メインメニューを開く

IJFワールド柔道ツアー(IJF World Judo Tour)[1]とは、国際柔道連盟(IJF)が2009年1月から施行する柔道国際大会。以前はIJFグランプリシリーズと呼ばれていた。

概要編集

世界選手権(シニア、ジュニア、カデ及び無差別)、ワールドマスターズ(世界ランキング上位16名のみに出場資格が与えられる大会)、グランドスラム(フランスアゼルバイジャンロシアUAE、ドイツ、日本で行われる6大会)、グランプリ(グランドスラムに次ぐ大会。ハンガリーなどで行われる約10大会)の各大会が、IJFによる世界ランキング対象のワールド柔道ツアーに含まれる(カデ及び無差別の世界選手権はシニアの世界ランキング対象外の大会となる)[2]オリンピックは世界ランキング対象大会となるが、IOC主催なのでIJFのワールド柔道ツアーには含まれない。また、大陸選手権及びコンチネンタルオープンも世界ランキング対象大会となるが、各大陸連盟主催のためワールド柔道ツアーには含まれない。各大会の成績によってポイントが選手個人に与えられる(国ではない)。オリンピックの出場権はこのポイントによって決定される。また、ジュニア(15歳以上20歳以下)とカデ(15歳以上17歳以下)を対象にしたワールド柔道ツアーもあり、そこでの成績がジュニア及びカデの世界ランキングに反映される。なお、IJFワールド柔道ツアーの場合、エントリーの締め切りは大会の3週間前までとなる[3]。各大会のポイントの詳細についてはランキング制 (柔道)を参照。マリウス・ビゼールがIJF会長就任後の2007年9月に構想を発表したもので、2008年10月のIJF理事会で決定された[4]。IJFは2015年よりカデ、ジュニア、シニアの如何を問わず、それぞれの世界ランキングに入っている全ての選手に対して、他格闘技の国際大会にIJFの許可を得ずに参加することを禁じた。2019年3月にIJFは、度重なる警告にもかかわらずカザフスタンレスリングとして知られるクレシュの世界選手権に何度も出場していたジョージアのグラム・ツシシビリに対して、2か月の出場停止処分を科した。一方で、2018年のサンボ世界選手権でメダルを獲得した108名のうち、20名の選手が2016年以降もIJFワールド柔道ツアーや大陸連盟主催のコンチネンタルオープンにも出場していた。そのうち、2017年のサンボ世界選手権74㎏級金メダリストで、柔道では2019年のグランドスラム・エカテリンブルグ73㎏級で3位になったタジキスタンのベフルジ・ホジャゾダなど10名は、2018年以降も依然としてIJFワールド柔道ツアーに出場していたが、ツシシビリと違い処分は受けていない。なお、彼らがIJFから許可を得て出場していたかは明らかでない[5][6][7][8]。なお、IJFはIOCからの働きかけに従って、八百長や選手の出場登録を巡る巧妙な駆け引きを未然に防ぐための新たな倫理基準を設定した。このため、大会ごとの出場選手登録は今まで一般にも事前に確認できたが、2019年7月以降は大会前日の組み合わせ発表まで確認できない取り決めとなった[9]

2016年のリオデジャネイロオリンピック及びIJFワールド柔道ツアーにおける一本の割合は立ち技が約52%だったのに対して寝技は約48%だったのが、2017年には立ち技が約45%で寝技が約55%と寝技での一本が上回ることになった。また、2016年にはゴールデンスコアの割合は全体の約4.5%にあたる263試合だったが、2017年はルール改正により本戦における指導差での決着が認められなくなったことなどもあって、ゴールデンスコアが全体の約23.7%にあたる1349試合と飛躍的に増加した[10][11]

