げた[3]ジロ・デ・イタリアではクイックステップ・フロアーズフェルナンド・ガビリアの前に苦戦するも第7ステージで勝利。

2019年、ロット・ソウダルに移籍。ジロ・デ・イタリアでステージ2勝を挙げる。好調を維持したままツール・ド・フランスに初出場。第11ステージで集団スプリントを制し、全グランツールでのステージ勝利を達成した[4]。第16ステージでも集団スプリントを制し、大会2勝目[5]。第21ステージ、シャンゼリゼでのスプリントも制し、大会最多勝となる3勝目を挙げた[6]

2020年、ツール・ド・フランスでも第3、11ステージで勝利を挙げた。

2021年、ジロ・デ・イタリア第5ステージで勝利。

特徴編集

21歳という若さでありながら、グランツール初勝利を挙げた期待の新星。登りスプリントでデゲンコルブペーター・サガンを引き離したことがあるほどの実力を持つ。[7]

165cmの小柄な体躯から繰り出される異様に低いライディングフォームはマーク・カベンディッシュを彷彿させ[8]、そのスプリント姿から「ポケットロケット」とも呼ばれている。

主な戦歴編集

2014年編集

2015年編集

2016年編集

2017年編集

2018年編集

2019年編集

2020年編集

2021年編集

脚注編集

  1. ^ Caleb Ewan claims first victory in mother’s native Korea Velo News
  2. ^ http://www.greenedgecycling.com/team/caleb-ewan
  3. ^ サントス・ツアー・ダウンアンダー2017第6ステージ ユアンが圧巻の4勝目でダウンアンダー閉幕 ポートが初の総合優勝
  4. ^ ピレネー突入前の大集団スプリント フルーネウェーヘンを下したユアンが初勝利
  5. ^ 『ポケットロケット』ユアンが灼熱の集団スプリントで今大会2勝目をマーク
  6. ^ ユアンがシャンゼリゼでハットトリック達成 ベルナルが第106代ツール覇者に
  7. ^ 21歳イワンがグランツール初勝利 ドゥムランが1秒差でマイヨロホ獲得
  8. ^ オリカ・グリーンエッジが絶好のシーズンイン ジャイアント・アルペシンの選手は次々に手術

外部リンク編集