クリストファー・クニエリム英語: Christopher Knierim, 1987年11月5日 - )は、アメリカ合衆国出身の男性フィギュアスケート選手(ペア)。パートナーは妻のアレクサ・シメカ・クニエリムなど。

クリス・クニエリム
Chris Knierim
Figure skating pictogram.svg
2015 Grand Prix of Figure Skating Final Alexa Scimeca Chris Knierim IMG 8490.JPG
基本情報
代表国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1987-11-05) 1987年11月5日(32歳)
出生地 アメリカ合衆国 ツーソン
身長 187 cm
選手情報
パートナー アレクサ・シメカ・クニエリム
元パートナー アンドレア・ポープスト
カロリン=アン・アルバ
ブリン・カルメン
ショーニー・スミス
コーチ トッド・サンド
ジェニー・メノー
ラファエル・アルトゥニアン
元コーチ アリオナ・サフチェンコ
ダリラ・サッパンフィールド
ラリー・イバラ
振付師 ブノワ・リショー
元振付師 シンディ・スチュアート
クリストファー・ディーン
ジュリー・マルコット
ダリラ・サッパンフィールド
カタリナ・リンデン
イーゴリ・シュピリバンド
所属クラブ Broadmoor SC
ISU パーソナルベストスコア
合計スコア 207.96 2016 四大陸選手権
ショート 72.17 2017 世界選手権
フリー 140.35 2016 四大陸選手権
 
獲得メダル
フィギュアスケート
オリンピック
Olympic rings with transparent rims.svg
2018 平昌 団体戦
四大陸選手権
2014 台北 ペア
2016 台北 ペア
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

2015年、2018年全米選手権優勝。2016年四大陸選手権2位。

人物編集

2014年4月8日にパートナーのシメカにプロポーズをした[1]。2016年6月26日、コロラドスプリングスにて挙式を行った[2]。式にはアシュリー・ワグナーアダム・リッポンマディソン・チョックエヴァン・ベイツマックス・アーロンライアン・ブラッドレイドリュー・ミーキンスマデリーン・アーロンマックス・セットレージらが出席した。

経歴編集

ブリナ・カルメンと組み、2008年の全米選手権ノービスクラスで優勝。2009年には世界ジュニア選手権にも出場。カロリン=アン・アルバとのペアを結成するも1シーズンで解散。アンドレア・ポープストとのペアでアイスチャレンジで優勝し、全米選手権は初めてシニアクラスに出場し7位。しかし2011-2012シーズンの終わりに解散した[3]

2012年の4月にアレクサ・シメカとのペアを結成。国際大会初出場となったニース杯で優勝。ケイトリン・ヤンコウスカス/ジョシュア・レーガン組が怪我のために出場を辞退したために、NHK杯への出場が決まり、そこでは4位となった。全米選手権では銀メダルを獲得した。四大陸選手権への出場が決まったが、シメカが公式練習中に右足を負傷したために棄権をした[4]。当初は世界選手権の代表では無かったが、ケイディー・デニー/ジョン・コフリン組が次のシーズンへの準備のために出場辞退をしたため、繰り上がりで出場。そこでは9位となった。

2013-2014シーズン、グランプリシリーズには2戦出場。中国杯では5位、ロステレコム杯では6位だった。全米選手権では4位。四大陸選手権ではSPで自己ベストを更新して2位、FSではジャンプの失敗が重なり4位となるも総合3位でISU主催の国際大会で初めてのメダルを獲得した。

2014-2015シーズン、全米選手権では4回転ツイストリフトに初成功するなどして初優勝。

2015-2016シーズン、スケートアメリカで2位となり、グランプリシリーズで初のメダルを獲得した。初出場のグランプリファイナルでは、FSでの4回転ツイストリフトの転倒もあり、最下位に終わった。全米選手権では2位。四大陸選手権では、FSで1つのマイナスも受けない演技で、初めて140点を超えるスコアをマークした。総合得点でも初めて200点台を超え、銀メダルを獲得した。

2016-2017シーズン、4月からシメカの体の不調が始まり、8月に腹部の手術を2度受けた。9月に練習を再開するも、グランプリシリーズの欠場を発表した[5][6][7]。大会に必要なレベルの練習を積めていないことで、全米選手権も欠場した[8]四大陸選手権で試合復帰を果たし6位。世界選手権では10位となった。