国際大会のランク編集

上位順

IOC主催

IJFワールド柔道ツアー

IJFワールド柔道ツアー対象外

賞金編集

1988年11月にフランスのパリで、柔道界初の賞金大会となる男子の無差別のみを対象とした「フランスマスターズ」が開催された(この時の優勝賞金は当時の日本円で約210万円となる10万フラン、2位は5万フラン、3位は3万フランだった)[12]。 その後ヨーロッパでは度々賞金大会が開催されたが、このIJFワールド柔道ツアーの開始によって本格的な賞金大会が始まったと言える。 IJFワールド柔道ツアーは、世界選手権、ワールドマスターズ、グランドスラム及びグランプリ大会が対象となる。大陸選手権とコンチネンタルオープンはIJF主催大会でないのでそこには含まれない。世界選手権とワールドマスターズの優勝者には6000ドル、2位には4000ドル、3位には2000ドル、グランドスラム優勝者には5000ドル、2位には3000ドル、3位には1500ドル、グランプリ優勝者には3000ドル、2位には2000ドル、3位には1000ドルの賞金がそれぞれ授与される[13][14]コンチネンタルオープンの場合は基本的に賞金は授与されない(但し、2010年のワールドカップ・アルマトイのように主催国の連盟の裁量によって賞金が授与される場合もある[15])。 なお、ワールドマスターズ、グランドスラム及びグランプリは2009年から2012年まで敗者復活戦は設けられていなかったが、2013年からは導入されることになった[16]

日本選手の場合、稼いだ賞金の扱いは大相撲の懸賞金に似ており、半分は「納税準備」「強化資金確保」等の名目で全日本柔道連盟の取り分となっていた。しかし、2013年3月からは競技者規定が改訂されて、賞金は全額選手が受け取れることになった[17][18]

2014年が始まった時点で男女各階級1位の選手には、それぞれ1万ドルが授与された[19]。さらに、2014年からIJFはプレステージランキング制度を設けて、その年最後のランキングにおいて全階級のトータルでもっともポイントを獲得した男女それぞれ1名に5万ドルを贈呈することに決めた。男女各階級1位の選手には1万ドルが贈呈された[20]。2016年には世界ランキングの各階級で1位になった選手全員に5万ドルが支払われた[21]

2014年7月からはIJF主催の各大会でコーチにも賞金が支給されるようになったために、選手の賞金が従来の2割減となった。そのため、メダリストの賞金は従来より2割減となる(グランドスラム大会では優勝者に4000ドル、そのコーチに1000ドル、2位に2400ドル、そのコーチに600ドル、3位に1200ドル、そのコーチに300ドル)[22]

2017年11月の世界選手権 (無差別)では優勝者に8万ユーロ(日本円で約1064万円)、2位に4万ユーロ、3位に2万ユーロと、IJFワールド柔道ツアーでは初めてとも言える高額な賞金が用意されることになった[23]。2017年の各階級年間ランキング1位には5万ドルがIJFから授与された[24]

2018年の年間ランキングで最もポイントを積み上げた男女各1名に5万ドル、残り12名の世界ランキング1位にそれぞれ1万ドルがIJFから授与された[25]

メダル獲得選手上位一覧編集

優勝者の年齢編集

Category 男子 女子
最年少優勝
最年少メダリスト
最年長優勝
最年長メダリスト

(出典JudoInside.com)。

世界ランキングの各階級トップ選手編集

男子編集

ランキングリーダー
60kg以下級 66kg以下級 73kg以下級 81kg以下級 90kg以下級 100kg以下級 100kg超級
2009年  ゲオルグリー・ザンタラヤ  ハシュバータル・ツァガンバータル  王己春  イワン・ニフォントフ  小野卓志  穴井隆将  テディ・リネール
2010年  リショド・ソビロフ  ハシュバータル・ツァガンバータル  王己春  金宰範  小野卓志  穴井隆将  テディ・リネール
2011年  リショド・ソビロフ  ムサ・モグシコフ  中矢力  金宰範  イリアス・イリアディス  穴井隆将  テディ・リネール
2012年  リショド・ソビロフ  ラシャ・シャフダトゥアシビリ  中矢力  金宰範  イリアス・イリアディス  マクシム・ラコフ  テディ・リネール
2013年  高藤直寿  ダワードルジ・トゥムルフレグ  サインジャルカル・ニャムオチル  アブタンディル・チリキシビリ  アスレイ・ゴンサレス  エルハン・ママドフ  ラファエル・シルバ
2014年  ガンバット・ボルドバータル  ミハイル・プリャエフ  デックス・エレモント  アブタンディル・チリキシビリ  ヴァルラーム・リパルテリアニ  ルカシュ・クルパレク  テディ・リネール
2015年  高藤直寿  ゲオルグリー・ザンタラヤ  ルスタム・オルジョフ  アブタンディル・チリキシビリ  郭同韓  エルマール・ガシモフ  テディ・リネール
2016年  オルハン・サファロフ  アン・バウル  ルスタム・オルジョフ  永瀬貴規  ベイカー茉秋  エルマール・ガシモフ  テディ・リネール
2017年  高藤直寿  阿部一二三  橋本壮市  ハサン・ハルムルザエフ  アレクサンダル・クコル  ミハエル・コレル  ダビド・モウラ
2018年  ロベルト・ムシビドバゼ  阿部一二三  安昌林  サイード・モラエイ  ニコロス・シェラザディシビリ  ヴァルラーム・リパルテリアニ  グラム・ツシシビリ

