メインメニューを開く

カーネル・レイク(Carnell Lake 1967年7月15日- )はユタ州ソルトレイクシティ出身のアメリカンフットボール選手。NFLピッツバーグ・スティーラーズなどで1989年から2001年までプレーした。ポジションは主にストロングセイフティコーナーバック。現在、スティーラーズのディフェンシブバックコーチを務めている。

No image.svg カーネル・レイク American football pictogram.svg
Carnell Lake
基本情報
ポジション ストロングセイフティ
生年月日 (1967-07-15) 1967年7月15日(52歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ユタ州ソルトレイクシティ
身長 6' 1" =約185.4cm
体重 213 lb =約96.6kg
経歴
大学 UCLA
NFLドラフト 1989年 / 2巡目全体34位
初出場年 1989年
初出場チーム ピッツバーグ・スティーラーズ
所属歴

受賞歴・記録

  • プロボウル選出5回:(1994年-1997年、1999年)
  • オールプロファーストチーム選出1回(1997年)
  • オールプロセカンドチーム選出3回(1994年、1995年、1999年)
  • AFC最優秀守備選手(1997年)
  • NFL1990年代オールディケイドチーム
  • ジョー・グリーン・グレートパフォーマンス賞(1989年)
NFL 通算成績
タックル 826回
インターセプト 16回
サック 25回
Player stats at NFL.com
Player stats at PFR

経歴編集

プロ入りまで編集

カリフォルニア州カルバーシティの高校に通った。高校卒業後、UCLAに進学し、1985年から1988年までプレーした。1986年から1988年まで3シーズン、アウトサイドラインバッカーとして先発した[1]

3年次の1987年には、パシフィック・テン・カンファレンス最多の13サックをあげてカンファレンスのファーストチーム、オールアメリカンのセカンドチームに選ばれた。4年次の1988年には、78タックル(12.5ロスタックル)をあげて、オールアメリカンのファーストチームに選ばれた。この年、ディック・バトカス賞、ロンバルディ賞のセミファイナリストにも残った。大学通算では、歴代1位の45.5ロスタックル、歴代4位の25,5サックをあげた[1]

2000年にUCLA殿堂入りを果たしている[2]

NFL編集

1989年NFLドラフト2巡34位でピッツバーグ・スティーラーズに指名された[1]。1年目から全16試合中15試合に先発し、チームトップの5ファンブルリカバーをあげた。

1995年シーズンには、長期欠場したロッド・ウッドソンの代わりにコーナーバックを務め[3]第30回スーパーボウルに出場している。

1997年シーズンMVPの選考でスポーツ・イラストレイテッドのピーター・キングに投票された。その選考では、バリー・サンダースブレット・ファーヴと同票を獲得した[4]

スティーラーズには1998年まで10シーズン在籍し、チーム4位の16ファンブルリカバー、同じくチーム4位の16インターセプトをあげている[2]。この間チームはプレーオフに6回出場、AFC中地区優勝5回を数えた[1]

1998年シーズン終了後、フリーエージェントとなった彼は、1992年から1995年までスティーラーズで守備コーディネーターを務めたマービン・ルイスが守備コーディネーターを務めているジャクソンビル・ジャガーズと契約を結んだ[5]この年、チームはプレーオフに進出し、翌年1月15日のマイアミ・ドルフィンズとのプレーオフでは、スクリーンパスを受けたJ・J・ジョンソンからボールを奪った[6]。ジャガーズは、AFCチャンピオンシップゲームテネシー・タイタンズに敗れ、2度目のスーパーボウル第34回スーパーボウル)出場はならなかった[1]

2000年は、左足の疲労骨折のためシーズンを全休した[7][8]

2001年9月初め、ジャガーズから解雇され、その後前年のスーパーボウルチャンピオンのボルチモア・レイブンズと契約を結んだ[7]。そのシーズンを最後に現役を引退した[1]

現役通算では25サック、16インターセプト、17ファンブルリカバー、5タッチダウンを記録している。

コーチ歴編集

2009年1月に母校、UCLAのアシスタントコーチに就任したが、家庭の事情を理由として2010年2月に退任した[9]

第45回スーパーボウル終了後にアリゾナ・カージナルスのディフェンスコーディネーターに就任するため退団した、レイ・ホートンの代わりとして、2011年3月7日、ピッツバーグ・スティーラーズのディフェンシブバックコーチに就任した[2][10][11]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f PROFILE”. UCLAブルーインズ. 2013年6月12日閲覧。
  2. ^ a b c Steelers Hire Lake as Defensive Backs Coach”. ピッツバーグ・スティーラーズ (2011年3月7日). 2013年6月12日閲覧。
  3. ^ Jason Cole (1996年1月26日). “That Xxx-tra Dimension”. サン・センティネル. 2013年6月13日閲覧。
  4. ^ ピーター・キング (2009年12月4日). “The Game Plan (cont.)”. スポーツ・イラストレイテッド. 2013年6月12日閲覧。
  5. ^ Ravens-Jaguars key matchup”. ボルチモア・サン (199-11-14). 2013年6月12日閲覧。
  6. ^ Jacksonville 62, Miami 7”. スポーツ・イラストレイテッド (2000年1月16日). 2013年6月13日閲覧。
  7. ^ a b N.F.L.: ROUNDUP; Ravens Sign Lake At Safety”. ニューヨーク・タイムズ (2011年9月11日). 2013年6月12日閲覧。
  8. ^ スティーラーズ、Sローガンを獲得”. NFL JAPAN (2001年). 2013年6月12日閲覧。
  9. ^ UCLA assistant Carnell Lake resigns”. bleacherreport.com (2010年2月22日). 2013年6月12日閲覧。
  10. ^ Gerry Dulac (2011年3月2日). “Steelers interview Carnell Lake for secondary coach job”. ピッツバーグ・ポスト=ガゼット. 2013年6月12日閲覧。
  11. ^ スティーラーズ、プロボウル4回のOBをコーチに招へい”. NFL JAPAN (2011年3月8日). 2013年6月12日閲覧。

外部リンク編集