2017-2018シーズン、全米選手権では3年ぶり2度目の優勝を果たし、1枠しかない平昌オリンピック代表に内定した。平昌オリンピック団体戦では銅メダルを獲得。個人戦では15位に入った。世界選手権では自己ワーストの15位となった。その結果、翌年のアメリカペアの出場枠は1枠に減った。アメリカの1枠陥落は、大会全体の出場ペアがわずか5組に止まった1957年大会以来62年ぶりのことである。2018年5月14日、休養を発表したばかりのアリオナ・サフチェンコへのコーチ変更と、シカゴドイツオーベルストドルフへ練習拠点を移すことを発表した[9][10]

主な戦績編集

大会/年 2012
-13
2013
-14
2014
-15
2015
-16
2016
-17
2017
-18
2018
-19
2019
-20
冬季オリンピック 15
世界選手権 9 7 9 10 15
四大陸選手権 棄権 3 5 2 6
全米選手権 2 4 1 2 1 7 TBD
GPファイナル 7[11]
GP NHK杯 4 3 5 3 7
GPロステレコム杯 6 辞退
GP中国杯 5
GPエリック杯 4
GPスケートカナダ 4
GPスケートアメリカ 4 2 5 4
CSゴールデンスピン 2 WD
CSネーベルホルン杯 3 2 2 2
ネペラ杯 3
CS USクラシック 1 2
CSアイスチャレンジ 1
ニース杯 1
  • 2008-2009シーズンまではブリン・カルメンとのペア
  • 2009-2010シーズンはカロリン=アン・アルバとのペア
  • 2011-2012シーズンまではアンドレア・ポープストとのペア
大会/年 2006-07 2007-08 2008-09 2009-10 2010-11 2011-12
全米選手権 4 N 1 N 2 J 4 J 2 J 7
アイスチャレンジ 1
世界Jr.選手権 9
JGPゴールデンリンクス 5
JGPメキシコ杯 9

詳細編集

2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2018年3月21日-25日 2018年世界フィギュアスケート選手権ミラノ 11
69.55
15
112.49
15
182.04
2018年2月14日-15日 2018年平昌オリンピック平昌 14
65.55
15
120.27
15
185.82
2017年11月24日-26日 ISUグランプリシリーズスケートアメリカレークプラシッド 5
64.27
6
124.80
5
189.07
2017年11月10日-12日 ISUグランプリシリーズNHK杯大阪 4
65.86
5
126.65
5
192.51
2017年9月13日-17日 ISUチャレンジャーシリーズUSインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 3
61.46
1
124.76
2
186.08
2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年3月27日-4月2日 2017年世界フィギュアスケート選手権ヘルシンキ 8
72.17
11
130.20
10
202.37
2017年2月14日-19日 2017年四大陸フィギュアスケート選手権江陵 6
69.10
6
124.81
6
193.91
2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年4月22日-24日 2016年コーセー・チームチャレンジカップスポケーン - 3
122.15
1
団体
2016年3月26日-4月3日 2016年世界フィギュアスケート選手権ボストン 7
71.37
12
118.69
9
190.06
2016年2月16日-21日 2016年四大陸フィギュアスケート選手権台北 3
67.61
2
140.35
2
207.96
2016年1月15日-24日 全米フィギュアスケート選手権セントポール 2
67.35
2
129.45
2
196.80
2015年12月9日-13日 2015/2016 ISUグランプリファイナルバルセロナ 6
68.14
7
109.28
7
177.42
2015年11月27日-29日 ISUグランプリシリーズ NHK杯長野 2
68.43
3
122.23
3
190.66
2015年10月27日-31日 ISUチャレンジャーシリーズ アイスチャレンジグラーツ 1
68.74
1
120.54
1
189.28
2015年10月23日-25日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカミルウォーキー 1
69.69
4
122.28
2
191.97
2015年9月23日-26日 ISUチャレンジャーシリーズ ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 4
58.00
2
121.56
2
179.56
2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年4月16日-19日 2015年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 4
64.22
3
127.87
1
団体
2015年3月23日-29日 2015年世界フィギュアスケート選手権上海 7
65.56
7
120.25
7
185.81
2015年2月9日-15日 2015年四大陸フィギュアスケート選手権ソウル 5
63.54
5
124.44
5
187.98
2015年1月17日-25日 全米フィギュアスケート選手権グリーンズボロ 1
74.01
1
136.48
1
210.49
2014年11月21日-23日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯ボルドー 4
59.04
3
120.28
4
179.32
2014年10月24日-26日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカシカゴ 4
60.61
4
108.01
4
168.62
2014年9月24日-27日 ISUチャレンジャーシリーズ ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 3
55.29
3
110.81
3
166.10
2014年9月10日-14日 ISUチャレンジャーシリーズ USインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 2
49.00
1
114.24
1
163.24
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年1月20日-25日 2014年四大陸フィギュアスケート選手権台北 2
66.04
4
104.31
3
170.35
2014年1月5日-12日 全米フィギュアスケート選手権ボストン 5
64.68
4
124.99
4
189.67
2013年11月22日-24日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 5
59.56
6
114.14
6
173.70
2013年11月1日-3日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 4
57.99
6
103.73
5
161.72
2013年10月3日-5日 2013年オンドレイネペラトロフィーブラチスラヴァ 2
51.17
3
102.17
3
153.34
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年3月10日-17日 2013年世界フィギュアスケート選手権ロンドン 12
55.73
9
117.78
9
173.51
2013年1月20日-27日 全米フィギュアスケート選手権オマハ 3
52.79
1
119.96
2
172.75
2012年11月23日-25日 ISUグランプリシリーズ NHK杯利府 5
54.41
4
108.69
4
163.10
2012年10月24日-28日 2012年ニース杯ニース 1
59.01
2
96.99
1
156.00
2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年1月22日-29日 全米フィギュアスケート選手権サンノゼ 6
53.43
6
112.95
7
166.38
2011年11月1日-6日 2011年アイスチャレンジグラーツ 1
51.72
1
91.42
1
143.14
2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年1月23日-30日 全米フィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(グリーンズボロ 6
44.34
2
92.12
2
136.46
2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年1月14日-24日 全米フィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(スポケーン 3
52.43
5
80.76
4
133.19
2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年2月23日-3月1日 2009年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア 9
45.94
9
78.99
9
124.93
2009年1月18日-25日 全米フィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(クリーブランド 1
48.31
2
86.61
2
134.92
2008年10月1日-5日 ISUジュニアグランプリ ゴールデンリンクス東京 5
45.75
5
80.10
5
125.85
2008年9月10日-14日 ISUジュニアグランプリ メキシコ杯メキシコシティ 10
38.99
6
73.62
9
112.61
2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年1月20日-27日 全米フィギュアスケート選手権 ノービスクラス(セントポール 2
37.01
1
83.52
1
120.53
2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年1月21日-28日 全米フィギュアスケート選手権 ノービスクラス(スポケーン 8
38.52
4
73.73
4
112.25

