クィントゥス・フルウィウス・フラックス

紀元前237年における共和制ローマの執政官

クィントゥス・フルウィウス・フラックスラテン語: Quintus Fulvius Flaccus)は、共和政ローマの軍人、政治家。プレブス出身ながら長年に亘って政務官を歴任した。

Rmn-social-header-1-.svg
クィントゥス・フルウィウス・フラックス
Q. Fulvius M. f. Q. n. Flaccus
出生 不明
死没 不明
出身階級 プレブス
氏族 フルウィウス氏族
官職 執政官(紀元前237年、224年、212年、209年)
ケンソル(紀元前231年)
レガトゥス(紀元前217年)
神祇官(紀元前216年以降)
プラエトル(紀元前215年、214年)
マギステル・エクィトゥム(紀元前213年)
プロコンスル(紀元前211年、210年)
独裁官(紀元前210年)
テンプレートを表示

経歴編集

紀元前237年執政官を務めた。この年、ガリア・トランサルピナガリア人アリミヌムまで進出してきたため軍を動かしたものの、ガリア人たちはボイイ族との内紛の果てに撤退した[1]

紀元前231年ケンソルに選出されたものの、選挙にミスがあり辞任している[2]。そして紀元前224年に再び執政官へ選出され、ケルト系のボイイ族の征服を行った。そして紀元前215年プラエトルに、紀元前213年にはマギステル・エクィトゥムに選出された。

紀元前212年に再び執政官に、そして第二次ポエニ戦争に参加、しかしカプアにおいてハンニバルに敗れた。紀元前211年にはプロコンスルとしてベネウェントゥムカルタゴ軍に雪辱を果たし、ハンノの野営地を攻撃、カプアを陥落させた。紀元前209年には四回目の執政官に、そして南イタリアのルカニア地方英語版ブルッティウム地方をローマ側に取り戻した。しかし、カルタゴの本拠地アフリカにローマ軍を上陸すべしとする若年ながら司令官として活躍していた元老院議員スキピオ・アフリカヌスの意見には反対の立場を取っていた。そしてスキピオが執政官となった紀元前205年から遠くない時期に没した。

一族編集

紀元前264年の執政官マルクス・フルウィウス・フラックスは恐らく彼の父である。

出典編集

参考文献編集

  • T. R. S. Broughton (1951, 1986). The Magistrates of the Roman Republic Vol.1. American Philological Association 

関連項目編集

公職
先代:
ティベリウス・センプロニウス・グラックス
プブリウス・ウァレリウス・ファルト
ローマ執政官 I
紀元前237年
同僚
ルキウス・コルネリウス・レントゥルス・カウディヌス
次代:
プブリウス・コルネリウス・レントゥルス・カウディヌス
ガイウス・リキニウス・ウァルス
先代:
ルキウス・アエミリウス・パプス
ガイウス・アティリウス・レグルス
ローマ執政官 II
紀元前224年
同僚
ティトゥス・マンリウス・トルクァトゥス
次代:
ガイウス・フラミニウス
プブリウス・フリウス・ピルス
先代:
クィントゥス・ファビウス・マクシムス
ティベリウス・センプロニウス・グラックス
ローマ執政官 III
紀元前212年
同僚
アッピウス・クラウディウス・プルケル
次代:
プブリウス・スルピキウス・ガルバ・マクシムス
グナエウス・フルウィウス・ケントゥマルス・マクシムス
先代:
マルクス・ウァレリウス・ラエウィヌス II、
マルクス・クラウディウス・マルケッルス
ローマ執政官 IV
紀元前209年
同僚
クィントゥス・ファビウス・マクシムス
次代:
マルクス・クラウディウス・マルケッルス
ティトゥス・クィンクティウス・クリスピヌス
公職
先代:
ガイウス・アティリウス・ブルブス
アウルス・ポストゥミウス・アルビヌス
紀元前234年 XL
監察官
同僚:ティトゥス・マンリウス・トルクァトゥス
紀元前231年
次代:
クィントゥス・ファビウス・マクシムス・ウェッルコスス・クンクタートル
マルクス・センプロニウス・トゥディタヌス
紀元前230年 XLI