メインメニューを開く

キムラ 真(きむら まこと、1981年7月17日 - )は、日本脚本家演出家俳優[1]ナイスコンプレックス主宰。宮城県出身、北海道育ち。

目次

経歴編集

  • 2005年、水性音楽入団。以降、2006年の解散まで全作品に出演。
  • 2007年、ナイスコンプレックス旗揚げ。以降、ほぼ全作品の脚本・演出を担当し、ときどき出演。
  • 2012年、極上文學「銀河鉄道の夜」を皮切りに劇団外の作品への演出活動を開始。演出としての主な作品に「極上文學」シリーズ、「PERSONA3 the WM」シリーズ、「SOUND THEATRE」シリーズ、「それいけ!アンパンマンミュージカル」などがある。

人物編集

  • 趣味、特技:格闘技全般、卓球、接客
  • 資格・免許:自転車とバイク(大型)

エピソード編集

  • インタビューやツイッターで何度かあんかけ焼きそばへの愛を語っている[2][3]
  • 演劇を始めたきっかけは、大学で演劇・バンド・ボランティアをサークルで同時に始めて、最後までキムラに優しかったのが演劇だったため[4]。脚本家としての活動のきっかけは、学生時代にテレビで後藤ひろひとの「人間風車」「ダブリンの鐘つきカビ人間」観て、キムラ自身の好きな作風だと感じたこと[5]

脚本作品編集

  • 2007年
    • ナイスコンプレックスN1「カナリヤ亡く夜」- 脚本、演出(2007年6月:高円寺明石スタジオ)
    • ナイスコンプレックスN2「何苦楚ラフ」- 脚本、演出(2007年11月:高円寺明石スタジオ)
  • 2008年
    • ナイスコンプレックスN3「たぐり寄せるジェンガ」- 脚本、演出(2008年3月:阿佐ヶ谷かもめ座)
    • ナイスコンプレックスN4「来ずトレイン末つジャック」- 脚本、演出(2008年4月18日〜20日:高円寺明石スタジオ)
    • ナイスコンプレックスN5「あ罵羅ボ〜ン」- 脚本、演出(2008年7月9日〜7月13日:シアター風姿花伝)
    • ナイスコンプレックスN6「八日目」- 脚本、演出(2008年10月29日〜11月3日:Space雑遊)
  • 2009年
    • ナイスコンプレックスN7「青春の握りこぶし」- 脚本、演出(2009年3月:高円寺明石スタジオ)
    • ナイスコンプレックスN8「カナリヤ亡く夜(再演)」- 脚本、演出(2009年9月3日〜7日:阿佐ヶ谷アルシェ)
    • ナイスコンプレックスN9「ナイスコンプレックス」- 脚本、演出(2009年11月25日〜29日:阿佐ヶ谷アルシェ)
  • 2010年
    • ナイスコンプレックスN10「キスより素敵な手を繋ごう」「追憶と記憶」- 脚本、演出(2010年3月24日〜29日:阿佐ヶ谷アルシェ)
    • ナイスコンプレックスN11「来ずトレイン末つジャック(再演)」- 脚本、演出(2010年6月9日〜14日:阿佐ヶ谷アルシェ)
    • ナイスコンプレックスN12「サバイバーズ・ギルト」- 脚本、演出(2010年11月23日〜28日:Geki地下Liberty)
  • 2011年
    • ナイスコンプレックスN13「ゲズンハイト〜お元気で〜」[6] - 脚本、演出(2011年4月20日〜24日:Geki地下Liberty)
    • ナイスコンプレックスN14「キスより素敵な手を繋ごう(再演)」「追憶と記憶(再演)」「メロウ」- 脚本、演出(2011年8月12日〜16日:サンモールスタジオ)
    • ナイスコンプレックスN15「ナイスコンプレックス(再演)」- 脚本、演出(2011年11月:ウェストエンドスタジオ、12月:扇谷記念スタジオ・シアターZOO)
  • 2012年
    • ナイスコンプレックスN16「キミが読む物語」[7] - 脚本、演出、出演(2012年4月6日〜10日:サンモールスタジオ)
    • ナイスコンプレックスN17「ワチャゴナドゥ」[8] - 脚本、演出、出演(2012年7月12日〜16日:サンモールスタジオ)
    • ナイスコンプレックスN18「ゲズンハイト〜お元気で〜」[9] - 脚本、演出(2012年10月5日〜8日:ぽんプラザホール、11月1日〜4日:扇谷記念スタジオ・シアターZOO、11月22日〜12月2日:サンモールスタジオ)
  • 2013年
    • ナイスコンプレックスN19「斜い人(はすいひと)」[10] - 脚本、演出、出演(2013年5月2日〜8日:サンモールスタジオ)
    • ナイスコンプレックスN20「オレンジの迷信行動」[11] - 脚本、演出、出演(2013年8月9日〜18日:サンモールスタジオ)
  • 2014年
    • ナイスコンプレックス道東「ナイスコンプレックス」[12] - 脚本、演出(1月:音更町、2月:釧路市)
    • ナイスコンプレックスN21「サバイバーズ・ギルト」[13] - 脚本、演出(5月8日〜11日:下北沢駅前劇場
  • 2015年
    • ナイスコンプレックスN22「鬼のぬけがら」[14] - 脚本、演出、出演(1月21日〜26日:OFF・OFFシアター(下北沢)
    • ナイスコンプレックスN23「よみ人シラズ」[15] - 脚本、演出(9月9日〜14日:吉祥寺シアター
  • 2016年
    • ナイスコンプレックスN24「キミが読む物語(再演)」[16][17] - 脚本、演出(2月24日〜29日:池袋あうるすぽっと
    • 第7回せんがわ劇場演劇コンクール ナイスコンプレックス「かぜがふいた」[18] - 脚本、演出、出演(7月10日:調布市せんがわ劇場
    • ナイスコンプレックスN25「かぜのゆくえ」[19] - 脚本、演出(8月10日〜14日:中野ザ・ポケット)
    • ナイスコンプレックスN26「ゲズントハイト〜お元気で〜」(再々演)[20] - 脚本、演出(2016年10月26日〜30日:東京芸術劇場 シアターイースト)
  • 2017年
    • ナイスコンプレックスN27「キスより素敵な手を繋ごう」(再々演)[21] - 脚本、演出(2017年02月22日〜26日:あうるすぽっと)
    • ナイスコンプレックスN28「ナイスコンプレックス」(再々々演)[22] - 脚本(2017年4月20日〜23日:せんがわ劇場)
  • 2018年
    • ナイスコンプレックスN29「YAhHoo!!!!」- 脚本、演出(2018年04月25日〜29日:池袋BIG TREE THEATRE)

