メインメニューを開く

グレートスレーブ湖(グレートスレーブこ、: Great Slave Lake)とは、カナダノースウエスト準州に存在するである。グレイトスレイブ湖グレートスレイブ湖グレートスレーヴ湖などとも書かれる。

グレートスレーブ湖
グレートスレーブ湖の位置
グレートスレーブ湖の位置(赤矢印)
所在地 カナダの旗 カナダ ノースウェスト準州
面積 28,568 km2
周囲長 2,200 km
最大水深 625 m
平均水深 73 m
貯水量 2,088 km3
水面の標高 156 m
成因 氷河湖
淡水・汽水 淡水
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

概要編集

全体がカナダ国内にある湖ではグレートベア湖に次いで2番目に大きな湖であり、また最大水深614mは北アメリカではもっとも深い[1]。世界では10番目に大きな湖。長さ469km、幅20から203km[2]。面積は27,200 km2[1]

流入河川はヘイ川スレイブ川タルトソン川などがある。流出河川はボーフォート海北極海)へ注ぐマッケンジー川

イギリス人Samuel Hearne1771年に探検した。1930年代が発見され準州の州都イエローナイフが建設された。他の湖周辺の町はフォートプロビデンスヘイリバーフォートレゾリューション。冬には凍結するが、氷が厚さ1.5mになるなど厚いため、アイスロードという道(約300~400km)が整備されトレーラーですら通行できるようになる。ダイアモンド鉱山等への重要な物資搬入路となる。

この湖はかつてグレートベア湖アサバスカ湖などとつながっていたと考えられている。かつては、これらの湖全て覆うマッコーネル湖が存在したとされており、これらの湖はマッコーネル湖の残渣と考えられている。このため、これら3つの湖は「姉妹の湖」などと喩えられることもある。

湖の名前はこの地方のネイティブ・アメリカンの部族名(Slavey)に由来している。

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ a b Hebert, Paul (2007). Encyclopedia of Earth. Great Slave Lake, Northwest Territories. Environmental Information Coalition, National Council for Science and the Environment. http://www.eoearth.org/article/Great_Slave_Lake,_Northwest_Territories 2007年12月7日閲覧。. 
  2. ^ Google Maps Distance Calculator (From Behchoko to the Slave River Delta it is 203 km and from the Mackenzie River to the furthest reaches of the East Arm it is 469 km)”. 2014年12月22日閲覧。

参考文献編集

  • Canada. (1981). Sailing directions, Great Slave Lake and Mackenzie River. Ottawa: Dept. of Fisheries and Oceans. 0-660-11022-9
  • Gibson, J. J., Prowse, T. D., & Peters, D. L. (2006). "Partitioning impacts of climate and regulation on water level variability in Great Slave Lake." Journal of Hydrology. 329 (1), 196.
  • Hicks, F., Chen, X., & Andres, D. (1995). "Effects of ice on the hydraulics of Mackenzie River at the outlet of Great Slave Lake, N.W.T.: A case study." Canadian Journal of Civil Engineering. Revue Canadienne De G̐ưenie Civil. 22 (1), 43.
  • Kasten, H. (2004). The captain's course secrets of Great Slave Lake. Edmonton: H. Kasten. 0-9736641-0-X
  • Jenness, R. (1963). Great Slave Lake fishing industry. Ottawa: Northern Co-ordination and Research Centre. Dept. of Northern Affairs and National Resources.
  • Keleher, J. J. (1972). Supplementary information regarding exploitation of Great Slave Lake salmonid community. Winnipeg: Fisheries Research Board, Freshwater Institute.
  • Mason, J. A. (1946). Notes on the Indians of the Great Slave Lake area. New Haven: Yale University Department of Anthropology, Yale University Press.
  • Sirois, J., Fournier, M. A., & Kay, M. F. (1995). The colonial waterbirds of Great Slave Lake, Northwest Territories an annotated atlas. Ottawa, Ont: Canadian Wildlife Service. 0-662-23884-2

関連項目編集

外部リンク編集