メインメニューを開く

分布編集

日本に生息。岐阜県栃木県熊本県などの河川に生息し、日本海側の河川からは発見されていない[1]。渓流の岩石に着生して生活するが生息数は少なく[1]、日本では絶滅危惧種に指定されている。

生態編集

アオサのような緑色のうすい葉状体を形成し、長さはおよそ10-20cm[1][2]。主に無性生殖で繁殖するが、接合子をつくり有性生殖する例も知られている[2]遊走子はもたない[2]

利用編集

夏から秋にかけて採集され、川海苔として食用にされる[1]。産地の河川名を頭につけて呼ばれることもあり、大谷川のり、桂川のり、菊池のり[1]芝川のりなどと呼ばれる川海苔が存在する。なお懐石料理の高級食材としても使われる水前寺のりは、植物ではなく、藍藻(シアノバクテリア)に分類される食用の念珠藻の一種である。

脚注編集

  1. ^ a b c d e 加藤信子 (1998)「カワノリPrasiola japonica YATABEのステロールおよび脂肪酸組成」東海女子短期大学紀要 24 pp.63-67
  2. ^ a b c 小泉源一(1932)「故矢部吉禎氏: カハノリの有性生殖」植物分類・地理 1(3) pp.269-270

関連項目編集