演出作品編集

  • 2012年
  • 2013年
  • 2014年
    • CLIE,MAG.net/Andem 極上文學6th「ドグラマグラ」[27](6月26日〜29日:紀伊國屋ホール、7月11日〜13日:紀伊国屋サザンシアター)
    • CLIE,P3 the WM Project/アプル「PERSONA3 the WM〜群青の迷宮〜」[28](9月16〜23日:@シアター1010)
    • CLIE,MAG.net/Andem 極上文學7th「走れメロス」[29](12月3日〜7日:草月ホール、12月27日〜28日:大阪ビジネスパーク円形ホール)
  • 2015年
    • CLIE,MAG.net/Andem 極上文學8th「草迷宮」[30](3月18日〜24日:紀伊国屋ホール、4月10日〜12日:梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ)
    • CLIE,P3 the WM Project/アプル PERSONA3 the WM〜蒼鉛の結晶〜[31](6月5日〜13日:シアターGロッソ)
    • CLIE,MAG.net/Andem 極上文學9th「高瀬舟・山椒大夫」[32](10月9日〜18日:CBGKシブゲキ!!、10月24日〜25日:大阪ビジネスパーク円形ホール)
    • 劇王東京II ナイスコンプレックス「可哀想な姉」[33](2015年12月26日:新宿シアター・ミラクル)
  • 2016年
    • 舞台「のぶニャがの野望 幸村と五輪の剣」(2月3日〜2月7日:全労済ホール/スペース・ゼロ)[34]
    • 舞台「龍狼伝 第二章」[35](4月6日〜10日:シアター1010)
    • CLIE,MAG.net/Andem 極上文學10th「春琴抄」[36](6月16日〜19日:全労済ホール/スペース・ゼロ、6月26日〜26日:大阪ビジネスパーク円形ホール)
    • 朗読劇「チア男子!!」[37](10月1日〜2日:千葉県 舞浜アンフィシアター
    • CLIE,MAG.net 極上文學11th「人間椅子/魔術師」(2016年冬:全労済ホール/スペース・ゼロ、近鉄アート館
  • 2017年
    • CLAMP×SOUND THEATRE xxxHOLIC(1月28日〜29日:豊洲PIT)
    • 『PERSONA3 the Weird Masquerade』第4章『藍の誓約』、『PERSONA3 the Weird Masquerade』最終章『碧空の彼方へ』(4月14日〜23日:東京ドームシティ シアターGロッソ)
    • 舞台「黒薔薇アリス」(5月12日〜21日:Zeppブルーシアター六本木)
    • 舞台「止まれない12人」(8月30日〜9月3日:シアターサンモール)
    • 舞台「逆転検事〜逆転のテレポーテーション〜」(11月2日〜7日:全労済ホール/スペースゼロ)
  • 2018年
    • SOUND THEATRE × 夏目友人帳(1月6日:東京国際フォーラムA)
    • それいけ!アンパンマンミュージカル「まもれ!黄金の炎」(全国ツアー)
    • 極上文學12th「よだかの星/風の又三郎」(3月8日〜13日:紀伊國屋ホール)