プログラム使用曲編集

シーズン SP FS EX
2017-2018 Come What May 映画『ムーラン・ルージュ』サウンドトラックより
ボーカル:ニコール・キッドマンユアン・マクレガー
振付:シンディ・スチュアート
ミュージカル『ゴースト』より
作曲:デイヴ・スチュワート、グレン・バラード
振付:シンディ・スチュアート、クリストファー・ディーン
Nothing Else Matters
曲:メタリカ
振付:ジュリー・マルコット
2016-2017 アンチェインド・メロディ ミュージカル『ゴースト』より
作曲:デイヴ・スチュワート
振付:シンディ・スチュアート
Rise Up
ボーカル:アンドラ・デイ
2015-2016 Nothing Else Matters
曲:メタリカ
振付:ジュリー・マルコット
映画『エリザベス:ゴールデン・エイジ』サウンドトラックより
作曲:クレイグ・アームストロングA・R・ラフマーン
振付:ジュリー・マルコット
ミス・ア・シング
ボーカル:エアロスミス
花の二重唱 歌劇『ラクメ』より
作曲:レオ・ドリーブ
Rise Up
ボーカル:アンドラ・デイ
2014-2015 ロクサーヌのタンゴ 映画『ムーラン・ルージュ』より
作曲:ポリス
振付:ジュリー・マルコット
映画『巴里のアメリカ人』より
作曲:ジョージ・ガーシュウィン
振付:ジュリー・マルコット
ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン
ボーカル:シンディ・ローパー
It's a Man's, Man's, Man's World
ボーカル:ジェームス・ブラウン
マッチョ・メン
曲:ヴィレッジ・ピープル
You Are So Beautiful
ボーカル:ジョー・コッカー
2013-2014[12] パパ、見守ってください 映画『愛のイエントル』より
作曲:ミシェル・ルグラン
振付:カタリナ・リンデン
映画『エバー・アフター』より
作曲:ジョージ・フェントン
振付:イーゴリ・シュピリバンド
You're The One That I Want
ボーカル:オリビア・ニュートン・ジョンジョン・トラボルタ
2012-2013 ピアノソナタ第14番
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
振付:ダリラ・サッパンフィールド
映画『ラスト・オブ・モヒカン』サウンドトラックより
作曲:ランディ・エデルマン
500 Nations
作曲:ピーター・バフェット
映画『ライフ・イズ・ビューティフル』サウンドトラックより
作曲:ニコラ・ピオヴァーニ
振付:ダリラ・サッパンフィールド
Just A Kiss
曲:レディ・アンテベラム

脚注編集

参考文献編集