キム・ジヨン

韓国の柔道選手

キム・ジヨン(Kim Ji-Youn、 1989年11月20日 - )は韓国柔道選手。階級は78kg超級[1][2]

獲得メダル
大韓民国の旗 大韓民国
柔道
ユニバーシアード
2011 深圳 無差別
2015 光州 無差別
2017 台北 無差別
世界ジュニア
2008 バンコク 78kg超級

経歴編集

2007年のアジアジュニア78kg超級で3位になった[2]。2008年の世界ジュニアでは準決勝で田知本愛に合技で敗れて3位だった[2]。2011年のユニバーシアード無差別で優勝すると、地元で開催されたワールドカップ・スウォンでも優勝した[2]。2012年には東アジア選手権ワールドカップ・ウランバートルでも優勝するが、より活躍していた金誽永がいたためにロンドンオリンピックには出場できなかった[1]。2013年のグランドスラム・パリでは3位になった[1]。2014年に地元で開催されたグランプリ・チェジュIJFワールド柔道ツアー初優勝を飾った[3]。2015年には地元で開催されたユニバーシアード無差別で優勝した[2]。2016年にはグランプリ・デュッセルドルフで3位、グランプリ・サムスンで優勝するが、リオデジャネイロオリンピックにはより活躍していた金珉程がいたために出場できなかった[1]。2017年のユニバーシアードでは無差別決勝で井上あかりに反則負けして、今大会3度目の優勝はならなかった[2]

主な戦績編集

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注編集

外部リンク編集