外部リンク編集

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ キムラ真プロフィール”. ナイスコンプレックス. 2015年12月13日閲覧。
  2. ^ 劇団ナイスコンプレックスの「主宰キムラ真さん」のインタビュー”. ウルトラムービー日記. 2015年12月13日閲覧。
  3. ^ 2015年12月8日のTweet”. キムラ真. 2015年12月13日閲覧。
  4. ^ コンクール直前インタビュー!(4)ナイスコンプレックス”. せんがわ劇場. 2016年7月10日閲覧。
  5. ^ 劇団紹介☆ナイスコンプレックス(facebook)”. 劇王東京Ⅱ. 2015年12月26日閲覧。
  6. ^ N13ゲズンハイト ダイジェスト版”. ナイスコンプレックス. 2015年12月6日閲覧。
  7. ^ N16「キミが読む物語」”. ナイスコンプレックス. 2015年12月6日閲覧。
  8. ^ N17「ワチャゴナドゥ」”. ナイスコンプレックス. 2015年12月6日閲覧。
  9. ^ N18「ゲズンハイト〜お元気で〜」”. ナイスコンプレックス. 2015年12月6日閲覧。
  10. ^ N19「斜い人」”. ナイスコンプレックス. 2015年12月6日閲覧。
  11. ^ N20「オレンジの迷信行動」”. ナイスコンプレックス. 2015年12月6日閲覧。
  12. ^ N21「ナイスコンプレックス」”. ナイスコンプレックス. 2015年12月6日閲覧。
  13. ^ N21「サバイバーズ・ギルト」”. ナイスコンプレックス. 2015年12月6日閲覧。
  14. ^ N22「鬼のぬけがら」”. ナイスコンプレックス. 2015年12月6日閲覧。
  15. ^ N23「よみ人シラズ」”. ナイスコンプレックス. 2015年12月6日閲覧。
  16. ^ N24「キミが読む物語」”. ナイスコンプレックス. 2015年12月6日閲覧。
  17. ^ N24「キミが読む物語」”. CoRich. 2015年12月10日閲覧。
  18. ^ 第7回せんがわ劇場演劇コンクール”. せんがわ劇場. 2016年6月29日閲覧。
  19. ^ N25「かぜのゆくえ」”. ナイスコンプレックス. 2016年6月29日閲覧。
  20. ^ N26「ゲズントハイト〜お元気で〜」”. ナイスコンプレックス. 2016年7月9日閲覧。
  21. ^ N27「キスより素敵な手を繋ごう」”. ナイスコンプレックス. 2017年1月10日閲覧。
  22. ^ N28「ナイスコンプレックス」”. ナイスコンプレックス. 2017年2月13日閲覧。
  23. ^ 銀河鉄道の夜”. MAG.net. 2015年12月13日閲覧。
  24. ^ 夢十夜”. MAG.net. 2015年12月13日閲覧。
  25. ^ 藪の中”. MAG.net. 2015年12月13日閲覧。
  26. ^ Kの昇天~或いはKの溺死”. MAG.net. 2015年12月13日閲覧。
  27. ^ ドグラマグラ”. MAG.net. 2015年12月13日閲覧。
  28. ^ PERSONA3 the WM~群青の迷宮~”. CLIE. 2015年12月13日閲覧。
  29. ^ 走れメロス”. MAG.net. 2015年12月13日閲覧。
  30. ^ 草迷宮”. MAG.net. 2015年12月13日閲覧。
  31. ^ PERSONA3 the WM~蒼鉛の結晶~”. CLIE. 2015年12月13日閲覧。
  32. ^ 高瀬舟・山椒大夫”. MAG.net. 2016年2月25日閲覧。
  33. ^ ナイスコンプレックス「可哀想な姉」”. 劇王東京Ⅱ. 2015年12月6日閲覧。
  34. ^ 舞台「のぶニャがの野望 幸村と五輪の剣」”. コーエーテクモゲームス. 2015年12月13日閲覧。
  35. ^ 舞台「龍狼伝」続編の制作決定!2016年4月にシアター1010で開幕”. コミックナタリー. 2016年3月5日閲覧。
  36. ^ 春琴抄”. MAG.net. 2016年2月25日閲覧。
  37. ^ 朗読劇「チア男子!!」”. ステージナタリー. 2016年6月29日閲覧。