(出典[26][27])。

女子編集

ランキングリーダー
48kg以下級 52kg以下級 57kg以下級 63kg以下級 70kg以下級 78kg以下級 78kg超級
2009年  福見友子  中村美里  テルマ・モンテイロ  上野順恵  リュシ・デコス  セリーヌ・ルブラン  トウ文
2010年  福見友子  中村美里  松本薫  上野順恵  リュシ・デコス  セリーヌ・ルブラン  秦茜
2011年  浅見八瑠奈  西田優香  松本薫  ジブリズ・エマヌ  リュシ・デコス  オドレー・チュメオ  田知本愛
2012年  サラ・メネゼス  西田優香  松本薫  上野順恵  リュシ・デコス  ケイラ・ハリソン  イダリス・オルティス
2013年  サラ・メネゼス  マイリンダ・ケルメンディ  ミリアム・ローパー  ヤーデン・ジェルビ  キム・ポリング  マイラ・アギアル  イダリス・オルティス
2014年  ムンフバット・ウランツェツェグ  マイリンダ・ケルメンディ  オトーヌ・パヴィア  クラリス・アグベニュー  キム・ポリング  オドレー・チュメオ  イダリス・オルティス
2015年  ムンフバット・ウランツェツェグ  アンドレア・キトゥ  ドルジスレン・スミヤ  ティナ・トルステニャク  キム・ポリング  ケイラ・ハリソン  于頌
2016年  ムンフバット・ウランツェツェグ  マイリンダ・ケルメンディ  ドルジスレン・スミヤ  ティナ・トルステニャク  キム・ポリング  ケイラ・ハリソン  イダリス・オルティス
2017年  ムンフバット・ウランツェツェグ  エリカ・ミランダ  ドルジスレン・スミヤ  クラリス・アグベニュー  新井千鶴  フーシェ・ステーンハイス  金珉程
2018年  ダリア・ビロディド  アマンディーヌ・ブシャール  芳田司  クラリス・アグベニュー  新井千鶴  フーシェ・ステーンハイス  イダリス・オルティス

(出典[26][28])。

世界ランキング年間トップ回数上位一覧編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 柔道 : 格闘技 | J SPORTS
  2. ^ IJF Sport and Organisation Rules 23頁
  3. ^ Documents
  4. ^ 「ランキング制とグランプリシリーズ導入が正式決定」近代柔道 ベースボールマガジン社、2008年12月号、38 - 41頁
  5. ^ 【柔道】国際連盟、柔道以外の格闘技大会出場禁止を通達 石井慧にも影響か スポーツ報知 2014年12月10日
  6. ^ World Champion Guram Tushishvili suspended for two months
  7. ^ Aibek Nugymarov becomes new Alem Barysy
  8. ^ Kazakh Aibek Nugymarov becomes two-time world Kazaksha Kures champion
  9. ^ Entry lists of World Judo Tour Event
  10. ^ 国際柔道連盟試合審判規定(2017-2020)改正の要点
  11. ^ Les statistiques du circuit international de 2016 et 2017
  12. ^ 「1988年フランスマスターズ」近代柔道 ベースボールマガジン社、1989年3月号、78 - 79頁
  13. ^ Information Grand Slam and Grand Prix
  14. ^ Sports and Organization Rules Edition July 2010
  15. ^ Almaty World Cup - Men
  16. ^ IJF - Events Overview 2013-2016
  17. ^ 競技者規定 - 財団法人 全日本柔道連盟
  18. ^ 柔道国際大会の賞金、選手が全額受け取りへ 読売新聞 2013年3月6日
  19. ^ New Year
  20. ^ Kelmendi and Tchrikishvili crowned IJF Prestige World Ranking List winners
  21. ^ 国際柔道連盟、ベイカーと永瀬に約565万円の報奨金/柔道 時事通信 2017年2月1日
  22. ^ Judo Grand Slam, Tyumen 2014
  23. ^ IJF Announces 500.000 € Prize Money for the Open World Championships in Morocco
  24. ^ Which World Ranking Leaders take 50,000 dollars?
  25. ^ Prize money bonus for year-end leaders
  26. ^ a b c d judobase.org
  27. ^ The best male judoka of the IJF World Ranking in 2016
  28. ^ Year overview of the World Leading women judoka of 2016